KATOのデニム

| | コメント(0) | トラックバック(0)

だらだら一日ついでに、KATOのデニムを扱っている店、「藍瑠(AIRU)」へ。

昔から穿いていたデニムがいい加減どれもボロボロになりつつあり、新しいのが欲しいなと思い、KATOのデニムを見ることに。いくつか種類があるのだが、前から気になっていた「23SP-21A」を購入。店長がいい人で、なんと、その場でそのまま裾上げをすぐにしてくれて、さらに寒いからということで、珈琲までサービスしてくれた。デニムは形が個性的で、ポケットがとても面白い形をしている。さらに立体裁断ではき心地もばっちり!

以前に行った某店では、裾上げ完了までに2週間かかるからと言われたのに比べて、このスピードはいいな。

-------------------------------------
藍瑠 (AIRU)
世田谷区太子堂3丁目22−10
03-3795-1184
月曜 定休日

[ KATO BRAND ]
2001年にスタートした京都発信の国内ブランド「カトーブランド」。コンセプトは「TOOL PROJECT」。「人は服を完成させるための道具=人が着て初めて服は完成される」。KATOの服は着る人により表情を変え、着込むほどにその持ち主と同化する。長年世界のデニム業界で活躍してきたデザイナーKATO氏が、生地からこだわり、独創的なデザインで作り上げるプロダクトはヨーロッパでも高く評価され、現在ロンドン、ミラノ、ローマのセレクトショップでも扱われています。
銀座で買い物をしてみた << | >> カリビアン・クイーン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: KATOのデニム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/477

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2006年1月 9日 22:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀座で買い物をしてみた」です。

次のブログ記事は「カリビアン・クイーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。