ガラスの王国と世界遺産をめぐる旅 Day1

| | コメント(2) | トラックバック(0)

今日金曜はMidSummerEveなので、休日。ということで、3連休を利用してスウェーデンの「ガラスの王国」と呼ばれる、工房が集中している地域を車でまわってみることに。月曜あたりに計画開始、急いでExpediaで予約し、無事ホテルをおさえられた。

[ Malmö - Växjö ]

さて、なんだかんだで昨日までの疲れがあまり取れず、少し遅めの出だしで出発。今日の目的地はVäxjö。まずは今日スタート地点に着いて、明日は工房めぐりという狙い。今回とったルートはE23で北上し、途中から23というややローカルな道に入り、あとはひたすらVäxjöへ。

天気の方はやや不安定で、晴れていたかと思えば大雨になり、曇りになりといった感じ。基本は曇りか。

23を北上していると、Osbyにて、巨大なBRIOのオブジェを発見。

BRIOの里、Osby

どうやら、ここOsbyにはBRIOの博物館があるらしい。かなり興味があり魅かれるも、本日は休み。しょうがなく、ツーリストインフォメーションの建物で一休憩後、出発。

しばらく進むと、今度はIKEAのスウェーデン本社(?)らしきものを発見。意外に素朴な建物だけど、その前の通りはIKEAgatan、前にIKEA店舗とIKEA Hotelという、完全にIKEAな区画になっていた。

IKEA本社

IKEA通り

他にも、湖に面した教会などによりつつすすみ、Växjöに到着したのは17:00頃。ホテルにチェックインし、街がガラーンとしていることに気づき、フロントにきいてみると、Mid Summer Eveだから店は全部休みとのこと。そして、明日はMid Summer当日なので、さらに休みかも、と。そりゃ参ったということで、実際に確かめるべく街へ。

で、実際、店はあいていないどころか、車も通っていない、人も観光客しか歩いていない状態・・・。これには本当にびっくりした。マクドナルドでさえ閉まっている・・・。かと言ってホテルの中で休んでいるのも勿体無いので、街観光へ。まずはVäxjö Cathedralへ。

DSC_5314

さすがガラス王国の入り口の街、Växjöの教会だけあり、ガラスのオブジェがあったり、ステンドグラスが綺麗だったり、祭壇がガラス製だったり。スウェーデンの教会は本当にモダンなデザインのものが多いなぁと改めて思った。

ガラス製の祭壇
ステンドガラス

スウェーデンに来て思ったこと。(スウェーデンだけではなくヨーロッパ全般だろうけど)どの街にも、どのような小さな村にも必ず教会がある。しかも中心にあり、たいてい誰かいるので地域に根付いている気がする。そして、どの教会も、その教会独特の雰囲気があり、装飾があり、とても面白い。そんな理由からか、いつしか旅行をすると、その地域の教会を見るようになっていた。(今回のVäxjöの教会もすごいけど、アイスランドの教会とかも、かなり独特。)

さて、教会の裏にまわると、紀元前1000年にバイキングが彫ったと見られる、ルーン文字の碑が。面白い文字の書き方だ。

ルーン文字の碑

それでもまだ時間があったので、Växjöの街の北端にあるSlottsruinへ。これはかつて砦として使用されていた古城の跡。湖に面して建っていて、隣は森というとても綺麗な場所にある。

Kronoberg Slottsruin

中は草が生え放題の廃墟なんだけど、ちゃんと昔の台所のあとに釜が残っていたり、砲台のあとがあったりと、妙に生々しい。その後、湖沿いに南下。途中、MidSummerPoleを発見。

Mid Summer Pole

SwedenのMidSummerに欠かせないアイテムで、この周りで踊ったりするらしい。明日に向けて準備中。その後、ガラス博物館に向かうも、MidSummerEveなので休館。残念。一度街にもどり、再度真剣に晩御飯を食べるべく開いている店を探した。すると、1件、ピザ屋がやっていたので、急いでそこに。どうやらVäxjö中の観光客がここに来ているみたい。

晩御飯の後に、夕日でも見に行くかということで、西の方へ。このときに初めて気づいたのだけど、Växjöの街は本当に湖に囲まれている。南西の浜辺のようなところに向かって走っていると迷子になりそのうちに激しい天気雨に。雨があがりかけのときに空をみると、綺麗に虹が2重にでていた。この距離でアーチがほとんどみえるのも珍しい。

2重の虹

地図で再度場所を確認。そして、道無き道と虫の群れをつきすすみ、到着した場所は少し南すぎて太陽が見えなかった。なので、再度地図でスポットを探して、今度は北上。やや北西の浜辺をめざした。

結果的にたどり着いた場所は、ややプライベートビーチのような場所で、角度もばっちり。しかし、日が沈むまでにはまだまだ時間があり、しかも、雲も出てきたので帰ることに。でも、水と鳥の鳴き声しかしない、とてもゆったりと時間が流れる場所を発見できたので満足。

たどり着いた湖岸

夕日をめざして

その後ホテルに戻りすぐに爆睡。

図書館戦争 << | >> ガラスの王国と世界遺産をめぐる旅 Day2

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ガラスの王国と世界遺産をめぐる旅 Day1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1129

コメント(2)

やっぱり、車が運転できると行動範囲が広がるし効率的に旅ができていいですね。
私は免許を持っていないので憧れます。

IKEA第1号店のあるÄLMHULTは、街の人口の半数がIKEA関連の仕事に就いているんだそうです。(IKEAファンブックより)
それにしてもVäxjöの教会はすごくキレイですね!
ガラスの王国だからといって無理矢理な感じがしないし、もう単純にかっこいいです。


スウェーデン、やはり車は必須です!バスも充実しているのですが、やはり、車が便利。

教会はなんかその街の特徴がでていて、とても好きなのです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年6月20日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「図書館戦争」です。

次のブログ記事は「ガラスの王国と世界遺産をめぐる旅 Day2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。