葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午 著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

第57回日本推理作家協会賞受賞
第4回本格ミステリ大賞受賞

日本出張時、渋谷の本屋で一押し推理小説ということだったので買って見た。
確かに、予想を裏切る展開、どんでん返し。また、飽きずに最後までどんどん読ませる内容だった。でも、オチがちょっと、"それはむりがあるのでは~・・・"と思わせる形だったので、個人的にはいまいち。

なんとなく後味もすっきりせず。

Swedese "Flower" table << | >> ベクシル-2077日本鎖国

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午 著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1174

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年9月17日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Swedese "Flower" table」です。

次のブログ記事は「ベクシル-2077日本鎖国」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。