2007年9月アーカイブ

豆200gを香蔵珈琲で購入。

最近、まあいろいろとあり、今日はいろいろと買い物。

まずは、ユニクロでカーディガン。これでちょっとビジネスの場でもOKかと。

そして、藍瑠にて、待ち望んでいたKATOの P-5769 FRAP POCKET NARROW STRAIGT DENIM PANTS を試着そして、即、購入決定。いつもよりワンサイズ小さめ。とにかくポケットの位置が絶妙で形もいい。

最近すずしくなってきたので、先日買ったジャケットも着るのが楽しみだけど、どうやら、10月は残暑厳しいって・・。

先日に行った東京朝市(Earth Day Market)がいろいろと面白かったので、今月も、いざ出発。結果的には、非常に多くの発見がある一日になった。

栗もある!

天気が悪いと言う予報でちょっと心配していたが、問題なし。今回は土日の2日間で、規模もさらに大きくなったということで、いろいろな店が出ていた。とはいえ、まだまだ、規模は小さいので、ぜひ頑張ってもらいたいところ。もしかしたら土曜に多かったのかも知れないが、今回は雑貨系が前回よりも少なく、全体的に食品系が多かった気がした。食品系もいろいろとあり、本当に手間隙かけて作った珍しいもので、それなりの値段で売っているものもあれば、かなりの安売りのものもあり。もちろん、ビールを飲みさらに前回食べた赤米の餅をねらっていたが、それは終わってしまっていた様子。なので、雑穀おにぎりを食べた。あとは、家で使っているNAFAの竹布タオルがちょっと安かったのでそれも購入。これは、本当によい。あとは、「雑 That's」で、山形の豆を少量購入。これも、茹でたものをその場で試食したけど、甘みがありうまかったぁ。

そして、衝撃的でおいしかったのが、Slow Water Cafeで売っていた、エクアドル・チョコレート・ジェラート。その場で唐辛子を上にトッピングしてくれ、これがうまかった。

エクアドル・チョコレート・ジェラート

のんびりとジェラートを食べていると、相方さんが、なにやら怪しげなものを発見。近づいてみると、なんと!マトリョミンーーーーー!なんと!まさか日本にあるとは。しかも、デュオでそれを演奏するアーティストがいるとは!ということでびっくりしたのは、東京マトリョミンという方々。

東京マトリョミン

しかもダブル使い!

非常に面白かった。

で、東京朝市を抜け、原宿の方にちょっと歩いていくと、なんと、「ラオス・フェスティバル」をやっているのを発見!ナイスタイミング!ということで、いざ食事。

DSC_0031

そこらじゅうからおいしそうなにおいがするので、迷いながらも、結局、バジルご飯とラオスラーメン(Pho)をたべた。うまい。本格的。

スパイシー・パッキーマオ

タイフェスほど混んでいないし、料理もちょっとかぶっているので、味を求めにフェスにいくなら、タイフェスよりこちらの方が断然おすすめ。

フェスをぬけ、そういやMBRでテントを買った方がいいと思ったのを思い出し、montbellへ。いろいろと店員さんに説明を聞いた。ムーンライトテント5型がよさそうだが、軽さとかを考え、3型か、はたまた、クロノスドーム2型かで悩む。別のお客さんと一緒にテントの組み立てを見ていたが、クロノスもわりと簡単そう。

そんな感じで、帰りに近所のアイツに挨拶をして家に戻った。

Cocoreccho.jpg

TGSからもどり、さっそく「Buu Buu Cocoreccho」をPSStoreで購入!

LocoRocoとは操作性はことなるものの、基本のゲーム性は同じ。はじめは操作にいらついたけど、慣れるとこれ面白い!まずは1回目は43匹というしょぼいスコアでクリア。順番にすすめるかぁ。

しばらく遊べそう!

