Iceland Day2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

若干、品数のすくない朝食ビュッフェ。でも、自家製のジャムがうまい。実もゴロゴロ入っていた。

今日は名所観光の一日。名所を一日かけて回るツアーに申し込めば、多くの場所に楽に行けるのだが、それだと、本当に地理感というか、土地感というかをいまいち体験できないだろうし、なにより気になる景色があったら、途中で止まって外にでて撮影したいもの。なので、自分で運転することに。

あいにくの曇り空だけど、まずは、南下し、Reykjavík半島の逆側の海岸線に出ることに。溶岩台地を走り、丘をこえ、Grindavíkの街へ。小さな町だけど、趣がある。馬もいっぱい。

DSC_2528

Grindavikからの海岸線

だが、今日は他にもいっぱい行くところがあるので、海岸にでたところで、引き返し、再度、BlueLagoonの方へ走り、Reykjavíkへ。こちらも溶岩台地の海岸線をずーっと走る。ホテルからはおおよそ50km。アイスランドの首都だけあって、確かに人は多そう。そして、Reykjavíkを抜けたあたりで、ふと思い立ち、郊外にある、アイスランドウールのセーターなどが有名なÁlafossへ。

Alafoss Knitting Factory

Alafoss Knitting Factory

市内にも店舗があるみたいなんだけど、こちらはKnitting Factory兼Outlet。なので、市内より15-20%ぐらい安いらしく、品揃えも豊富、さらにÁlafoss Lopiという毛糸もいっぱい置いてある。そしてなにより、ここの叔父さんがなんとも言えずにいい!毛糸もアドバイスをしてくれた。結局、セーターを二人分と毛糸を12玉を購入。それでも全然やすくて、さらにTaxFreeで出国時にお金がもどってくるのでお得。

店をあとにして、車で運転することしばし。何回も路肩に車をとめて写真を撮ったり。そしてふと気づくと、周りはいつしか雪原に・・・。

DSC_2557

ちょっとした丘の上はすぐに空。

ついに雪原・・・。

遠くの湖も凍っている

湖もでてきたけど、やはり凍っている。

DSC_2587

本当に雄大な光景。遠近感、サイズ感がまったくわからん。

そのうちに、「観光」マークが出てきたのでよってみるとKeriðという火口湖だった。

Kerið

さらにひたすすむとガソリンスタンドを発見。まだ半分以上は入っているのだが、次のガソリンスタンドは目的地のところなので、とりあえず、ここで満タンにしておくことに。ついでにおやつとホットドッグも購入。ここのレジのお姉さんは、いわゆるアイスランド美人だった。

ガソリン補給

そして、さらにひたはしり、第一の目的地、Geysirという間欠泉地帯に。

DSC_2606

ここにはいくつか間欠泉があるのだけど、どうやら活動的なのは、1、2個ぐらいらしい。そのうちの一つが5-10分間隔で吹き上げるので、それを何回か観察。高くあがるときもあれば、穏やかなときもあり。でも、YellowStoneの方がすごかったかもー。

そして、次の目的地に向かって再度ドライブ。ここは15kmぐらいなので、すぐに到着。Gulfossという、圧倒的な水量とスケール感で流れ落ちる滝。これは本当にやばかったなぁ。

DSC_2632

逆側から

DSC_2642

雪道を下ってかなり近くまでおりることができた。水の青さと雪の白さがグレーの空と重なり、不思議な空間でした。ほんとすごかった。

一通り感動したところで、暗くなる前に戻る事に。本当は氷河も行きたかったけど、さらに250kmぐらい先なので、無理。帰りは帰りで別ルートだったので、また景色を楽しむことができた。

決して高い場所にいるわけではないけど

帰りに、せっかくReykjavíkを通るのだからよってご飯でも食べていくかということで、街の中心へ。

Reykjavikのメインストリート

しかし、もちろんEasterということで、ほとんどの店が休み。ざんねーん。せっかく 66°North とか Cintamani とかのアウトドア用品をみたかったのだが。あと、本屋の中にCDが少し売っていて、GhostigitalやらアイスランドローカルアーティストのCDもあったのだが、視聴ができなかったので購入を断念・・。腹がへったので、晩御飯を店を探し、にぎわっていたKaffi Sólonへ。夜はイベントとかもやっているみたい。ここではチキンとサーモンのサラダを注文。なかなかおいしかった。

Kaffi Sólon

チキンのBBQ

その後、市内を少し散歩。ついでにアイスランドの国営酒屋でビールを購入。しかし、この街は落書きがおおいなぁ。

DSC_2689

やや暗くなってきたので、戻ることに。ホテルまでの道をまたひた走る。

宿に着き、今日こそは!ということでオーロラ観測準備。しかしやっぱり曇りの空・・・。ところが、なかなか見えない中、なんか少し明るくなっているところが?と思ってみていると、みるみるその明るい場所の形がかわっていった!これがオーロラかぁ!と。雲の向こうなので、はっきりとしたのはみえないけど、写真を何枚か撮ってみることに。すると見事に撮影成功!(ボケボケだけど)

しかし、やはり、弱く薄いので緑なのはほとんどわからなく、撮影してやっと判断できるといった具合。ところが!しばらくみていると、たてに緑のカーテンのようなものが揺らめきだし、ウネウネと!ついにちゃんとした強いオーロラ、見ることができました!でもこれは10秒ぐらいで終了。やはりやや季節はずれなのかなぁ?

Northern Light 1

Northern Light 2

Northern Light 3

Northern Light 4

Northern Light 5

でも、目的は達成できたので、満足。
あと、一度これがオーロラかぁと言うのがわかるとその後の発見はかなり早いこともわかった。

そんなわけで、オーロラを見ながらのビールでほどほどによい、気持ちよくねむれました。

Iceland Day1 << | >> Iceland Day3

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Iceland Day2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1075

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年3月22日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Iceland Day1」です。

次のブログ記事は「Iceland Day3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。