愛・地球博 2日目

| | コメント(4) | トラックバック(0)

[本日のパビリオン]
1.インド館
2.ネパール館
3.アメリカ館
4.アンデス共同館
5.中米共同館
6.韓国館
7.キッコロゴンドラ
8.スイス館
9.ロシア館
10.オランダ館
11.ヨルダン館
12.フランス館
13.ブルガリア館
14.トルコ館
15.リビア館
16.キューバ館

朝6:00に起床。今日は名古屋駅から直通バスの始発に乗るべく、気合で起きた。6:50にホテルを出発し、昨日と同じバス停へ。しかし、そこには長い列ができていた。建物の4階にバスの発着場があるのだが、列は3階までのびている。とはいえ、今から他の方法に変えるのも無理なので、列に並んだ。実際のところは、列は意外に早くすすみ、7:28ぐらいにはバスに乗って万博に向かっていた。今回思ったのは、名古屋、頑張っているなーということ。いろいろなところで行列はできているのだが、意外にも早くすすみ、手際がよい。さすが、万博開催地。そんなこんなで8:00頃には東ゲート到着。昨日に比べてかなり前に。ゲートから7mくらい。しばし待っていたところ、また少し雨が・・・。でもこれはすぐにやみ、晴天の一日となった。

9:00の開場と同時に日立を目指した。しかーし、着いてみると、当日予約は既に終了、フリーでも2時間半待ち。うーん、と一瞬考えたが、もはやあまり日立に興味はなく、今日一日はいろいろな国のパビリオンをめぐり過ごすことに!というか、行きたいところもいっぱいあったので、待ちで時間を潰すのは、やめた。

気持ちを切り替え、まずは韓国館へ行き、当日予約。10:55の回をゲット。一安心して、グローバルコモン1探索。まずは腹ごしらえのためにインド館へ。ここではチキンカレー&ナンとマンゴーラッシーを食す。うまい。壁にかかっているインディアン・スターのポスターが相当気になった。まさにインド。そして、インド館を観た。ここではインドの服のブランドの展示とかもあったのだが、なかなかいい感じ。フォーマルな服でも、どこか凝っていた。2階はインドバザー。インド館満喫後、隣のネパール館へ。こちらは入口にマニ車が並んでいる。中ではネパールの特産品のバザーを行っていた。1個、カラフルなニット帽がかなり気になったが、買わなかった。

ネパール館を観て、次に、グローバルコモン2へ。まずはアメリカ館。ここは結構チェックしていたところ。早速、近くに行くと先導係がセグウェイに乗ってお出迎え。入口のところにいる誘導係はめちゃめちゃハイテンション。なんかアメリカらしいな、と。ベンジャミンフランクリンの銅像がまず迎え、そのままシアターへ。こちらは6枚のスクリーンを利用した大画面シアター。しかも各スクリーンはレイヤー構造になっているために、ちょっと立体的に映像を表示できる。ディズニー的な仕掛けもあり、普通に楽しめた。シアターの後は、火星探査機のレプリカをみたり、火星の映像をみたり。意外に規模は小さかった。そして、中米共同館。こちらは中米のいろいろなところの砂をまずは展示。場所場所で砂がかなり違うのでびっくり。様々な植物も展示。珈琲もあり。続いて、アンデス共同館。こちらはひたすら動植物の写真の展示。シンプルだが、他にこのようなところがなかったので、印象に残っている。あと、印象に残っているのは「国際赤十字 赤新月パビリオン」がすごく混んでいたこと。80分待ちだったのでやめたが、ここを良かったという人は多いみたい。

DSC01424.JPGそうこうしているうちに、韓国館に行く時間になった。韓国館は面白い展示が多くあった。中でも、自分の影をスクリーンに投影すると、そこから水墨画のような木が成長していくやつは、観ていて飽きなかった。で、いよいよ3Dアニメと思っていると、見事に民族舞踊とバッティング。次の回は1時間後ということで、泣く泣く断念。まあ、しょうがない。韓国館をでたとろで、どこかの民族楽団が演奏していたが、これが非常に気持ちいいリズムをかなでていた。今回このような、民族音楽をじっくり楽しむ暇がなかったのが残念。アジア、アフリカあたりはかなり面白そうなんだけどね。

この時間になると、昨日の疲れがどっときていて、歩くのもかなりつらい感じ。しかも晴天で気温も高くなっており、バテバテ。そんな中グローバルコモン4まで歩くのインポッシブルなので、キッコロゴンドラを使用。料金がかかるのだが、JRの往復切符のクーポンで、少し安くなった。東端から西端まで一気にいくゴンドラなので、眺めもよく、乗る価値ありかも。特に疲れているときには。グローバルコモン4につき、まずは水分を補給。そして、横になれる場所を発見してちょっと横になったら30分ほど眠ってしまった。かなーり気持ちがよい。

DSC01427.JPG起きて、気を取り直し、スイス館へ。ここは、今回見た国のパビリオンの中では一番面白かったかも。旧式の懐中電灯のようなデバイスを入り口を受付でわたされ、それが出す光を展示物に照らすと、そのデバイスから解説が流れる仕組み。館の中は暗く、軽い探索気分。スイスのいろいろな面がみれて面白い。あと、出口のところにあるショップで売っていた Recyclo のフェルトボールや、 nef のおもちゃなどがよかった(Swiss Info)。あと、レストランでスイスチョコのチョコレートドリンクを飲みたかったのだが混んでいるために断念。

