コペンで街歩き

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日はこちらにきてから初めてのコペン。
橋をわたってすぐで1時間もあればいけるのだが、不思議と1回目。
去年の10月に一度短期で来たときに行った以来。

なので、朝早くから行こうと思っていたのだけど、家を出るのは11時ごろに。
のんびりとバスにのり中央駅に行って、カードにチャージ。そして電車で橋を越え、デンマークのコペンハーゲンへ。

今回のメインの目的はショッピング。普段Malmöではどうしても買えるものがちょっと限られてしまうので。

まずは中央通り沿いに歩き、Illums Bolighus へ。ここでの目的はソファー。だけど、デザイン的にいいものはあるけど、すわり心地とか、頭までもたれられるようなものとかを注意すると、いまいちこれといったものがなく。ILVAのやつが一番いいのかなぁ。書斎におきたいと思ったBruno MathssonPernillaはすばらしかったので、いつかはーと思うけど、合計で50万・・・。Bruno Mathssonってスウェーデンのデザイナーだったんだ。Illumsにああったのは、Pernillaの革張りのもので、座ってみたら、本当に心地がよく、ついつい目を閉じてしまった。すばらしい。

次に、KATOのフリーペーパーに載っていた、コペンで唯一KATOデニムを扱っている店「PEDE & STOFFER」に。しかし、残念ながら今回は発見できず。でも、かなりいいセレクトショップで小さめの服も多かったので、コペンに来たときにはここにはよりそう。

PEDE & STOFFER

あとはひたすら裏道を散歩。

コペンの街並み2

デンマークは自転車の国でもあるので、面白い自転車もいっぱい。

DSC_3212

Manga屋によってみたり、手芸屋にいったり。

そのうち腹が減り、ピザを。Pizza Italia という、StrongItalianSalamiがのったピザはうまかった!

DSC_3216

そして、さらに、コペンの空港で見つけ、その後Malmöで探したけどみつけられなかったデッキシューズを購入。派手な柄のはなかなかスウェーデンではまだ少ない。もうちょっとするとでてくるのかな?

たいがい歩いて歩きつかれ、紅茶屋へ。デンマーク王室御用達の店、「A.C. Perch's Thehandel」。創業は1835年とか。狭い店内には一面に茶葉の容器が並べられていて、注文するとその場で天秤をつかって量り売りをしてくれる。しかも、ブレンドをおねがいすると、その場でブレンド。今回は、王道のEarlGrayのハウスブレンドとフレーバーティーのマンゴーを購入。日本にも支店があるみたい。

マンゴーとハウスブレンドのEarlGrey

夜になり、頭痛でしばし苦しむも、本を読むことに。京極夏彦の「どすこい。」を読んでいたら、「すべてがFになる」のパロディに遭遇。そういやうちにあったなと思い、そっちを読むことに。

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 << | >> すべてがFになる

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コペンで街歩き

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1084

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年4月12日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」です。

次のブログ記事は「すべてがFになる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。