今年も行ってきました、TGS
会場には、11:20頃に着いたんだけど、すでにかなりこみこみ。

Tokyo Game Show 2007
会場内はこんな感じ。

SonyComputerEntertainmentのブースはPS3のプレイアブルがとにかくいっぱい並んでいたし、MSのXBox360もかなりのゲームがかぶっていたのが印象的。楽しみなもの、多し。ラスト レムナントやってみたいなぁ。
あとは、携帯の解像度があがってきているためか、わりと携帯向けでも本格的なゲームが増えていた。あとは操作性かね。

物販もいろいろとみた。でも昨年に撮ったモンハンTシャツが個人的には一番よかったかなぁ。

コンバトラーV、発見。
コスプレの人も多かったが、この人が一番!・・・。

香蔵珈琲で豆200gを購入。

mbr.jpg

週末はMore Better Rehabへ。

総括としては、、、、、
・次回は絶対にテントとBBQ道具をもってくる。
・打楽器最高!
・空気、食べ物、場所、すべてにおいて、山梨最高!

天気は本当によく、たまに雲がでたものの、ほとんど晴れ。夜に寝転び空をみると、本当に、満天の星空という感じ。

出演者は以下。
--------------------------------------
[LIVE]
FLYING RHYTHMS
FREAKY MACHINE
KORACORA
VERMILION SANDS
THE DEAD PAN SPEAKERS
TURTLE ISLAND
らぞく

[DJ]
DISCHARGE(Abraham Cross)
HIROTH(Curandero)
KATSUHISA(Rife)
KAZ PRINCE(Distortion)
TOKKEY(Bitter Beat)
茗荷(金椿/Okayarlight)
--------------------------------------
土曜は、12時にK氏と待ち合わせということで、少し早めに起きて、もって行く珈琲を淹れたり、LightCap用の水を準備したり。12時ごろにK氏到着。ClubNintendoのCDを聞きながらいざ出発。
結局持って行ったのは、
・寝袋
・毛布
・ゴミ袋
・ティッシュ、ウエットティッシュ
・椅子
・ブルーシート
・珈琲

そして、中央道をひた走るも、大月近くにて、6km90分の渋滞情報を確認し、高速をおりて、下道で。そこはK氏の庭ということで、いろいろと案内してもらいながらすすむ。途中、巨峰の駅・牧丘にて葡萄をチェック。帰りによることを決意し、ちょっと先にある、道の駅・花かげの里まきおかのとなりにある、富士見茶屋いろりで、ほうとうを食べた。かぼちゃいっぱいでとてもうまい。景色も富士山がよく見えた。

再出発して、滑沢へ。途中、「DecoBocoAdventure」と題された悪路をすすみ、やっと到着するのはここ

車をとめて、荷物を運び、会場に入る。基本、ステージ以外はどこでもいいらしいので、場所を見つけ、シートをひき、確保。渋滞の影響で、出演順も変わっている様子。周りをみると、テント、テント、テント。今回は参加が400名に限定されているイベントだが、そのうちの9割以上がテントを持ってきている!しかも、みなそろって、テントの前で火をおこしBBQ。これはちょっとやられた。

日がくれる

そんなことはちょっと忘れて、ステージへ。まず、着いてやっていたのは、QuO。ラップトップによるリズムの上にスペーシーな音色をのせていくような音。面白い。これをみつつ、さっそく、入り口のところにあったお店で、生ビールを購入し、乾杯!うまい!こちらの昨年のメタモ同様にデポジット制。

次に、RabiRabi x Piko。カリンバやドラム、独自の打楽器に、神がかったボーカルが絡む。「Neo-Shamanistic Groove」と呼ばれているらしいが納得。純粋に気持ちよい。

RabiRabi

[YouTube]
http://jp.youtube.com/watch?v=dY-7pfbjrs0
http://jp.youtube.com/watch?v=2LIsydIvpz8
http://jp.youtube.com/watch?v=qfGw0cU-fWY

