Kiruna旅行 Day3

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8時前に、ホテルのスタッフの「God morgon」というやさしい呼びかけで起こされる。そして、暖かいリンゴンジュースを1杯。このまま2度寝するとさすがにやばそうなので、寝袋からでた。すると、とにかく寒い!急いでDressingRoomへ。

Snow Roomでの一晩の結論は:
俺:一度寝たものの、途中で寒くて眠れず。朝起きると、すごいクマが目の周りにできていた。
奥さん:比較的すっきり眠れた。
ということ。個人差はあるみたい。

起きた後の朝食。そして、サウナとシャワーですっきりするも、連日の寝不足がここに来てピーク。なので、その後、鎮痛剤をのみ、少し椅子で仮眠。

1時間ぐらいしてチェックアウトのタイミングで起きると、だいぶ調子がよくなっていたので、外を散歩することに。Dressing Roomをでて、ふと外を見上げると、なんと真珠色に輝く不思議な雲が!これが、真珠母雲かぁ、と。はじめてみた。極や高緯度地方で冬によく見られる雲なのだそうだ。

Nacreous Clouds (真珠雲)

そして、アイスホテルの裏にまわり、凍った川の上を岸に沿って散歩。とにかく開けているので、気持ちがいい。

DSC_2060

岸に沿って

雄大

ただ、何回か、歩いていると「ミシ!」って音がして、よく見ると下の氷に亀裂が入っていたりして・・。また、川に穴を開けて釣りを楽しんでいる人もいた。

川べりの家々

そうこうしているうちに、だんだんと夕方に・・・。はやい・・・。川から岸にあがると、丁度小学校の庭みたいなところに出た。昼休みで子供も遊んでいる。さらに、すぐ前には図書館。ここには家族のものと思われる大小のソリが。生活の一部なんだなぁ。

家族のソリ。

そうして、ホテルにもどり、出発の準備。予定よりも1便早いバスで空港へ。

空港に着いて早めにチェックインをしようとするも、予定の1時間前からしかダメといわれたので、荷物を置くためのロッカーを探す。しかし、スーツケースが大きくて入らず。その旨をカウンターのおっちゃんにいうと、オフィスの中においてくれた。

次はタクシー。これも、料金表をみていると、タクシーの運転手が声をかけてくれたの、料金を確認して、乗ることに。メモ: Ice Hotel - Kiruna 450SEK、 空港 - Kiruna 350SEK。

タクシーで空港から15分ぐらいで着いたKirunaの町は都会だった。

Kirunaの町

もちろん、Systembolagetもあった。とてもいい雰囲気の古い駅も。

Kirunaの駅

町を2時間ぐらい見てから、タクシーで再度空港へ。しかし、ここら辺はタクシーもすくないらしく、すぐに呼んでほしいといったら、たいそう驚かれた。

そして、Kirunaを後にし、Stockholmへ。Stockholmに着いたあたりで、丁度お腹がすいたので、世界のエアポートレストラン第3位にランキングされているらしい(本当か??)、Arlanda空港のMaxBurgerで食事。ここでは2時間あったのですこしのんびり。

そして、CopenhagenのKastrupにもどり、電車、バスを乗り継ぎ、帰宅。

疲れたけど、新しい体験をいっぱいした旅だった。オーロラは残念だったけど、2月に"某ゆかいな仲間"方々と行くときに期待!

Kiruna旅行 Day2 << | >> SkanörでJulbord

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Kiruna旅行 Day3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1271

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年12月19日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kiruna旅行 Day2」です。

次のブログ記事は「SkanörでJulbord」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。