2007年4月アーカイブ

連休3日目。

本日は天気もいいので大掃除。棚の整理。
完璧に掃除機をかけ、フローリングも部分的にワックスがけ。
ゴミも全部捨て完璧。年末の大掃除ぐらいの勢いだったなぁ。

ついで布団も軽いのに。
かなりの充実度。

あと、最近ちょっとずつTwitterにかきこみ。Jaikuもちょっとやってみたが、SoftbankのN73ではなぜか接続に失敗。TwitterはWEBはもちろん、GSM携帯からのSMSやe-mobileからも書き込みできたので、わりといけそうかな、と。

香蔵珈琲で豆200gを購入。

 産地はメキシコ南部のチアバス地方山岳地帯、  標高役1500mあたりにたるシェラ・モーレナ村、  又 エボ・サンルイス村。  急峻な山肌に貼りつくようにコーヒー畑が広がっています。  当地はサンフェルナンド農民生産者共同組合に所属し、  環境保全の見地から「オルガニコ」(有機農業)をしています。
 シェラ・マードレは「母なる山脈」という意味を持ち、  このエリアに暮らすコーヒー生産者と共に、  自然の力(農薬や化学肥料を使わない)を最大に活かした  農業を通じて環境を守りながら暮らしていけることを願って  つけられた名前です。

先週に続き、銀座。
5日にある同僚の結婚式用のシャツを購入。
さらに、そのまま、いいやつをみつけたので、久々に私服のシャツも購入。
これ、実に1年ぶりぐらいにシャツを買った。
以前に買ったガーゼ生地のものにつづき、2枚目の"itty bitty"。
薄いので、今後も活躍できそう。

そして、"分厚い財布をなんとかしないと"プロジェクトの一環として、ここのところ定期入れを探していたのだが、gentenやら松屋やらでは発見できず、ITOYAでグレイツなものを発見。発見してくれた相方さんに感謝。定期入れになり、キーホルダーのリングもついていて、なおかつチェーンなどの紐をつけることができる。条件ばっちり。AckermannのPagoシリーズのやつ。紐はセルリアンタワーのショップで見つけたくみひもも一つの選択肢としてはありかなー。
昇苑くみひも、かな?

定期入れ 兼 鍵入れ
定期入れ 兼 鍵入れ,
originally uploaded by x9x2x.



DEATH NOTE デスノート
DEATH NOTE デスノート
posted with amazlet on 07.04.27
バップ (2007/03/14)

「DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name」
出演: 藤原竜也, 松山ケンイチ
監督: 金子修介

前編はちょうど漫画で読んでいた範囲の内容。エル、かなりキャラにあっているなぁ。後編はそもそも原作のストーリーを知らないので、普通に楽しめた。集中しないとわからない。レムやリュークなどの死神もわりとよくできていて面白かった。原作はもっと登場人物がでてくるみたいね。

出張最終日。

7時におき、準備。8時にロビー集合。そして歩いて駅へ。
電車でCopenhagenの空港に行き、チェックイン。ただ、今回はBAなので、いつもとはちょっと別の場所。チェックイン後、BAのラウンジで1時間ほどくつろいだ。ビジネスの電源用のアダプターも探したけど、発見できず。それにしても、同じ会社の人が多かった。

Copenhagen → London, Heathrow も行き同様、のんびり。
はやりフルーツがうまい。

そして 、Heathrowでは乗り換え時間がギリギリなことを予測して走ったが、結果大丈夫だった。しかし、ここの空港は本当にでかい。しかもターミナル5を作っているとのことだけど、大丈夫なのか?乗り換え。

NaritaへのBAは、行き同様に、こんなかんじで満足。映画もみたし、ちゃんと4時間ぐらいねることもできた。ただ、やはり疲れはとれないもの。

夕食後に食べた、「Coastal Chedder and Bleu d'Auvergne cheese」がすごくうまかった。

日本についてからは無言でNEXにのりこみ、会社へ・・・。いくつか仕事をこなして、夕方には退社。さすがに眠い。

Miss Potter (The Novel)
Miss Potter (The Novel)
posted with amazlet on 07.04.27
Richard, Jr. Maltby
Frederick Warne & Co (2006/12/28)

ピーターラビットの絵本の作者、ビアトリクス・ポターの話。自然を愛し、動物好きな女性の悲しみと喜びの物語で、レネー・ゼルウィガーがかなりいい演技をしている。適当に暇つぶしに途中まで見ようとおもったら、ついつい最後まで観てしまった。機内で観る分には充分に満足できる映画かなぁ、と。

