2008年1月アーカイブ

朝7時におき、チェックアウトの準備。
機内に持ち込むものと預けるものをわけ、バスにのっていざ成田。
成田では両家の両親と会社の皆様に見送られ、いざ出発。

45分ほど送れての離陸。

飛行機の中はかなり快適。時間的に、現地時間で朝の5時に出発なので、基本的におきっぱなし。

SASで一番感動したのは食事の時。

DSC_0634

食事自体もなかなかうまかったし、ワインもいいものがそろっていた。
・Aster, Ribera Del Duero, Riserva 2000 [赤]
・Cline, Ancient Vines, Zinfandel 2005 [赤]
・Cockburn's Late Bottled Vintage (ポートワイン)
・1999 Chateau Romer du Hayot, Sauternes, France (デザートワイン)

そして、スカンジナビアを象徴するように、器はすべてRoyal Copenhagen, ガラスはOrrefors, ナイフ・フォークの銀製品はGeorg Jensen といいもの揃い。

ガラスはすべて、Orrefors!

さらに、意図的かどうかはわからないけど、トイレが窓側にありかつ窓がついているので、夜明けとか雲海を見ながらトイレにいけるというなんともゴージャスな体験がで

きた。SAS、個人的にはかなり満足。唯一の欠点は、映画で日本語字幕、もしくは日本語吹き替えになってるものが少し少ないことか?

空港に着くと、同僚のI氏に遭遇。奥さんが本日戻ってこられるとか。こちらはタクシーが待っていたので、それにのり、ホテルへ。

ホテルへチェックイン後、外に出かけ、少しショッピング。REA(セール)になっていたので、いろいろなものが手ごろな価格に。さらに、街中にはいまだに少しクリスマスのイルミネーションも残り、きれい。

クリスマスの飾りが残るメインストリート

晩御飯はいろいろとみたものの、日曜ということもありしまっているところも多く、結局マクドナルドになってしまった。残念・・・。

帰りに、国営の酒屋にて、ポートワインを購入。機内で飲んであまりにもおいしかったので。
・KOPKE Bridge Fine Ruby Porto (55 SEK)

ポートワイン

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2007/12/05)
売り上げランキング: 169

出演: ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ステラン・スカルスゲールド
監督: ゴア・ヴァービンスキー

いまさらながらやっと見た3部作の最後。
はじめのうちは、前回の内容を忘れていたり、いろいろな思惑が絡み合いすぎて訳がわからなかったけど、とちゅうから理解。

いろいろと考えながらみつつも、やっぱり面白い。最後の決戦のシーンとか、爆破のなかゆっくり階段を降りていくシーンとか、すばらしい。

でも、ジャック・スパロウは1作目が一番かっこいいかな。

出発前日は、のんびりと・・・。

というのも昨日はちょっとゲーム三昧・・・。「勇者のくせになまいきだ」、先日、表面をクリアしたので、昨晩は裏に挑戦。すると一度でクリア!すげー。ポイントはやはり、マスタートカーゲか?

さて、振り返ると今日も暴飲暴食。

昼近くに起き、王様のブランチを見ながら準備。

車を運転して、三茶に行き、駐車場にとめて、最後に家にもう一度。

ラスト三茶定点観測は雨・・・。
ラストに撮影の定点観測はちょっと曇り&暗かった。

そして電車で銀座へ移動し、昼ごはんは「登亭」でうな丼と肝吸いのセット。

銀座 登亭 うな丼と肝すい

Roasted Eel Lever
隣の人が頼んでいたので、ついでに肝焼きも。

うまい、うまい。次にうなぎを食べるのは、燻製うなぎかな?

そして、ちょっと必要な小物を買った後、休憩で「鹿乃子」へ。

梅あんみつ

栗ぜんざい

梅あんみつと栗ぜんざい。栗ぜんざいは餅入り。うまい、濃厚な餡がうますぎる。梅あんみつもさっぱり。なにより、寒天がうまい。

そして、本屋などにより、ホテルへ戻り、夕食を食べにデリ坊食堂へ。

レバニラ@デリ坊食堂

唐揚げ&生姜焼き@デリ坊食堂

ラスト夕食に、定食と玉子かけご飯、というのは、らしくてよかったのではないかな?