DSC01439.JPG次にロシア館。ポイントはマンモスと宇宙関係。マンモスは、グローバルハウスの方には皮膚つきのそのままの冷凍マンモスの頭部があるが、このロシア館には、全身骨格と完全復元像がある。20分ぐらいならんで入ったが、実は意外に小さく、ちょっとだけがっかり。宇宙関係では、最新の宇宙観光シャトルが展示してある。個人的にはロシア館で一番感動だったのは、マトリョーシカ。なんと15万円もするものがあり、めちゃめちゃいっぱいつまっていた。

DSC01443.JPGそして、オランダ館。ここはデルフト焼きがメインフィーチャー。パビリオン概観もデルフト焼きのイメージだし、館の内部にもデルフト焼きのタイルがいっぱい。20分まち。オランダの”水”をテーマにした映像が床に映し出される感じのシアター。映像の方はいい出来で、ほんとにオランダに行きたくなった。帰りにもらえるパンフを見ると、いろいろと懐かしい場所がのっていた。オランダをミニチュア化した街のマデュローダムとか、チューリップが数百万本あるキューケンホフ公園など。うーん、オランダいいね。行きたいね。運河最高。

そんな感じでグローバルコモン4をみて、、次にグローバルコモン5へ移動。まずは近場のヨルダン館。ここは死海の水を持ってきていて、予約制でその中に入れるみたい。それ以外の人は死海の水のプールで遊んでいる人をみるだけなのでちょっといまいち。

DSC01449.JPG次にフランス館。フランスードイツーイタリアースペインがくっついているゾーンが一番にぎわっている。スペイン館は概観がすごく綺麗。フランス館の方は、こちらも20分ぐらい並び、中に入ると不思議なオブジェがいっぱい。そして目玉の5面がスクリーンになっているシアターへ。こちらの方のムービーはかなりメッセージ性が強い。ほんといろいろと考えさせられる。特に、最後の方の浮浪者の子供のインタビューとか。

そろそろ疲れてきたところで、近くのブルガリア館。ここが意外にいい。展示の規模は小さいのだが、ブルガリアヨーグルトとローズフレーバーのフローズンヨーグルトをたべた。うまい。そうなんだよねー。ブルガリアはダマスカスローズのローズオイルで有名だったのです。休憩場所を求め、トルコ館へ。こちらはかなり宇宙的なよくわからない不思議な世界が広がっていた。宗教なのかな?いろいろな幾何学模様のタイルとかがあった。そのままリビア館。中は絨毯がしいてあり、休憩スペースも。そして、このあたりで体力的にも、時間的にも、The Endになり、帰ることにした。クロアチア館も見たかったが残念だ。

帰り道、グローバルループを歩いていると、ふとキューバ館に寄りたかったことを思い出し、キューバ館へ。「酒!」と思いつつ中に入ると、バーが。モヒート(ホワイトラム、砂糖、ミント、ソーダ)を注文。これはかなりうまい。ミントがいい具合に涼しくしてくれる。続いて、インド館により、インドのビール「KING FISHER」を飲む。こちらもうまい。ビールを飲みながら万博会場を歩くという、なんともいえない大人な行為をしながら北ゲートのリニモの万博会場駅へ。5:00ぐらいにきりあげました。

DSC01466.JPG駅からは、今回、初めてのリニモ。しかし、そんな味わっている暇もなく、気づくと万博八草駅。ここからはExpoシャトルで名古屋まで。シャトルはすいていたので、疲れを癒せました。でもやっぱりバスの方が速い気がするなー。名古屋駅について、今回の万博以外の楽しみ、「ひつまぶし」を食べることに。こちらもLyoさんにきいた「あつた蓬莱軒」。てっきり名古屋駅の松坂屋かと思っていたら矢場町の松坂屋であせって、タクる。着いてみると、ながーい行列が・・・。80人ぐらい待っているのでは・・・。とはいえ、食べたいので並ぶ。こちらも店の手際がいいのか、60分ぐらいで店に入れた。そして、念願のひつまぶしは最高でした。うっまーい!

そんなわけで、ぎりぎりまで食べ、8:47分の新幹線でかえり、家に戻り、ひたすらマッサージをしてから爆睡。いい週末でした。

愛・地球博 1日目 << | >> 弁天

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛・地球博 2日目

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/238

コメント(4)

このレポート見応え十分!
めっちゃええやん。9月にもう一回行こうかと画策中なので、参考にさせてもらうよー。
バス結構良かったやろ?けど俺もリニモ乗りたいー
Flickrの方にも書いたけど、マトリョーシカ俺も写真撮った^^
真ん中くらいの大きさのところで女の子をおそうおっさんの画があって笑った

おーう、サンキュ。日記なのであまり役に立つ情報は載せていませんが・・。9月は頑張ってきてねー。バスはいいねー。楽だしね。
マトリョーシカはホントすごいよなー。でも、数に圧倒され、一個一個の柄までみておらず、いわれて見てわらった。
ちなみに、相方に教えてもらったのだが、「マトリョミン」って知ってる?

はははは
こんなんあるんや!すっげー。
めっちゃほしい。すばらしすぎる。
これを知ってる相方を見つけたとは、なかなか。

演奏ビデオが最高です!!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2005年7月10日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛・地球博 1日目」です。

次のブログ記事は「弁天」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。