2005年9月アーカイブ

少し早めに会社を出て、カット。

シミズさんとの今日の会話は主に中国に関して。
万里の長城はやはりすさまじいらしい。

取材で行ったということで、万里の長城の近くにある”コミューン・バイ・グレート・ウォール”(オフィシャルサイト)に泊まったとか。ここの Bamboo Room はAQUOSのCM(吉永小百合が出ているやつ)で使われたとか。だいたい一泊14万円ぐらいらしい。

7時に起床。朝ごはん。竹富島最後の日。

民宿の周りの写真をとり、のんびりと散歩をして、近くの牛車観光の受付でフェリーの切符を購入。

車で港に送ってもらい、フェリーでいざ石垣島へ。

石垣では1時間ほど時間があり、フェリー乗り場近くの市場をみた。いろいろな食べ物がある。ヤシガニの大きいのも水槽の中に発見。琉球ガラスの店もあり。そして、泡盛がいっぱい売っている専門店にて無濾過の千代泉を購入。請福もあったので、こちらも購入。

タクシーで飛行場に向い、飛行機にて那覇へ。余りにもいい天気で日射病になったためか、ちょっと頭が痛くなる。那覇にて、レンタカーをしようとしたが、免許証を忘れたことに気づき、とりやめ。モノレールで沖縄ワシントンホテルへ。ホテルに着くと、そこにはなぜか日本航空のキャビンアテンダントの方々がいっぱい。部屋に行き、ひと休みし、いざ国際通りへ。

ここでの発見は「ぶくぶく珈琲」と「紅型」。わしたショップで飲んだ「ぶくぶく珈琲」は沖縄では有名な珈琲らしく、黒豆とかが入っていて、非常に香ばしい。
紅型の方はKeyStone(鍵石)というお店にて発見した”紅型だいだい”という工房の賀川理英さんというデザイナーの人がデザインしたものが、すごくよかった。Tシャツやブックカバーがあり、欲しかったのだが、そこそこ値段が高く、悩んだ末にやめておいた。あとは、地球雑貨という雑貨屋でTシャツを購入。

さらに、こちらでも市場へ。入り口近辺は非常に観光地らしい雰囲気なのだが、奥に行くとだんだんと地元の雰囲気になり、鰹節の棒やら、みたことのない材料とかをうっている店がでてくる。台湾にかなり近い雰囲気。ここで、小さいドラゴンフルーツを100円で購入して食べた。中身が赤いやつ。甘みがありうまい。ブリーシールアイスも芋味をたべた。こちらもすごくうまい。

夕食は、地元のフリーペーパーに乗っていた「沖縄の夜ギョーザが熱い!」に従い、ギョーザの店へ。まずは、「新茶屋」。こちらはにんにくが一個まるまる入っている餃子が9個で500円。うまい!客は、うちらと、どうもママ(飲み屋っぽいので)の親戚の家族のみ。満足。次に、「むりかぶし」。こちらも飲み屋で、水餃子と焼き餃子両方。こちらもうまい。この店は、完全に飲み屋で、マスターと仲のいい女性客2人で飲んでいた。「餃子の店」と言うところにも行きたかったのだが、休みだった。

餃子で満腹になり、国際通りを通ってホテルへ。

久しぶりにベッドで睡眠。

朝7時におきて、朝食。
本日は観光の一日。
観光といってもあまりなにもないのが竹富島。

まずは東のアイヤル浜。
集落をでて、何もない道を自転車で走る。
草原をつっきる。
途中で、異なる時代の異なる空間に迷いこんだ錯覚に襲われる。
浜に着くと、人っ子一人いない。
ここは波が少し強い。
浜辺を歩き、ヤドカリを探す。

帰り道、御獄の前を通る。島の神聖な場所らしい。

続いて、民芸館へ行き、ミンサー織の体験を申し込み、
体験をさせてくれる場所まで自転車で行く。
”いつの世までも”というフレーズを記号で示した
沖縄のミンサー織。藍染めを行い、織機でおり、コースターを作った。

