贋作・罪と罰 @ シアターコクーン

| | コメント(2) | トラックバック(1)

gannsaku.jpg

NODA・MAP第11回公演「贋作・罪と罰
東京公演: 12/6 - 1/29 シアターコクーン

いやー、面白かったー!ドストエフスキーの「罪と罰」に日本の幕末を絡めて話が展開。「一握りの天才が自分の任務を達成するためには他人の命をも奪う権利がある」という題目と、「狂乱の幕末で、時代を変えるためには将軍の命を奪うことが許されるという主張 vs 金で物事が押し進みそれで血が一滴も流れないのならばそれがいいという主張」が交差する。カーテンをたくみに使った演出、最後のクッション材で表現される雪、椅子がさまざまな小道具に変化する様。どれをとってもすごかった。舞台での派手な立ち回りは他の作品に比べても多く、いつもの「これでもかー」と詰め込んだセリフで、一寸たりとも舞台から目が離せない。「雪の音」のセリフが個人的にはすごく印象に残った。

ジョビジョバ時代から注目していた(そして、なぜか似ているといわれていた)マギーも初めて真近で実物を見れたし、満足。

サンクス、LINAさん!

セイフー → Foodium << | >> 行きたかったライブ・・。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 贋作・罪と罰 @ シアターコクーン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/445

コクーンのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 続きを読む

コメント(2)

いやはや。
私も、すべてに関して、予想外で驚いたし、楽しんで来ました。
久々に、見逃さなくて良かった。と思える作品でした。
妹役の美波が19歳とは思えない堂々たる演技で、びっくり。
宇梶さん、デカっ!!

本当にありがとうございましたー!

いやー、よかった。個人的には「メルス」よりもよかったな。
松たか子がかっこよかったー。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2005年12月10日 19:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セイフー → Foodium」です。

次のブログ記事は「行きたかったライブ・・。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。