2005年6月アーカイブ

yDragon's_Lair.jpg

レトロゲーム回顧録を書いてから、ちょっと昔のゲームをいろいろと調べていた。で、なつかしのアーケードゲーム「Dragon's Lair」がよく考えると、レーザーディスクゲームだったことがわかった。その当時、レーザーディスクなど知らず、突然、ダントツにきれいなグラフィックのゲームが現れたからびっくりしたものだった。確かに、コマンドも上下左右やボタン1つぐらいで、十分LDでもいけるのは納得。

で、現在は、海外ではDVDゲームとしてが出ているようで、すごく欲しい。
それ以外の方法をしらべてみたら、LDGame専門のサイトを発見。Flyerとかも充実しているし、かなりの完成度。さらに、unMAMEd Laserdisc Games のサイトも発見。いろいろと世の中あるもんだ。

次にアメリカに出張に行ったときにでもDVDを買ってこようかなー。

本日はFrank Lloyd Wrightの誕生日らしく、Googleも面白いことになっていた。

google20050608.jpg

結構うまく特徴を捉えていて、グッゲンハイム美術館と落水荘とかがフィーチャーされていて面白い。スケッチ雰囲気もいい。しかし、ライトさんのデザインはいいよなー。個人的には手の届くレベルで、ライトの照明がすごく欲しい!これはもう夢。


S2309[1].jpg

TALIESIN 2 

IWAKIのアイスカレントが本日、到着!
さっそくやってみた。

DSC01171.JPG

珈琲豆:グァテマラ・アンティグア
焙煎度:3
挽き方:中細挽き

8時間後に完成!


あ、後のTV画面に「SAKUSAKU」がぁー!

[参考]
SAKUSAKUをよく見る人:サクサカー
SAKUSAKUをビデオ(HDDレコーダー?)に撮って何度も見る人:シャアサク

昨日はタワレコで、久々に大人買いをしてしまった・・・

Sugarcubes.jpg
  Sugarcubes
  Live Zabor

Sugarcubesの映像を前々から見たいなと思っていた念願がついに!最近、DVDがリリースされた模様。1988年と1989年のライブ映像で。もちろん”Birthday”もやっているし、Bjorkのインタビューもあり。これと同時リリースでプロモ集もある。いい具合にもりあがっています。これが出たとなると、次はKuklのライブが見たくなるなー


ReiHarakami.jpg
  Rei Harakami
  [lust]

Rei Harakamiさん久々のリリース。気持ちのいい、まあるい電子音の詰まったアルバムです。なんでも、職場の人が昔よく一緒に遊んだそうで


kosmic_cover2[1].jpg
  Kosmic Renaissance
  Live In Tokyo
  MJESP-01

宇宙的、未来的JAZZ。shing02がARPとフェーダーボードを使い、サックスとパーカッションに絡んでくるインプロな音楽。MaryJoy

電子ゲーム70’s & 80’sコレクション
厚木 十三 水崎 ひかる
オークラ出版 (2000/02)

最近、レトロゲームをいろいろと調べていて、ノスタルジーにひたっており、昔に買ったこの本をまたみた。カセットビジュン、光速船、ATARI2600、ファミコン等のいわゆる「ビデオ・ゲーム」も乗っているが、この本の主軸は「LSIゲーム」「LCOゲーム」等のいわゆるポータブルな昔のレトロゲーム。ゲームウォッチとか、TOMYの”PUCKMAN”とか。とにかく懐かしいし、みていて面白い。ファミコンの「オールナイトニッポン スーパーーマリオ」(キャラがオールナイトニッポンのDJらしい・・・)とかってあったんだ。

香蔵珈琲で購入。
200g豆。本日から
中細挽き。苦味もあるけど、甘い感じ。
なかなかうまい。
焙煎度:3

本日、久々の練習。6:00PM-8:00PM、新宿音楽館。
行きに三茶の駅でいい感じの広告を発見。

DSC00221.JPG

ディスカバリー・チャンネルでやる『サイエンス・オブ・スターウォーズ』の宣伝ポスター。C-3POとR2-D2に混じってAIBOが出ているのがなんかちょっと新鮮だったので、見たくなったが、ウチはうつる環境にはないので、あきらめ!

さて、久々のPhonophobiaの練習。ここのところずっと1曲を作り、しかもあまり進まない煮詰まった状態で、本日新たな展開を考えてみた。しかし、どうも、こう、ガツンとこないというか、かっこよくならないので、いろいろと考え、Aリフで1曲、B,Cリフで1曲、と曲を分解することに。Aリフはゆっくりなトライバルな感じ、B,Cリフは速さ1本勝負で例のごとく面白い展開の曲になっていたのだが、分裂させた。これでいいのができるといいなー。

DSC00222.JPG   DSC00223.JPG

家に戻り、豪勢な夕食をいただきました。

誰も知らない
誰も知らない
posted with amazlet at 05.06.05
バンダイビジュアル (2005/03/11)

「誰もしらない」
監督: 是枝裕和
出演: 柳楽優弥, 北浦愛, その他

「幻の光」「ワンダフルライフ」「ディスタンス」の是枝監督の映画。昨年の秋頃に公開されていて、劇場に観に行きたかったが、行けず、やっと見られた。内容としてはかなり重い映画。しかし、その内容をあまり重く感じさせないのは、明るい音楽と、綺麗な映像のためか。シーンがどれをとっても意味があり、どれをとっても写真になる、いい映画だった。
話は淡々とすすむのだが、着実にすこしづつ変化して行き、落ちて行く。
是枝監督の作品としては「ワンダフルライフ」が一番かな?個人的には。

映画公式サイト:
http://www.kore-eda.com/daremoshiranai/
監督公式サイト:
http://www.kore-eda.com/index.htm

17:00ぐらいに予約してすぐ近所の安いジンギスカン、寅々へ。
ここも近くの服屋さんにおそわったところ。

本日食したのは:

ラム汁

[ジンギスカンの部]
 ジンギスカンセット
 生ラムリブロース(ハーフ)
 生ラムヒレ
 生ラム肩ロース
 野菜セット
 ラムチョップ(2本)

 焼きおにぎり

[網焼きの部]
 生ラムロース塩網焼き
 焼空豆

ラムのロースはうまい!レアで食べてくださいというだけあって、新鮮でしかもかなりやわらかい!う、うまい!ラム汁は濃厚で、もうたまらん。そのほか、焼きおにぎりも味付けがすばらしいし、焼空豆はあつあつでハフハフいいながら食べる感じ。ここはきっとまた行くな、うん。近いし。

本日は、もうすぐにスウェーデンに赴任する同期の壮行会だった。昔の職場のメンバーが集まり、わいわいガヤガヤと、非常に和む感じだった。

参加者が多く、じっくりと話をできなかったのがちょっとこころ残り。

行ってらっしゃーい、はなみっぺ。

ぜってー遊びに行くので。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2005年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年5月です。

次のアーカイブは2005年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。