「陰陽師」花の下に立つ女 (夢枕獏 著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DS文学全集。

SF作家、夢枕獏による坂口安吾の「桜の森の満開の下」へのオマージュ。

「桜の森の満開の下」の不思議な退廃的な世界観はすごく好きで、どう仕上がるのかと思ってこれをよんだけど、別の角度から攻めている感じ。これはこれで好きだが、坂口安吾にはおよばず。ついつい、「桜の森の満開の下」もまた読んでしまった。

あるソムリエの話 (貫井徳郎 著) << | >> 両親とコペンへ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「陰陽師」花の下に立つ女 (夢枕獏 著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1207

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年10月21日 23:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あるソムリエの話 (貫井徳郎 著)」です。

次のブログ記事は「両親とコペンへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。