2006年7月アーカイブ

朝7:00におきる予定だったが、ここ連日の疲れのためか、起きたのは8:00.そこから頑張り、9:00過ぎには家をなんとか出発。近くのガソリンスタンドで、レギュラーがなんと143円/ℓに!なんと、東名に用賀からそのまま乗れるということを初めてしった。道は比較的すいており、そのまま小田原・厚木道路にのりかえ、なんと11:00すぎには第一の目標「彫刻の森美術館」に到着。

ここは、ずっと昔、子供の頃に何回か来た事があり、その頃はひたすらに広いという印象を持っていたが、今、大人になってきてみるとそれほどではなかった。でも、子供の頃に遊んだ「シャボン玉のお城」などはいまだに残っており、これは結構うれしかった。今回は足湯にもつかり、かなりのんびり。60度ぐらいの源泉かけ流しの贅沢なお湯で、オレンジも入っていた。その前にある一面ステンドグラスのガブリエル・ロアール作の「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」もよかった。中に入ると、外とは景色が一変し、綺麗な色に包まれた空間があり、その中を階段でのぼってゆく。そこらで腹が減り、美術館のカフェで昼ごはん。パストラミサンドとillyのアイス珈琲、ブラッドオレンジジュース。どれもおいしかった。そしてピカソ館へ。こちらは普段知っているピカソとは違う、陶器職人としてのピカソの一面を見ることができて面白かった。ガラスの破片を組み合わせて作った絵画、やさしい顔が描かれた皿、息子の肖像画など、別の一面を多く見た。しかし彫刻は難しい・・・。理解できないものもじつは多かった・・・。

彫刻の森を後にして、ホテルへ。今回は、箱根でアンティークで有名な宮の下の「富士屋ホテル」に宿泊。明治に作られた外国人向けのリゾートホテルというだけあり、内装がすごい。花御殿と呼ばれる建物や、ダイニングなど、神社のような建築スタイルをとっている。皇室や、ヘレン・ケラー、チャーリー・チャップリン、ジョン・レノン夫妻、三島由紀夫夫妻なども泊まったことがあるらしく、写真が残っていた。着いてからまずは歴史を知るべく、ホテルのツアーに参加。資料室や舞踏室、ダイニングなどを案内してもらった。創立者2代目が結成したヒゲ倶楽部の写真も見た。部屋のお風呂には温泉の源泉がそのまま来ているらしく、それもすごい。ツアー後は急いで温室を見た。

部屋にもどり、ちょっとゆっくりしたところで、晩御飯へ。近くのすし屋「みやふじ」。こちらは行列ができるということで、開店と同時に行き、有名は元祖アジ丼と漁師丼(イカとアジを味噌にあえたもの)とみやふじ巻き、さらにいかのしおから。とにかくうまかった!是非もう一度行きたい。ビールものみ、いい具合に酔っ払い、満足して、ちょっと宮の下の駅まで散歩して、ホテルに戻った。そのままベッドに横になっていると、ついうたたねをしてしまい、気づくと21:00。いそいで風呂の準備をして、浴場へ。男湯は4人用の小さいものだが、ちょうど人数の少ない時間帯でのんびりと入れた。いい湯だった。風呂からでて涼み、24:00には就寝。

いい一日だった。

先日、Costcoで購入したワインを早速飲んだ。
これは本当にうまい。本当のベストは2007年以降だったらしいけど。
というか、南アフリカのワインが俺の中では一番好きかも。
これもそうだし、以前に買った Meerlust Rubicon も。

公式サイト

会社の裏の「wagashi まめ」にて、
「京焙煎のおいしいブレンド [アイス珈琲]」豆200gを購入。

いままで買っていた「京焙煎のおいしいブレンド」はホット珈琲用だったので、
ちょっとアイスには無理かなと思っていたのだが、なんとアイス用の焙煎が!

豆は深い茶色でつやつや!

いれてみたこと、暑さをぶっ飛ばすコクがぁ!

香蔵珈琲にて豆200gを購入。

「グランドスラムをアイス用で焙煎お願いします」と頼んだところ、それなら「フレンチグランドスラムの方がいいですよ。」ということで、購入。深焙煎でうまい。水出しをするべし。

kingshow.gif

おおっと!
筋肉少女帯が復活ー!
復活ライブ、これは相当気になる!
「Sister Strawberry」は今聞いても名曲いっぱいだしなー。
やっぱり、「いくじなし」いいよな。

実家に帰り、「大槻ケンヂのオールナイトニッポン」のテープが再度聞きたくなった。

近くのスーパーで買った、Chateau de Callac 1997。
普通に縦置きだったけど、スーパー内は1年を通して気温差がないためか、
問題なく保存されており、うまかった。

公式サイト

今日はどうも昨日の疲れがあったためか、朝はなかなかおきられず、ダラダラとして一日に。
朝ごはんは昨日買ったベーグルに、チーズと蜂蜜。

しかし、昨日もらった生肉800gの塊をどうしようかと相談し、夕方にその準備で出かけた。まずは、香蔵珈琲で珈琲を買い、TSUTAYAへ。そして、ドライブ用のCDを借りた。

家に戻ってからは、ローストビーフの調理をお願いして、その間、俺はリッピング。

ル・クルーゼで出来上がったローストビーフ マスタードソースは絶品!
肉も焼き加減もちょうどよく、中はまだレア。すごく質のいい肉だったからか、柔らかく、とにかくうまい!うまい!うまい!

