2006年5月アーカイブ

takeuchi-seiho-hannbyou.jpg     shamo.jpg


テレビ番組「美の巨人たち」、今回は竹内栖鳳だった。もちろん、はじめてきく人。日本画家らしい。動物を主に描いていた画家で、渡欧したときに描いた獅子の絵が、それまでは唐獅子とか空想上の獅子しか知らなかった当時の日本人に衝撃を与えたという。

今回の番組でいくつか作品が出てきたが、やはり衝撃的だったのは『班猫』(左)と『蹴合』(右)。

「班猫」はその毛並みとポーズが、そして「蹴合」はその色合いがすごかった。

霞中庵 竹内栖鳳記念館が本来ゆかりの美術館らしいが、「班猫」は東京の山種美術館にあるらしい。通常は倉庫の中にあるのだが、9月30日-11月19日まで開催される 『竹内栖鳳とその弟子たち-重要文化財「班猫」登場-』展 にて10年ぶりに公開されるそうなので行ってみようと思う。

「蹴合」の方は大倉集古館にあるみたいだが、こちら、なんとホテルオークラの美術館。以前から車で前を通っていて、一度行って見たいなと思っていたので、美術館ついでに今度行ってみようと思った。

本日開始の水まんじゅう。
夏っぽい、ひんやりした味でうまかった。

DSC00054
DSC00054,
originally uploaded by x9x2x.


九十九里  DSC_0040  DSC_0073

originally uploaded by x9x2x.


朝、珍しく早く目が覚めたこともあり、急遽、九十九里へ行くことに。
目指すは、九十九里町の片貝海水浴場

ちょうど梅雨前の天気のいい日で、まさに海日和、ドライブ日和。京葉道路を使用して千葉へ行き、そのまま東金有料道路で九十九里へ。かなりとばしたので、2時間ぐらいであっさり到着。途中の道は緑がいっぱいで、走っていて楽しかった。

海はまだ入るには早いため、砂浜に茣蓙をひき、しばらくのんびりと読書&昼寝。これがもうちょっと遅くなると梅雨の寒さがあるだろうし、それをすぎると、暑すぎるだろうから、本当にいいタイミングだった。砂はなぜかとーーってもサラサラでついつい童心にかえり砂遊びとかをしてしまったりして・・・。

海にはサーファーがいっぱいで、浜にはサーファーの彼の帰りを待ってる女の子や奥さんや子供がいた。なんかとてもいい感じの雰囲気。時間の流れもゆっくりに。

とはいえ、お腹はすくので、近くの海の家へ。ここでは:
・地はまぐり焼き
・焼きいか
・ながらみ(貝)
・いわし刺身
・焼き塩あじ
をたべた。はまぐり、うまーーい!金網の上で自分たちで焼いて、パカッと開いたところでタレをいれ、さらに焼く。そしていっきにたべる!これが、身がでかくて、プリプリでとにかく最高。焼きいかも、自分たちでやいて、醤油とマヨで。ついつい食べすぎてしまった。

その後、再び浜辺でのんびりして、またもや砂遊び・・・。なんで、砂はこんなに気持ちがいいのか。

ふと、高校のときに、九十九里の浜辺沿いに10km歩いた強歩大会を思い出したりしてしまった。あれはあれでたのしかったなー。

帰りは残念ながら渋滞。京葉道路は途中でおり、湾岸に乗り換え、あとはひたすら下道で。

家に戻り、絶品のカレーを食し、とても有意義な休日がしめくくられました。

先日もかいたが、相変わらず、SPAMコメント、SPMAトラックバックが多いので、まずは最新の MovableType 3.2-ja-2 へとアップグレード。アップグレード/移植作業は何度かやっているが、やっぱり正しい方法が分からん。だいたいインストール後に、dbを上書きして再構築すると成功するのでその方法でやってしまっているのだが・・。あとは、Plugin以下をそのまま最新のものへ持ってきた。

ogaogaさんに教わった方法も試そうと考えたが、そちらは最後の砦として、まずはMovableTypeの機能でトライ。MovableType 3.2 からは SpamLookup というプラグインが入っているので、基本的にはそれを設定することでSPAMを回避できるらしいのだが、いかんせん設定がよくわからない。

そこで、宮川くんのblog.bulknews.netMT SpamLookup Best Practicesを参考に設定をしてみた。これでどうなるか、しばらく実験。

3.2 ではコメントやトラックバックを「SPAMに登録」ができるので、(まあ、普通に考えて、必要な機能)ここも便利になっていた

metamo20.jpg

mixi情報。

8/26(sat)-27(sun) ~ all night party ~
METAMORPHOSE 2006@日本サイクルスポーツセンター伊豆修善寺

DJ SNEAK, IDJUT BOYS, JOHN DAHLBACK, SEBASTIEN LEGER, THE BAYS,
BLACK PRESIDENZ, FUMIYA TANAKA, QHEY, EYE, KAORU INOUE, CALM,
KIHARA NAOKI,GOTH TRAD,DJ NOBU & MORE TBA!!!