朝6:30におきて、準備をして朝食。
あまりにも天気がいいので、外にでて写真も何枚か。

朝食を食べ、8:00からMtg。ブレストのまとめ。10:00過ぎまでいろいろと議論をして、まとめて、発表。

昼食は例のごとくバイキング。そして、帰りのバスに乗る前にちょっと日光浴。本当にいい気候といい景色で、帰りたくなくなる。

2時間のバスの後、オフィスに到着。オフィスでもあまりにもいい天気で、窓をあけ、いい風をとりこんでいた。

夕方の会社を出てホテルにチェックイン。夕食までの時間は回りを散歩。ライブハウスのようなところに、パンクスっぽい人たちが集合して来ていた。きいたところ、今日はガールズバンドのイベントがあるらしい。

夕食を食べるため、Lillatorg(リラトリィ広場)へ。
だんだん日が長くなってきており、気候もいいためか、店はほとんど店の前にオープンカフェのスペースを出していてそこでみんな食事をしていた。しかも、暖房も完備。まさに最強。結局、Steakhouse Lilla Torg へ。
- Steakhouse Special tapas (おつまみ5点セット)
- Steakhouse Special Peppersteak
- Fried Camembert with vanilla ice

あと、同僚からシナプスを飲ませてもらったが、こちらはアルコールが強く癖があるものの、これもまたうまかった。

宿に戻り、ちょっと時間があったので、「DeathNote前編」を観てねた。

DSC_0112.JPGDSC_0144.JPG

DSC_0109.JPG

引き続きブレストの日。

朝7時におき、ちょっと建物の写真をとり、朝食。
例のごとくのバイキングだが、ヨーグルトや果物などがおいしい。

そして、ブレスト。ブレスト。ブレスト。

昼ごはんのときにいろいろと日本の側との連絡が必要になり、ちょっと電話。

そして、昼食後はいい天気ということもあり、砂浜へ。砂浜を歩きながら、ブレスト。
さすがに避暑地ということもあり、とても綺麗。さらにスウェーデンの4月なのに、半そででも暑いくらい。本当にいい気候。珍しかったので、スウェーデンの”かぎたばこ”を試したが、ちょっときつくて一瞬気分がわるくなった。
そして、ホテルにもどり、ベランダでブレスト。

ひととおり、まとまったところで、夕食。ここのホテルの夕食はかなりおいしい。

[今日のメニュー]
- Salted Char with a crudite of fennel, asparagus and shellfish hollandaise
- Breast of duck with cherry and almond aigredoux and baked artichoke
- Passionfruittartelette with chocolate and strawberries

ちなみに、チキンとデザートは最高だった。

DSC_0042.JPGDSC_0080.JPG

朝5時におきて、準備。そして朝食。
Hiltonの朝食はかなり良く、フルーツやチーズ、パンの種類もいっぱい。
朝食の後にチェックアウト。

そして、空港の下の駅から6:36の電車で出発。Malmoから北に行くのははじめて。
北に上がるにしたがい、だんだんと岩も多くなってくるが、基本は平原。地平線が見える景色。
あと、国旗の黄色がここからきているのかは知らないが、電車から黄色のお花畑がかなり多くみえた。

2時間ほど電車にのり、ついたHalmstadの駅はかなり簡素。そこからタクシーでTylösandというホテルへ。ここら辺では有名なホテルらしい。ビーチもあり、ちょっとしたリゾートホテル。白樺の並木とゴルフ場の先に立地している。しかも、オーナーはRoxetteの片方らしく、中にはゴールドディスクやらプラチナディスクやらがいっぱいかざられている。でも、ホテルの部屋にはバスタブはなく、シャワーしかないという不思議なところ。GoogleMap上は(詳細な地図すらもでていないけど)、ここ

10時からMtgの開始。コーヒーやバナナをつまみつつ。昼ごはんを適当にたべ、またMtg。そして、16時ぐらいからブレストの開始。19時でご飯なので、ここで仕事はいったん終了。

夕食は有名なホテルだけあり、おいしかった。
ロブスターのスープと、タラのトマトソース、そして、チョコレートのケーキ。
満足。

DSC_0033.JPG

北欧といえば、ネオクラシカル/シンフォニック メタル。もちろん代表はイングヴェイ!

そんなことをちょっとだけ頭のすみにおきつつ、今日のMtgのあとの夕食で正面にすわったデザイナーと話をしていたところ、バンドをやっている人を言うことが判明。で、ちょっとづつ掘り下げて話をしていくうちに、Majesticのバンドのメンバーであることが判明!個人的にはMajestic全盛期のころはすでに北欧メタルからはちょっと離れていたので、バンドそのものは知らないのだが、レビューとかを読むと、かなりひかれる。で、メンバーの写真で探してみたところ、いたよいた!Martin Wezowski さん。

mjsm1.jpg

どうも2000年に来日して、クラブチッタ川崎でライブをやったらしく、そのときの話もしてくれた。いわく、このときのプレイ(早弾き)は、自分でもギリギリのプレイだったとか。今はもっとロックよりのバンドをやっているそうで、秋にはアルバムを出すんだそうだ。

いやー、北欧といえば、本当にシンフォニックだった・・。びっくり。

1  2  3

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。