いやー、まんぞくだぁ。

香蔵珈琲で豆200gを購入。
ついでに、アイスラテも。

南西部の1500m~2200mの高地が主要なコーヒー産地であるが、ハラーは東部山岳地帯にあり、モカフレーバーの代表豆で細長い豆が特徴で甘い香りと程良い酸味のコーヒーです。

実に久しぶりに実家へ。

14:00頃に家を出て千葉に向かおうと思ったら、雲行きがあやしくなり、突如、すごい勢いで雷が・・・。雨もすごくなり、そのまましばらく家で待機。ある程度、小降りになったところで、いざ出発!

実家の土産に、La Terreでケーキを買い、首都高にて。しかし、どうにもこうにもどこも渋滞。首都高もかなり厳しいことに。京葉道路経由で行ったが、これも失敗かも。なんとか実家にたどりつき、家によってケーキを渡した。

ちょうどいいチャンスということで、そのまま近くのオートウェーブに行き、オイルとフィルターの交換。合計で2100円ぐらい。で、それをお願いしている間に、近くのCostcoへ。ここはいつ来ても楽しい!あまり買うつもりはなかったが気づくと、
・大量のトイレットペーパー
・ベーグル12個(680円!)
・ブリー(チーズ)2個セット
KANONKOP pinotage 2003 (南アフリカ)
・珈琲
などをいっぱい買っていた。満足。特に、Costcoのワインは来ると毎回買っている。
そして、車を取り、ついでに機械洗車(1回500円!)&ガソリン(周りの最安値は134円だったが、なんと125円!)を入れ、家に戻った。

家では、親がBBQの準備をしていたので、それにあわせて、火を準備。親がサンフランシスコで買ったというBBQセットは、味のある車輪付。ちゅうか、もうすでに30年もの・・。火をつけて、味をしみこませたステーキを焼いた。若干火力が弱かったものの、充分に焼け、ついでに野菜も。夏の夜にべランダでやるBBQは最高で、ついついのんびりしてしまった。しめは、もちろんマシュマロ。最高の夕食。ちょっぴり広いベランダがうらやましくなった。

ついついくつろぎ、家を出たのは12時過ぎ、下道を爆走して、家についたのは2:00前。

BBQ@Parent's House  BBQ@Parent's House
BBQ@Parent's House,
originally uploaded by x9x2x.



今年もそろそろ夏フェスが開始しているので、ちょっとメモ。

SMF 2006 -GLOBAL ELECTRONIC MUSIC FESTIVAL-
Dachambo、Alaya Vijanaが出るということで、ちょっと注目。
しかし、すでに間に合わなかったりして・・。
Alaya Vijana、一度みてみたいなぁ。

シタール+タブラ+ホーメイ+イギル+マリンバ+カホン+ダルブッカ+パカワジ+口琴+ベース+倍音+コブシ+変態ポリリズムが渦を巻いて大暴れし、超巨大エネルギーを放射!衝動はパンク、心は演歌、根はメタル、でも不思議とポップな解説不能サウンド!山川冬樹と岡山守治によるツイン・ホーメイも聴きどころ。更にバンマスのヨシダダイキチ率いるシタール15人バンド“sitar tah!”もゲスト参加!

こんな解説を読んでしまうと・・。

奄美皆既日食音楽祭
これはトライバルなイベント。奄美道の島太鼓とかが出演。
しかし、奄美は遠いので無理かと。
KEN ISHIIとかもでるんだけどね。

S.O.S -Sound Of Space-
これも、MATSUKAWA KYOGAKU TAIKO(松川響岳太鼓)と呼ばれる太鼓集団が出演。

Earth Celebration
これは、言わずとしれた鼓童主催のイベント。本当に、鼓童は生で見てみたい。世田谷パブリックシアターに来るのを待つかぁ。こちらも佐渡ケ島なので遠すぎ。

あさぎり天空まつり

Metamorphose 2006
そして、毎年行っているメタモ!今年もいくぜぃ。

The Labyrinth 2006
これは、なぞなので、詳細を待つ・・。でもサイトの写真を見る限り、トランス系で楽しげ!

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。