NHK技研公開 2007

| | コメント(0) | トラックバック(0)

giken2007.jpg


2年ごしの願い(?)が叶い、本日はNHK技研公開へ。1昨年は見事に道に迷い撃沈だったが、今回はじっくり楽しめた。

行きは用賀から歩く方法で行ってしまい、失敗。まあ、散歩は気持ちよかったかたいいのだが、思っていたよりとおかった。世田谷通り沿いなので、そのままバスでくればよかったなぁと。

今回の目玉は、(もしかして1昨年とあまり変わっていないのかもしれないが・・・):

■スーパーハイビジョンシステム ~ 感動を届ける超高精細映像・高臨場感音響 ~
   7680×43203300万画素の画素数を持ったフレームレート60Hzの超高精細映像と、
 22.2マルチチャンネルに よる高臨場感音響からなるシステム。なお映像はMPEG-4 AVC/H.264、複数の符号化ユニットを並列化することで、24Gbpsのスーパーハイビジョン信号のリアルタイム圧縮符号化を実現。
   このデモは、スタジオのようなところに設置された巨大スクリーンと多くのスピーカーが設置された場所でおこなわれ、コンテンツは「ディープインパクト」と「空撮」。「ディープインパクト」の方は競馬場の臨場感がすさまじかった。空撮は、東京と富士山を上空から撮影。これはかなりの感動ものだった。都心を上空から撮影した映像も解像度が高いので一つ一つの建物が区別でき、また、富士山は雪と火口の質感がなんともいえなかった。

■未来の立体テレビ
   眼鏡や視野角にあまり依存しない立体映像技術。レンズアレーを並べて実現していた。
 確かに立体にみえるのだが、まだ開発段階なのがよくわかった。レンズ1個1個をもうちょっと
 小さくしないとまだまだ粗い感じ。

■アーカイブス・オンデマンドサービス
 サービスそのものは別になにも新鮮ではないけど、NHKの番組、実は見たいものが多いので、
 アーカイブサービスはやってほしいなぁ。「美の壷」とか、「プラネットアース」とか、いっぱいある。

その他にもちょこちょこと面白いものあり。まあ、2フロアなので割りとさくっと見学することができた。

そして、その後三軒茶屋にもどり、朝から調子が悪かったので、生まれてまだ数えられるぐらいしか行った事のないマッサージ屋へ。三軒茶屋の「いるか堂整骨院」へ。30分、2000円。かなり体が楽になり、そのまま、汗をかいてさらにリフレッシュのため、タイ屋台料理「コンタイ」。はじめていったけど、ここの料理はすごかった。日本に媚びないタイの味。ガイヤーンは絶品。グリーンカレーは激辛でうまかった。いやー、うまい。での割高だと思うのでそんなにしょっちゅうはいけないなぁ。

Mulvadi Kona Coffee << | >> 緑道から松之助

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NHK技研公開 2007

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/878

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2007年5月26日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Mulvadi Kona Coffee」です。

次のブログ記事は「緑道から松之助」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。