鳥と城とドラケン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日も晴れていたので、散歩な一日にすることに。

空もきれい

まずは家の前の海岸沿いを散歩。以前はいけなかった桟橋も通行できるようになっていたので、端まで歩いてみた。ここら辺の海は浅瀬で、昨日も驚いたのだけど、すごく水が綺麗で透明度が高い。ま、水は冷たいのだろうけど・・・。

桟橋の端にサウナハウスがあったり、レストランがあったり、と夏に向けてが楽しみな場所をいっぱい発見。また、海岸に沿って自転車道や犬の散歩道やらがあり、面白い。快晴ということで、散歩に出ている人も多かった。

途中で、海岸から少し陸の方の道に入り、池の周りを散歩。ここは前から気になっていたのだけど、とにかく鳥が多い。そして、人間を気にもせずに我が物顔で歩いている。まあ、危害を加えるわけではないから、これはこれでいいのだけど。

鳥いっぱい

そして、そのままMalmöhus(マルメ城)の方へさらに散歩することに。手前にあるTekniska Sjöfartsmuseet(技術海洋博物館)から入り、工業技術の展示をみた。ここで、行く前に教わっていたSAABのDrakenの実機に初対面!すげー。でもでかすぎて、全体の形を把握できず・・・。Drakenのフライトシュミレーターもあったけど、これは故障中・・・・。SAABの本社が昔Malmöにあったらしいから、展示しているのかな?上からみたデザインがかっこいい。

Saab Draken @ Tekniska Sjöfartsmuseet

Saab Draken J35 Flight Sumilator!

そして、そのまま下の階でバイクやら車やらの歴史をみて、ここではBMWのIsettaとSAABの昔の92がよかった。そして、再度1階で今度は潜水艦U30の中へ。これもあまりできない体験。

BMW Isetta

潜水艦U30内部

そして、科学技術館的なものがある2階へ。いわゆる実験系の展示があるのだけど、それもいろいろと体験できて面白かった。

次に歩いてMalmöhusへ。

マルメ城

ここは王様から囚人までが住んだといわれる場所。1434年に創建され、17世紀までは王室の別荘、19世紀には牢獄として使われていたらしい。なので、王室的な展示もあれば、なかなか凄みのある牢獄や虐殺系の展示もあり。さらに、動物園(昆虫と蛇、リス、トカゲ、こうもり、魚など)や自然科学博物館、さらには美術館も中にある。本日は「Houses of Memory 」という展示をやっていたが、現代美術はいろいろと東京でみてきたものの、これはさっぱり意味がわからず・・・。また、この展示が唐突にかわるので(自然史の次に現代アート、そして、城の歴史・・・)、なかなか脳みそが疲れた。あと、チャペルが綺麗だった。

チャペル的なところ

ここのカフェではサンドウィッチとケーキ、マフィンを食べた。スィーツはなかなかおいしかった。

そのままマルメ市内へ行き、散歩。でもやっぱり日曜なので店はほとんど閉まっているため、1周して、帰ることに。

帰りはMalmöhusの裏の公園を通って、風車を見ながら。今日も綺麗な夕焼けが見れて満足。

夕焼け w/ 飛行機雲

魚と海と橋と夕焼け << | >> ガソリンの値段がおかしい件

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鳥と城とドラケン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1055

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年2月10日 20:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「魚と海と橋と夕焼け」です。

次のブログ記事は「ガソリンの値段がおかしい件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。