ホワイト餃子を巡る冒険

| | コメント(3) | トラックバック(0)

今日の昼間は、幕張のアウトレットへ。
いろいろとスニーカーとかを探しつつ、特に収穫は、なし。

そして、本日メイン晩御飯であるホワイト餃子を食べに、船橋支店へ。しかし!17:00開店で店に着いたのは19:30頃だったにもかかわらず、「本日は終了しました。」。もちろん、生餃子も終了・・・・。がっくりと肩を落とすも、他にも支店はある!ということで、気を取り直して、帰る途中にある亀戸支店へ車を走らせる。

電話をして確認したところ、20:30ラストオーダー。カーナビに表示された予想到着時刻は20:23・・・。1分でも早い到着を目指し、2区間だけだが高速を使用。しかしながら・・・・・、到着をしたのは20:35・・・・。悲しみながらも、生餃子を買って家で調理することにした。

学生のころ以来のホワイト餃子。改めて調理方法を見ると、ほとんど餃子揚げに近い。

冷凍のまま、餃子をフライパンにならべ、ガス点火と同時に熱湯を八部目ぐらいまでそそぐ。そのまま強火で8分ぐらい放置した後に、油をなみなみと餃子が隠れるぐらいまでそそぎ、水分がなくなり油だけになるまでそのまま強火で放置。水分がとんだら、底上げをして、中火にして底に焦げ目をつける。
以上で完成。

出来上がったホワイト餃子はさくさくで、うまい。家では、特製のにんにく醤油とマヨネーズと一緒に食べた。うっまーい。それにしても餃子たべすぎ・・・。

fried_00[1].jpg

Last Wish @ 新宿ロフト << | >> カレー曜日

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ホワイト餃子を巡る冒険

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/614

コメント(3)

「餃子といえば亀戸っすよね?」
と日々亀戸餃子の布教に勤しんでいる人もいます

餃子をお求めの際は、ぜひお近くの田代君にも
声をかけてみてください

ごぶさたしております。
ホワイト餃子!!なつかしいです。ホワイト餃子の生餃子は作り方通りのあげ餃子というかピロシキ風のものもおいしいですが、水餃子にしてもおいしかったです。皮が肉厚だもんね。

>fukasawaさん
他の亀戸餃、またチャレンジしますよ!
おすすめはどちらでしょうか?!
Capper田代くんにもきいてみよう。

でもねー、ホワイト餃子最高なんすよ!


>Udyさん
同士よ!おいしいよねー。
水餃子今度やってみます。
つくり方の紙に、餃子鍋とかものっていた。


いやー、まさか今週末も餃子か?!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2006年6月18日 23:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Last Wish @ 新宿ロフト」です。

次のブログ記事は「カレー曜日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。