テンションもあがり、さらに、グラスワインと氷結。

続いて、亀島、TurtleIsland。ライブを見るのは下北沢ERA以来。和楽器のリズムに合わせてドンドンテンションが高まり、大爆発。またしてもやられました。ずっとニヤニヤしてた。タートルを今回のようにゆったりとした状態でみれたことが何よりもうれしい。すごいなぁ。

Turtle Island

[YouTube]
http://jp.youtube.com/watch?v=i00bKbRYbto
http://jp.youtube.com/watch?v=Uqlxz-Wspe8
http://jp.youtube.com/watch?v=doN9u04Xas0
http://jp.youtube.com/watch?v=OHLusFTIwTU

そして、Vermilion Sands。この時間には到着しているはずのH氏の姿が全く発見できずちょっと困ったが、何しろ携帯も圏外の場所なので、連絡のしようもなく。Vermilion Sandsは、いずれも有名な方々なので、演奏がすごかった。そして、ここらで、晩御飯に、タコライス。うまい。夜もふけ寒くなってきたので、寝袋&毛布をとりに車へ。行く途中の道は、完全に暗闇。上をみると、満天の星。この瞬間、とにかく最高だった。

この時間になると、まわりでは火で暖をとりはじめていて、これもうらやましかった。そうしているうちに、H氏到着。よく暗闇&でこぼこ道をバイクでこれたな、と感心。みんなでチャイを飲んだ。

食事を買います、ここで。

次は、Flying Rhythms。これは、パーカションvsドラムwithDubMix。すさまじいまでの気持ちよさ。セッティングしているときからただならぬ空気だったが、すごかった。

Flying Rhythms

[YouTube]
http://jp.youtube.com/watch?v=pg3sNU-wCis
http://jp.youtube.com/watch?v=AEQcKLGRnHQ

そして、Freaky Machine。あつい。このあたりで、最初にのんだ酒のつけがまわってきて、ダウン。

Peace!

もうろうとしている中、らぞくの音が聞こえ、めちゃくちゃかっこいいのだが、体がうごかずに、またもや眠りに落ちる。そして、しばらくすると、また、かっこいい音が。このときには酔いもさめ、絶好調。こんどはいてもたってもいられなくなり、ステージへ。The Dead Pan Speakers。恐ろしいまでの疾走感とブッといリズムと土臭さ。最高。このころにはすでに明るくなって来ていて、快晴。最初からみたかったなぁとちょっと後悔。

The Dead Pan Speakers

[YouTube]
http://jp.youtube.com/watch?v=ZlHpESaFC-c

DJの時間におかゆをたべて、ラスト、KoraCora。こちらも、パーカッションが気持ちよかった。

[YouTube]
http://jp.youtube.com/watch?v=8Ryld5hx8DY

そして、ラストDJのAbrahamCrossソージロー、a.k.a DJ Dischargeと久々の対面&挨拶をして、会場を後にした。

ろうそく

いやー、ほんとうにいいイベントだったなぁ。出演しバンドはもちろんだけど、規模感といい、天気といい、場所といい。Metamorphoseにはじめて行ったときのような楽しさだった。

会場をあとにして、せっかく山梨に来たので、ということで、昨日よった葡萄の直販所へ。ここでは巨峰が3房ぐらいで1000円だったりとやすいし、しかも実がみたこともないぐらいおおきい。ここではいろいろと悩んだ末に、緑色の実の翠峰を購入。

翠峰

そして温泉めざして、石和へ。観光所での情報より、結局いったのは、旅館喜仙。なかなか広い露天風呂でよかった。ただ、外はあまりにもいい天気で、入っているうちに体が熱いのは、湯にのぼせたのか、日光にあたっているためかがわからなくなった。足湯もかなり気持ちよかった。

