ICCとかの話

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Opennature.gif

ちょっとしたきっかけで、最近ICCに言っていないなぁと思い、調べてみたところ、「Open Nature」という面白そうな催しをやっていた。ちょっと週末とか行って見たいな。Carsten Nicolaiの作品も出ることだし。ICCといえばやっぱり一番面白かったのは、無響室できいた作品。街中の音がずっとながれていくんだけど、最後にはそれが大音量のノイズに変化するやつ。体の中に音が染み渡り、作品終了後、無響室から出るときにフラフラした。あとは、MIT Media Lab のTagible Bitsかな。

電子アート(?)絡みの話だと、先日(6月9日)、SonyComputerScienceLabのオープンハウスがあったので、ちょっと行ってみた。内容はいろいろなサイトでレビューされているので置いておいて、その中の研究員の一人に、Atau Tanaka さんがいた。

名前を聞いたときに、どこかで聞き覚えがあるなと思ったら、2000年にICCでやった「Architettura」に参加していた人だった。このイベント、建築映像をバックに、電子音楽をパフォームするという感じの内容。比較的、地味んば感じだった。で、更に調べてみると、なんとArs Electronica 2002のGlobalStringを作った人だった。このArs Electronica 2002はNHKで特集がくまれていたからすごくよく覚えている。毎年AustriaのLinzで行われるこのフェスティバル、今年は9月1日から18日まで開催されるようだけど、一度は行って見たいな。

ついでに面白い物を発見。すごいメンツだね。

2000年 2月3日(木)
恵比寿みるく
FRIGO、秋田昌美、Zbigniew karkowski、Carsten Nicolai、i.d、Atau Tanaka、Jane Dowe

散歩しすぎ << | >> 匠 またもや

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ICCとかの話

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/201

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2005年6月16日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「散歩しすぎ」です。

次のブログ記事は「匠 またもや」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。