昼ごはんは”竹の子”でソーキそばと八重山そば。
コーレーグースとピィヤーシを入れて食べる。うまい。

牛車で集落を観光。水牛のルリちゃんは、内輪差を考え、
岩壁にぶつからないように後ろを見ながら角を曲がる。
あとで本で見て知ったが、ガイドさんは、内地から来て
内地の人と沖縄で恋に落ち、結婚したらしい。

その後西桟橋へ。
昼の海の風景は夕方とは異なっていて、まぶしかった。

パーラーぱいぬ島にて、クリームぜんざい。
たきどぅんにて、ゴーヤーアイスと黒糖アイス。

夕食後、本日二度目の西桟橋。
今日も曇りのため、夕日は見れなかったが、
非常に神秘的な光景。

DSC_0187.JPG   DSC_0229.JPG

7時過ぎに起き、朝食。
雨がふったり、晴れたりの一日。

まずはカイジ浜。星砂を拾い、ヤドカリと遊ぶ。
そのままコンドイ浜へ。海水浴。
ゴーグルをつけてもぐり、熱帯魚観察。
途中、すごく大きい魚に遭遇。おいしそうな感じのやつ。
すべては腰下ぐらいの遠浅の海で。

昼寝。オリオンビール。満足。

パーラーぱいぬ島でグァバジュースとソフトクリーム。
シーサー観察。

食後、またもや西桟橋。
浜で泡盛を飲みながら夕暮れを待つ。
本日は曇りのため夕日は見れず。
それでも、空は雄大で、言葉では表しきれない。
すべてが蒼につつまれる。
浜辺では数多くの蟹が日が沈む頃に出現。
動きがとにかくはやい。

また雨が降り始め、宿に帰る。
本日もホタルに遭遇。

DSC_0162.JPG

Sky, Sea, Beer!
Sky, Sea, Beer!,
originally uploaded by x9x2x.


A Day at the KONDOI Beach
A Day at the KONDOI Beach,
originally uploaded by x9x2x.


朝3:00起き。
テンションが高いので眠くない。6:15に羽田発の飛行機で沖縄に行くのだが、それに間に合う山手線に乗るための電車が三軒茶屋から出ておらず、しょうがなくタクシーで渋谷へ。タクシーは、いろいろと調査したが、三茶の駅前に3:00ごろにはとまっていないらしく、予約で迎えに来てもらった。渋谷駅に着くと、まだシャッターは開いておらず、しばしその前でたたずむ。あたりを見ていると、どうも隣の公衆トイレにて何か事件があったらしく、救急車がきて、しかも何か写真を撮っている人とかもいる。結局どんな事件か不明のまま。そんなことは気にせず、山手線始発で品川へ行き、そこから京急で羽田へ。

羽田(06:15発)  JAL1901便 クラスJ  沖縄那覇(08:45着)

空港内で、ソーキそばを食べた。もちろん、コーレーグース入。

沖縄那覇(10:10発)  JTA0607便    石垣島(11:05着)

石垣では、竹富で飲むように、八重泉を購入。

石垣島(12:30発)  八重山観光フェリー 竹富島(12:40着)

石垣と赤レンガの昔ながらの沖縄の街並みの竹富島。
大浜荘に荷物を置き、チャリをレンタルして、いざコンドイ浜へ。
海水浴。昼寝。日光浴。
あちらにもシーサー、こちらにもシーサー。ぬこ多し。
夕食を食べ、西桟橋へ、夕日を見に。すさまじくキレイ。景色が雄大。空が広い。
そのうち日が沈み、夜に。満天の星空。天の川まで見えた。民宿への帰り道、ホタルを発見。

西桟橋では、蟹、飛魚の稚魚の群れ、海ヘビに遭遇。

DSC_0041.JPG    DSC_0040.JPG

I am drunk! AWAMORI Yeah!
I am drunk! AWAMORI Yeah!,
originally uploaded by x9x2x.


Shibuya Station 4:20am
Shibuya Station 4:20am,
originally uploaded by x9x2x.


さーて、今のところにきて初めて、平日を休んでちょっとヴェイケイションに行ってきます。
眠い・・・・。

1  2  3

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2005年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年8月です。

次のアーカイブは2005年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。