そして昼ご飯は、近くの有名なほうとうの店、「小作」。かなりならんでいたけど、待ったかいがあり、濃厚な熟瓜ほうとうは量もおおく満足。

熟瓜ほうとう

山梨を堪能したところで、いざ家へ。3時間ぐらいで東京に到着。山梨って近いなぁ。満喫した土曜・日曜。

香蔵珈琲で豆200gを購入。
久々のピーベリー。

1周年

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日で結婚1周年。

記念の食事をGuccinaにて。

毎度の記念日がいつもここでコースを頼んでいるので、たまには単品注文をと思いのぞんだものの、コースメニューを見たとたんに、いい品揃えで一気に気分がかわり、今回もコースにて。

ワインはシラーっぽいスパイシーなものを、ということでお願いしたところ、3種類の選択肢があり、結局、トスカーナのものに。

Perlato del Bosco IGT Toscana 2004
Perlato del Bosco IGT Toscana 2004。

A blend of 70% Sangiovese, 25% Cabernet Sauvignon and 5% Syrah from the Perlato del Bosco vineyard

そして、食事は、おいしいものがひたすら続いた・・・。


ひとくち前菜5種盛り合わせ
ひとくち前菜5種盛り合わせ。

相場産・石カレイのカルパッチョ
相場産・石カレイのカルパッチョ。

4種チーズのパングラタン・グッチーナ風
4種チーズのパングラタン・グッチーナ風。

あさりとカラスミのスパゲッティー
あさりとカラスミのスパゲッティー。

自家製パンチェッタとエリンギのリゾット
自家製パンチェッタとエリンギのリゾット。

まとう鯛、バルサミコソース
まとう鯛、バルサミコソース。

DSC_0024
牛肉のなんとか・・・。

チーズ盛り合わせ
チーズ盛り合わせ。

・スカルモルツァ・アッフミカータ (燻製の匂いがいい)
・タルトフォカプラ (赤ワイン漬け)
Pecorino dei Monti Sibillini/ペコリーノ モンティシビリーニ

そして、デザート。

あと、エスプレッソ。

満足でおなかいっぱいの中、帰りました。旨すぎ。

マリッジリングをまだ買っていなかったので、「こりゃいかん」と思い、今日はマリッジリングの旅をしに銀座へ。

以前にみたところは「もくめがねや」と「Van Cleef & Arpel」、そしてその他、Cartier、Bvlgariなど、いわゆる有名ブランド店。もくめがねやは、個人的にはいまいちめざしている路線ではなく、Van Cleef & Arpel はエンゲージリングは最高なのだが、マリッジはシンプルすぎた。逆に、本当にピュアにいわゆるマリッジを求めているのなら最高なのかもしれないけど。

そんなわけで、今日はまずは、Cartier。ここのラニエール・コレクションがわりとよかったのだが、Cartierの文字は特にいらず・・。

次に、「」。ここはネットでもちょっと見ていたのだけど、種類が多い。また、京都発ということもあってか和のテイストがちょっと入っていて、面白い。店にて、結局、十数種類を試させてもらって、最終的に絞られたのは「無限」か「瑠璃」。ともに趣向が違う。「無限」は、意外なほど指にはまりびっくり。「瑠璃」は一番初めから目指していた方向性に近い。太いリングは指が太いため、かえって指を短く見せる気がするが、このリングではいいバランスを保つことができた。

次にBarneys NewYork。こちらにもブライダルのコーナーがあるので、リングをチェック。ひねりが少しはいってるシンプルなリングが一番人気らしく、それをつけさせてもらったところ、これもすごく指にフィットした。女性のタイプでダイヤ多目ののもあるので、それをあわせるもよし。他にもいろいろとつけたが、ここではこれが一番よかった。

次に、再度 Van Cleef & Arpel。ここは、いいのだが、個人的にはマリッジはやはり何度見ても違った。

なんとなく、以前に比べるとしぼられた感じ。ハイ・ジュエリーではないが、せっかく日本で買うのであれば「俄」がいい気もするし、あきないデザインのような気もしている。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。