ベクシル-2077日本鎖国

| | コメント(0) | トラックバック(0)
「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版
エイベックス・エンタテインメント (2008-01-25)
売り上げランキング: 2782

監督: 曽利文彦

ロンドン出張中にみた映画。

21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオ・テクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に規制することを求めた。日本政府はその要求に従うどころか、反旗を翻して我が道を行く決定を下したのだった。その決断とは......。『日本鎖国』。

2067年。日本はハイテク技術を駆使した"完全なる鎖国"をスタートする。その後日本の情勢は秘密のベールに包まれたまま、10年が経過した。そして2077年。米国特殊部隊"SWORD"所属の女性兵士、ベクシルは、日本への潜入作戦を実行する。ベクシルが目にした日本の光景とは?いったい日本に何が起こっているのか?

なかなか面白い世界観で始まるこの映画。画のクオリティとか、設定とかはとても面白かったのだけど、ストーリーがもう少し。もちろん、最後まで飽きずにみたけど、ジャグとかがでてくるのはちょっと。


似た映画として、エクスマキナも見て見たいなぁ。その前のAppleseedはすごく好きで、DVDも買ってしまったので。エクスマキナはBDで買いたいな。

葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午 著) << | >> Back from London

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ベクシル-2077日本鎖国

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1175

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年9月18日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午 著)」です。

次のブログ記事は「Back from London」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。