魚と海と橋と夕焼け

| | コメント(0) | トラックバック(0)

かなり充実の土曜日!
やりきった!

朝ご飯の後に、Easterの予約。
初の連休は、アイスランドのNorthern Light Innへ。Blue Lagoonの近くに唯一あるホテルらしく、オーロラも見れるとか。
いろいろな人に情報を聞き、思い切って宿に予約の電話をかけ、結果、当初予定していた3泊は無理だったが2泊分は取れた。その後、先輩に教わったExpediaにてフライトを予約。完了!

そして、先日教えてもらった、Limhamnの魚屋へ行くことにして、車でドライブ。店の前にとめて、港を散歩。

DSC_1293

いろいろな漁船が止まっていたり、プライベートのクルーザーがとまっていたりして、なかなか楽しい。そろそろ暖かくなってきたためか、船の手入れをしえいる人もおおかった。

歩いているうちにお腹が減ってきたので、目当てのLimhamns Fiskrökeri へ。

Fiskrökeri外観

Fiskrökeriの中

魚のマーケットにEatInがある店。しかし、大人気でいる間も行列が絶えることがなかった。Laxがサーモンであることは勉強済みだったけど、いまいちメニューが読めず、結局、指差しにて購入。
温燻製サーモンと冷燻製サーモン。どちらもなかなか新鮮でうまかった。

ピリ辛スモークサーモン、マスタードソースとポテトサラダ

さらに、うまいと聞いていたsödervidingeのHård Kavringを購入。ずっしりパン。
食後の腹ごなしに、Limhamnの街の中心を散歩。小さい街だけど、ここはここで面白い。SystemBolaget(国営酒屋)を発見したので、せっかくだから、酒を購入。
・Rioja Navajas Crianza 2004 (赤ワイン、スペイン)
・Solbacka (さくらんぼワイン、スウェーデン)

そして、インテリアショップなどへ。ピンクの蓋付きの洗濯機が面白かった。調べてみると、SMEGというイタリアのインテリア家電メーカーらしい。

洗濯機

そのまま歩いて海までもどると、ちょうどマルメとコペンハーゲンをつなぐオーレンス大橋が見えるスポットへ。ここはすごく雄大で、気持ちがよかった。白鳥もいっぱい。

オーレスン大橋が彼方に。

さらにönの方に行き、さらに海が広がっている場所へ。ここは実はこちらの人から教えてもらっていたパーマネントハウスの候補地のひとつだったけど、よく考えるとTurningTorsoが見えないので、うちの方がいいかな。

次に、先日のトラウマを引きずりつつも、いい加減、ということで洗車へ。ちゃんと正しい方から入れば手順は簡単。無事きれいになり、ガラス用の撥水コーティングも塗った。

そして、Maxiの買い物もかねて、Västra Hamnen へ。ここは再開発の地域で、デザイナーズっぽいマンションが最近いっぱい建っている場所。とてもセンスがいい。会社の独身の人たちの多くがここに住んでいるみたい。海に入る場所や、思いっきり日光を浴びることのできるデッキなど、いろいろある。ここからもオーレンス大橋が見えるし、270°海という光景も。

DSC_1370

DSC_1376

DSC_1396

一歩中に入ると、さらに様々な形や色の家が建っていて、みていてあきない。さらに家の中も丸見えなので、インテリアの勉強になる。

DSC_1409

歩いてMaxiへ戻り、買い物。今回はパテを買ってみた。
Gräddpastej Svensk Kötträvaraといういやつ。
Maxiからでると、空の色が大変なことに!急いで港の方に走ってもどり、夕日の写真を。夕日に浮かぶオーレンス大橋が本当にきれいだった。

Sunset & the Bridge

充実な一日だぁ。疲れた。

郵便局のチラシ << | >> 鳥と城とドラケン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 魚と海と橋と夕焼け

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1054

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年2月 9日 21:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郵便局のチラシ」です。

次のブログ記事は「鳥と城とドラケン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。