2006年3月アーカイブ

はじめてのやのあきこ
矢野顕子
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2006/03/08)

本当に久々に買ったCD。

1. 自転車でおいで(参加ゲスト :槇原敬之)
2. 中央線(参加ゲスト :小田和正)
3. PRESTO
4. ごはんができたよ(参加ゲスト :YUKI)
5. 架空の星座 (参加ゲスト :井上陽水)
6. ひとつだけ (参加ゲスト :忌野清志郎)
7. そこのアイロンに告ぐ(参加ゲスト :上原ひろみ)

とにかくすごいゲスト陣に惹かれついつい購入。曲もいいし、ゲストもうまくプラスになり溶け込んでいる。それにしても矢野顕子ってすごいな。他の人がカバーしても、たとえ曲を知らなくても矢野顕子ってわかるもんな。YUKIも矢野顕子っぽい歌い方でいいし、最後の曲では、明らかに上原ひろみとわかるピアノになっているのが面白い。みんな結局アクがつよいんだね。

昼はしばらく新宿をさまよい、いろいろと情報収集。それにしても卒業式のシーズンだからか人が多い。

体力をつけるために、本日の夕食は三軒茶屋の「壱語屋」にて焼肉。
Fix-UpのSさんから、ここは金海なみにうまいと聞いていた。

今回頼んだのは:
・黒毛和牛上タン
・塩ユッケ
・黒毛和牛特上カルビ
・7種キムチ盛り合わせ
・黒毛和牛サガリ
・黒毛和牛上ハラミ
・黒毛和牛カルビ
・黒毛和牛テッチャン
・冷麺

特上カルビもすさまじかったが、ハラミとテッチャン、タンがすごい。ハラミは、初めてうまーいと感じたし、テッチャンも通常の店は噛み切れないのだが、ここのはやわらかい。タンも分厚く、梅タレとレモンタレで食べる。サガリはたまり醤油で。

肉もすごいのだが、ここのサービスもいい。おしぼりはこれでもかというぐらい出てくるし、食後には冷たい麦茶とあたたかいお茶が何も言わずともでてくる。生肉系がすでに売り切れていてたべれなかったのが残念。また来よう!

DSC00477.JPG


写真は奥から、
塩ユッケ、黒毛和牛特上カルビ、7種キムチ盛り合わせ

以前に見つけた namikibashi の「A Documentary On Japanese Sushi」だが、
さらに、YouTubeにて、このシリーズの「Japanese Tradition - dogeza -」を発見!

いやー、ラーメンズいいね。

やっと、リオレウスを倒せた。
この2週間あまり、ほぼ毎晩チャレンジし、挑むこと十数回、初心者第二の壁と言われているリオレウスがなかなか倒せず、「俺、モンハンむいてないかも」と思いはじめていたが、ついに勝利!

ポイントは以下:

・パターンを理解し、隙を見つけたら弱点(頭)を攻撃。多くの打撃は望まず、少しずつ、確実に当てる。
・邪魔なランポスは先に、時間のあるときに全滅させる。
・落とし穴は1個までというルールにとらわれずに、現地で調合。
・眠っている隙に、落とし穴を仕掛け、大タル小タルで起こして、ひたすら攻撃。

いろいろと勉強になった。
しかし、先はまだまだ長い・・・

01.gif

今日で三軒茶屋に住んで1年が経つ。
そんなわけで、1周年記念の意味も込めて、家の近くにある、うまいと評判の店、「グッチーナ」へ。
前を通りかかることが多く以前から気になっていたのだが、三軒茶屋1周年は三軒茶屋の店で、ということでやっと念願が叶った。

店の方は、田舎のイタリアの料理屋さんという感じ、とても雰囲気がいい。今回は2階の階段を上がってすぐの席だったが、階段を上がるときに厨房の前をとおると、中の人がみんな「いらっっしゃいませ!」と出迎えてくれたり、帰りも、店の外まで送ってくれて、会話を楽しんだりと、なんか、アットホーム。居心地もとてもいい。常連になってしまいそうな勢い。

食事の方は、今回はシェフおすすめのコースを頼んだ。

とにかく、全てがうまかったのだが、特に、チーズを使った料理がうまい!いや、うますぎ!いままで食べたイタリアンの中で、本当に一番うまかったと思う。パングラタンは絶品!別途ついてきたパンまでも使い、皿が綺麗になるまで食べてしまった。スパゲッティーニも、「ほぅ、アルデンテとは、これをいうのかー!」というのがはじめてわかるぐらいうまかった。もちろんリゾットもチーズとの相性が抜群。とにかく大満足の夕食。

