北欧関連の本

| | コメント(0) | トラックバック(0)

■ 北欧 (あたらしい教科書 12)

北欧 (あたらしい教科書 12)
あたらしい教科書編集部
プチグラパブリッシング (2007/05)
売り上げランキング: 34672

北欧の国々を理解するための入門本として、とても面白かった。裏にある概念、北欧神話、福祉、各国の歴史などがおおまかに理解できる。ここから、次に興味のある分野の本を買う形かな?戻ってくるまでに、これぐらいのことは書けるようになっていたいな、と。


■ 東洋経済 1月12日号

touyoukeizai.jpg

まだ読んでいる途中だけど、「経済成長を望むなら、”平等”を犠牲にしなければならない」という概念は実はそんなことはなく、GDPの高い伸びを示している国々は、平等性を図るひとつの基準であるジニ計数が低い国々(所得の平等性の高い国々)である、ということから「格差なき成長は可能」という結論を論じている。
なかなか興味深い数字が多く、現地で実際に身をもって体験してみようと思う。

ちなみに、この本、TSUTAYA Book Storeでは売り切れだったので、駅の売店で購入。

食い納め、匠納め! << | >> 山手ラーメン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 北欧関連の本

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1017

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年1月10日 00:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食い納め、匠納め!」です。

次のブログ記事は「山手ラーメン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。