Stockholm Day2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

朝から曇り。
ボートツアーをホテルから申し込むも、フロントの手配間違いか、日にちが今日ではなく明日に・・・。なので、11:00のはあきらめ、12:00開始のツアーに。急に空き時間ができたので、乗り場近くのNKへ。昨日きたときはすでに閉店していたが、今日はやっと入れた。

高級スーパー NK

ここは、日本でいうところの松屋銀座のような高級スーパー。今回のお目当ては、Tretornのスニーカー。無事にここで発見できたが、シンプルなもの3種類しかなく、ちょっといまいち。路面店はないのかな。

さらに、王立公園脇のSt. Eugenia Kyrkaにも入ってみた。なかなか光の入り具合が綺麗な教会。とても静かな空間。

St. Eugenia Kyrka

そうこうぶらついているうちに、12:00になったので、ツアー乗り場へ。少し人が並んでいたが、なんとか前の方に。船の中では進行方向右側の窓側。左も面白そうだったが、個人的には右側でよかったなぁ。

DSC_3711

今回乗ったのは「Under the Bridges」という、Stockholm内の15の橋、2つの水門をすすむツアー。一度は水門を体験して見たかったけど、まさかStockholmで体験できるとは!日本語のアナウンスも流れるので、ヘッドホンでそれを聞きながらツアー。若干小雨だけど、大丈夫。Stockholmの主な島の周りを回ってくれるので、各島の特徴とかどのような地域かなどがわかり、とてもよかった。メーラレン湖から水門をくぐり50cmあがったバルト海へ、そして、再び水門をくぐり、50cm低いメーラレン湖へ戻ってくる。まさかバルト海に行くとは思いもよらなかった。

Strandvägen

DSC_3739

クレーンがキリン!

DSC_3754

さらに、このツアー中の日本語のアナウンスも最高。「(言い間違えた後)あ・・・チッ。(もう一度言いなおし)」とかの間違いや、「昔は、いや今も老人ホームとして使われている~」など、微妙な表現あり。不思議ーな感じ。

ツアーの後は空も少し晴れ、橋を渡り旧市街ガムラ・スタンへ。

路地

狭い路地に沿って家が趣のある家がいっぱい建っている。ここではまずはノーベル博物館へ。アルフレッド・ノベルはストックホルム出身。そのためか、ノーベル賞(平和賞以外)の受賞式はここStockholmで行われるし、ノーベル賞の博物館もある。今回はノーベル賞に関連するテーマでアートをした作品が展示されていた。また、上にはレールにそって、過去の授与者のパネルが延々と流れていて、すごく多いことをはじめてしった。

ノーベル賞受賞者のパネルが回る

ついでに、授賞式の晩餐会ででるデザートと同じアイスも食べた。かなりうまい。

アイス

その後さらに裏路地を散歩。

路地

途中で入った「Ekovaruhuset」というオーガニックコットンの洋服を扱う店がよかった。特に< a href="http://www.zionclothing.se/">ZIONというブランド。BAOBABと言う木からマイクが生えているTシャツがよかったんだけど、Sでもでかいんだよなぁ。Swedenではそんなことばかり。

ついでに王宮をみて、ガムラ・スタンを後に。歩いて橋をわたり、続いてSödermalm島へ。ここではメインストリートのGötagatan沿いを歩き、10Gruppenへ。デザインと質感は好きなんだけど、いい形のバッグがなく断念。少し雨も強くなってきたので、カフェ探し。カフェ本をみたところ、Chokladfabrikenというチョコレート工場併設のカフェがあるというので、ちょっと遠いけど歩いてそこまで。チョコの種類も多いけど、チョコレートケーキとホットチョコの種類の多さにびっくり。

Chokladfabrikenのホットチョコ

その後、Götagatanをひたすら南に下り散歩。奥さんはLQISTという個人デザイナーさんが経営している服屋で一点もののワンピースを購入。

そして、いい加減お腹が減ったのでIndiraで晩御飯。とてもおいしいカレー。

晩御飯のカレー

歩きすぎたことを反省して、帰りは地下鉄で帰り早めに寝た。

Stockholm Day1 << | >> Stockholm Day3

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Stockholm Day2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1096

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年5月 2日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Stockholm Day1」です。

次のブログ記事は「Stockholm Day3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。