予約は必要そうだが、今回、前日に予約したぐらいで席はとれた。これくらいの手軽さと、アットホームな雰囲気が本当にいい。

DSC00473.JPG   DSC00475.JPG   DSC00476.JPG


------------------------------
[コース]
・5種の前菜盛り合わせ

・下田産金目鯛のカルパッチョ

・4種チーズのパングラタン・グッチーナ風

・菜の花とホタテ、ドライトマト、フレッシュトマトのスパゲッティーニ
・青豆とパンチェッタのパルミジャーノリゾット

・仔羊のグリル

・4種のデザート盛り合わせ
・カフェ

[ワイン]
Vitiano Umbria

------------------------------
Guccina
世田谷区三軒茶屋1-6-13
03-3795-5587

文庫版 狂骨の夢
文庫版 狂骨の夢
posted with amazlet on 06.03.12
京極 夏彦
講談社 (2000/09)

「狂骨の夢」は正に骨をめぐる数人の思いが絡まっていく話。
なかなか面白いのだが、前3作には負けるかも。
今回も、途中でモンハンをはさみつつ、徐々に読んでいった。
荼枳尼と密教あたりがでてきたところで、懐かしの孔雀王(荻野真公式サイト)を思い出した。

SPORE

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっといまさら感はあるけど、SPOREが面白そうだった。
SPOREは、Sim Cityの製作者、Will Wright氏が新たに製作中のゲーム。

原始的な生命体から始まり、自分でその生命を進化させる。進化の過程では、パーツを思いのままに付け足したり、クレイをいじるかの様に整形できる。
この段階では生命シュミュレーションだが、原始生命体をどんどん進化させ、道具を与え、文明を築き始めたころから、「Age of Empire III」のようなRTSのゲームになり、同じ惑星の他の文明との戦いをすることになる。そしてその後の段階ではUFOを用いることで、銀河に旅立ち、他の銀河系の生命体を探してみたり、新たな惑星を見つけそこに大気をつくり、生命体を発生させたり、とまるで”自分の小宇宙”を作成できてしまう。

こう言葉で書くと分かりにくいのだが、実際に上のGoogleVideoのデモ映像をみると、なんかわくわくするのが分かるかも(若干ヴァイオレントなのだが)。35分ぐらいあるので、ちょっと気合入れて見る必要があるけど。英語の解説もなかなか面白い。いいプレゼンに仕上がっていると思う。

コンセプトは、Will Wright氏曰く、
「コンピューターを使って現実世界を丸ごと把握する空恐ろしいほどの感覚を味わってもらう。」
とのこと。

4gamerに詳しい解説あり。

実は、Will Wright氏はファミコンの伝説ゲーム「バンゲリング・ベイ」(完全解説サイト)の製作者。これが第一作で、ここから、マップゲームにはまり、SimCityシリーズを作り上げたみたい。うーん、俺と同じくMap Freak か。

SPORE 公式サイト
http://spore.ea.com/

Louis Poulsenの照明が最近気になっている。

ここのところ、照明を求めていろいろな雑誌やらインテリアショップやらに行っていたのだが、いまいちいいのを発見できずにいた。いままで見た中で唯一欲しかったのはTALIESEN 2だが、これは頑張ってお金を貯めないと無理。

で、他にいろいろとみていたのだが、最近見つけたよさげな照明。それが、Louis Poulsen のCharisma。PoulsenはどちらかというとArtichokeの方が有名だが、これはこれで高いし、あまりにも仰々しいので。天井の高い家じゃないと、合いそうにないなー。

P3012W.jpg

Playlog

| | コメント(2) | トラックバック(0)

コミュニティ型WEBサービスの「Playlog」に登録してみた。基本的には、Last.fmと同じサービス。音ログにて、iTunes用のplug-inを提供しているので、そちらを利用してみている。

Last.fmのRecentPlaylistのRSSフィードがなかなかうまくいかなかったので、Playlogでは、いろいろなもののRSSフィードを提供してもらいたいのだけど、モデル的にPlaylogで全て閉じる形に持っていこうとしているので、無理かなぁ。結構多くの人が自分のBlogを持つようになった今、別のサービスにてBlogをまたゼロからはじめるのは、ちょっとありえない気がする。

まだα版なので、今後どうなるかわからないが、履歴とかも、Last.fmは「8月に多く聞いたアーティストベスト10」とか、いろいろな統計機能が充実しているし、実際の販売商品にひっかからないアーティストもちゃんと数にいれてくれるので、やっぱり、Last.fmの方がまだ圧倒的にいいな。

あまり関係が無いが、Bloggerプリインストールの携帯が発表になっていたけど、この発想はなかなか面白いかもと思った。実際のところ、どの程度の人がその機能を使うかはわからないけど、moblog程度であれば、携帯だけで充分だし、結構多くの人はmoblogがあれば足りている気がする。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。