今年もmetamorphoseいくぜー!
3年前、一昨年、去年同様に!

と思ったら、今週末はRawlifeかぁー。

DSC_0036   DSC_0040   DSC_0027

originally uploaded by x9x2x.


昨年に引き続き、今年もタイフェスへ。

今年もお店がいっぱい、人もいっぱい。民族調のよさそうな服やアクセサリーももちろんあったが、なんといっても目的はタイフード!

本日食べたものは:

・高田馬場ブリックタイの「鶏肉のスープヌードル」(ビーフン)
   あっさり味でおいしい。鶏肉もやわらかく、もやしもたっぷり。カレーラーメンもうまそうだった。

吉祥寺ペパーミントカフェの「グリーンカレー」
   かなり絶品!口に入れた瞬間はほどよいあまい味で、後になってすごい辛さがくる。
   ここまでバランスのいいグリーンカレーは初めてかも、というぐらいうまい。
   店の方にも行ってみたくなった。

・冷凍マンゴー、冷凍ドラゴンフルーツ
   マンゴー激うま。

・鶏肉のやしの葉つつみ
   こちらは、まあ、普通にうまかった。香ばしくて、肉もやわらかかった。

今回はあいにく雨が降らずにすんだが、その分虹がみえず残念。

渋谷から原宿方面に抜けて、その後、表参道へ行き、銀座により、家に帰った。
すごく歩いた一日だったなー。

プラネットアース 第4集

砂漠は本当に砂のイメージしかなかったけど、雪に覆われた砂漠、霧のかかる砂漠、年に1,2度湿地帯に変身する砂漠、と意外な映像が見れて面白かった。雪に覆われても、雪が解ける前に水蒸気になってしまうというのがすごい。当たり前なのだが、野生のラクダがいるというのもちょっと驚きだった。

ホワイトデザートはまるでダリの絵のような光景。

≪主な撮影地と登場する生きもの(※登場する順に)≫
●ゴビ砂漠(モンゴル):世界で最も北に位置する砂漠。夏の最高気温は50度、冬の最低気温は-40度と年間で100度近い気温差があり、冬には雪が降る。野生のフタコブラクダがすむ。
●サハラ砂漠(ニジェール):砂嵐を撮影した場所。砂嵐の中のラクダはヒトコブラクダ。
●ナミブ砂漠(ナミビア):世界で最も美しいといわれる砂漠。砂丘の高さは300mになるものも。ナマクアカメレオン、ペリンニーサバクアダー(蛇)、ゴミムシダマシの仲間。
●スタート国立公園(オーストラリア):アカカンガルー。
●サハラ砂漠(ニジェール):大きな耳のキツネ、フェネックギツネ。夜のキツネはオグロスナギツネ。
●アタカマ砂漠(チリ):世界で最も乾燥した場所。50年も雨が降っていない場所もある。ラクダの仲間、グアナコが住む。
●ソノラ砂漠(アメリカ、メキシコ):夏のひと時、雨が降るためオオハシラサボテンが育つ。ヘラコウモリの仲間。
●ホワイトデザート(エジプト):石灰岩の奇妙な岩が立ち並ぶ砂漠。サハラ砂漠の東端し。
●ユタ州の砂漠(アメリカ):岩の塔や峡谷が広がる岩砂漠。
●エンゲティ国立公園(イスラエル):ヌビアアイベックスのオスが戦っていた場所。
●オーグラビー国立公園(南アフリカ):ジャンプをして虫をとらえるカラフルなヒラタトカゲが暮らす。
●ナミブ砂漠(ナミビア):ゾウ、ライオン、オリックスが暮らす砂漠。
●デスバレー(アメリカ):雨が降ると一面、花畑に覆われる砂漠。
●サハラ砂漠周辺(モーリタニア):雨が降り緑が生い茂ると砂漠バッタが大発生する。

ここのところ、急激にコメントSPAMが増加したので、
コメントは一時的に、許可制にします・・・・。

この12時間で400個ぐらいあり、かなり困っている。
Versionあげるかー。

gravimos.gif

最近、またぼちぼちモンスターハンターポータブルをやり始めているのだが、
ついに、★5つのレベルになった!

青リオレウスは連続で何度も失敗しており、まだ倒せていないのだが、
リオレイア、桜リオレイア、そしてグラビモスを討伐。

amaterasu.jpg

三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで公開中の「AMATERASU」。

すごく観に行きたかったのだが、気づいたころには遅く、土日は完売、平日も端の席しか残っておらず、あきらめた。

以前に観たドキュメンタリーの「ワン・アース・ツアー」に続く公演いうことですごく見たかったのだが、とりあえず観たいのは鼓童の舞台なので、今回はあきらめ、鼓童のMLに入っておくにとどまった。

うーん、生で聴きたい。

1  2  3

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。