さて明日いよいよ出発。早めに手荷物の際パッキングをして寝るか。

本日は引越しの日。
昨晩は、3:30まで頑張り、そこそこ荷物もまとまり、今日は6時起き。
の、つもりが、気づくと目覚ましを止めていて、7:30。
焦って準備をして、再度片付けを開始。
もはや梱包はまかせるつもりで、航空便、船便、国内便、そのまま、の分類に専念。
あと、持って行くスーツケース(大×2、小×2)のパッキング。ちゃんとひとつが制限重量以下になるようにしないと。

業者の方はやっぱりプロで到着するや否や、すさまじいいスピードで梱包。
9時に開始し、10:30には梱包は終了。その後、こちらは内容物のリスト記入や署名、承認など。終了は12時ぐらい。実にすばやい。
今回もたまたま近くに座っていた近所のネコと一緒に荷物を見送り、すぐに家の掃除。途中、休憩しつつお菓子をたべ、また掃除、洗濯、ゴミ捨て、パッキング。

そしてちらりと家をでて香蔵珈琲で、豆を挽いてもらい、ペーパーのネルもどきフィルターを購入。これで、当分は珈琲が楽しめる。

最後に家に挨拶をし、車でホテルへ。

実はまだ最終的な辞令がおりておらず、やっと今日の夕方に書類が完成するということで、会社へ行き、書類にサイン。でも、到着当日のホテルやテンポラリーハウスや車の手配がまだみたい・・・。

会社から戻り、車を飛ばし向かったのは、「ホワイト餃子 亀有店」。久々だが、どうしても食べたかった!で、40個注文。もちろん、マヨネーズも大盛り。結果的には35個でちょうどよかった。

ホワイト餃子 40個

家にもどり、再度人事と電話。なんとかうまく週末に手配してくれるみたい・・・・。

最後の香蔵珈琲での購入。
豆挽きを荷物で送ってしまったので、
前回の購入分を挽いてもらったのと、さらに粉200gを購入。

初めて、女性の店員さんだった。

引越しも明日にせまり、残りの食事も少なくなってきた。
やはり、ここらで、山手ラーメン。

山手

海鮮とゆき。ここはとにかく麺の感触が最強。そしてゆきの独特の味と海鮮の濃厚な熟成感。
あまりにも最強すぎて、追加麺。

海鮮 ラーメン
海鮮 ラーメン:見た目ほどは辛くはない。干しえび、ブランデー、貝柱などがとてもいいダシを出している!

ゆき ラーメン
ゆき:定番。最強。ねぎのトッピングもよし。

あっという間に二人で食べ終わり、「うまかったねー!」を連発しながら帰宅。
ああ、満足。

■ 北欧 (あたらしい教科書 12)

北欧 (あたらしい教科書 12)
あたらしい教科書編集部
プチグラパブリッシング (2007/05)
売り上げランキング: 34672

北欧の国々を理解するための入門本として、とても面白かった。裏にある概念、北欧神話、福祉、各国の歴史などがおおまかに理解できる。ここから、次に興味のある分野の本を買う形かな?戻ってくるまでに、これぐらいのことは書けるようになっていたいな、と。


■ 東洋経済 1月12日号

touyoukeizai.jpg

まだ読んでいる途中だけど、「経済成長を望むなら、”平等”を犠牲にしなければならない」という概念は実はそんなことはなく、GDPの高い伸びを示している国々は、平等性を図るひとつの基準であるジニ計数が低い国々(所得の平等性の高い国々)である、ということから「格差なき成長は可能」という結論を論じている。
なかなか興味深い数字が多く、現地で実際に身をもって体験してみようと思う。

ちなみに、この本、TSUTAYA Book Storeでは売り切れだったので、駅の売店で購入。

日本出発まで、ラスト数日。

なんで、思い出の食を食べつくし中。

7日
若干調子が悪い中、三軒茶屋の「東京餃子楼」。焼き餃子、水餃子、キャベツときゅうりで!


------------------------
8日
昔から何かとけじめの日によっていた「のらや」。今回も引越しが近いので。
もちろん三昧セット!

きつね釜揚げ
きつね、釜揚げ
ざるDSC_0333
ざる、のらや


------------------------
9日
昼は、何度も食べたデリバリーのカレー、ハベリ。
ここのナンがうまい!

ハベリのバターチキンカレーハベリのナン

そして、夜はベスト・オブ・寿司、門前仲町の「すし処 匠」。

今日も人でいっぱい。会社帰りに一人で立ち寄るビジネスマンも多い。

トロほうぼう
金目昆布〆たいら貝
白えびヒラメ昆布〆
寒ブリ真アジ
バフンウニつぶきゅう、ねぎとろ、いかしそ
あなご(タレ)かわはぎ
いくら(ルビー)さより皮

順番に:
トロ、ほうぼう
金目昆布〆、たいら貝
白えび、ヒラメ昆布〆
寒ブリ、真アジ
バフンウニ、巻物3種
あなご、かわはぎ、
いくら、さより皮

カトちゃん、一時帰国の際にはまた寄ります!

香蔵珈琲で豆200gを購入。
店主のおすすめ。少し高いけど、確かにおいしいかった!

今日は朝から一日掃除と整理。
ご飯も食べず・・・・。

夕方に、ご飯を食べにSalvatoreCuomoへ。

DSC_0290
D.O.C

DSC_0293
ゴルゴンゾーラ

D.O.Cの方が賞を取ったらしいが、個人的にはゴルゴンゾーラの方がうまかった。激ウマ。
そして、アクティのメタセコイアに挨拶をして、ぶらぶらと帰った。

DSC_0297
アクティからの夜景

DSC_0284
三茶らしい氷屋

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。