The Dragonlance Chronicles Vol.1

| | コメント(0) | トラックバック(1)
ドラゴンランス(1) 廃都の黒竜
マーガレット ワイス トレイシー ヒックマン 安田 均
エンターブレイン (2002/04/26)

小学校のときにDungeons & Dragonsにはまり、その時期にでた大ヒット小説、「The Dragonlance Chronicles」。そのときに英語版で読み、なんとなく話は把握したが完全には全部理解できなかった。その後、中学生ぐらいの時に富士見書房からでた日本語の「ドラゴンランス戦記 (1)」を読んだものの、あまりにも発売期間が途切れ途切れだったので途中で挫折。最近になって懐かしくなって再度読みたくなり、いろいろと調べたところ、まだ続いているらしく、公式ページを発見。俄然、読みたくなり、図書館で予約して、まずは1巻「廃都の黒竜」を読んだ。

指輪物語のような雰囲気を持つ小説で、やっぱり面白い。ファンタジーノベルの金字塔。今読んでいるのは全6巻だが、その他に外伝やら続編(子供たちの話)やらいっぱい出ている。

再販して、1冊2000円になり、とても6巻全てを買う気になれなかったのだが、このようなときに図書館は便利。

アメリカに昨年行ったときにBarnes&NoblesでみつけたDragonlance小説いっぱい

ワンダと巨像 << | >> 自分地図

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: The Dragonlance Chronicles Vol.1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/414

突破传统方法,英语ĕ... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2005年11月13日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワンダと巨像」です。

次のブログ記事は「自分地図」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。