「NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 第3集」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 第3集 大海からの離脱 そして手が生まれた

「NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 第3集」
出演:山崎努


3億6000万年前にひれのあまりない魚(人類の祖先)が地上に上がるまでの話。

大陸移動で、海が消滅。生存競争の激化。(三葉虫も棘だらけに!)

4億年前に、3つの大陸が衝突した場所はさらに近く変動で押され、隆起を続け巨大な山脈(カレドニア山脈)に。山脈は雲の流れをせきとめ、雨をふらせ、巨大な川を生む。
そのころ、地上に植物が進出。史上で初めて太い幹を獲得した植物(アーキオプテリス)は根をひろげ、土壌を安定させる。太陽の照りつけていた大地は、木陰に覆われる。池などがうまれ、人類の祖先は淡水へ進出。落下した葉も栄養分に。しかしながら、乾季には、水のある領域は狭まり、水中酸素濃度は薄くなり、水中は酸欠に。そこで、肺魚のように肺が進化。

地上ではじめて手を持った生物(アカンソステガ)が誕生。
生存競争的には弱者。手を持ち、水草を掻き分けることで、浅せの水際に進出することが可能に。

これにより、その後、地上で暮らす全ての脊椎動物が生まれた。

「STARWARS Episode 2 -Attack of the Clones-」 << | >> STARWARS関連いろいろ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 第3集」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/165

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2005年5月18日 19:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「STARWARS Episode 2 -Attack of the Clones-」」です。

次のブログ記事は「STARWARS関連いろいろ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。