プラネタリウムのふたご

| | コメント(0) | トラックバック(0)
プラネタリウムのふたご
いしい しんじ
講談社
だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。ーー星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは? こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。

俺にとって、「ぶらんこのり」、「麦ふみクーツェ」に続く3冊目のいしいしんじ
読んでいる中では、他の作家さんとはあきらかに違う世界を持っている人だなぁという気がします。

児童文学とまではいかないんだけど、子供の頃に読んだ本の世界。でも、大人にならないとわからない気持ちとかせつなさが、すごくやさしく描かれている。いしいしんじの本はやっぱり面白いなぁー、と。

個人的には、物語は「麦ふみクーツェ」の方が好きだったけど、登場人物はこっちの方が勝っているかも。

香蔵スペシャルブレンド << | >> 皇国の守護者

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: プラネタリウムのふたご

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/775

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2007年1月12日 23:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「香蔵スペシャルブレンド」です。

次のブログ記事は「皇国の守護者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。