日帰りLübeck

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ふと思い立ち、車でLübeckまで行くことに。
Lübeckはクリスマスマーケットが有名で、街も旧市街が世界遺産に登録されている。また、ドイツの北の方なので、スウェーデンからは車で行きやすい街でもある。

ただ、先日冬タイヤに換えたものの、スウェーデンの標準ということで、スパイクタイヤ。でも、ドイツはスパイク禁止。しかし、年末の休みにはなんどかドイツに行きたいということで、先日、あまり安くない金をはらい、スタッドレスに変更。これで準備は万全。

と言うわけで、少し遅いかと思いつつも、7:30ぐらいに家をでて出発。片道300kmぐらい。家を出発し、すぐに、スウェーデンとデンマークを結ぶÖresundbron(オーレスン大橋)をわたり、デンマークへ。あたりはまだ暗く、車もまばら。しかも、雨。デンマークで一度休憩。そこで見つけたトイレのサインがなんともいえずよい。

王冠

そして、デンマーク内を150kmぐらい南に走り、南端のRødbyへ。ここから、フェリーに乗り、ドイツに入る。フェリー乗り場にはすでに何台か車が。列に沿って、そのままフェリーへと乗り込む。

いざフェリーの中へ。

フェリーの中にはレストランも免税店もあり、なかなか時間がつぶせる。レストランでコーヒーを頼み、しばし休憩。甲板にでてみると、鳥がうまいことフェリーがおこす上昇を利用して海峡を楽に越えていた。賢いなぁ。あっというまに、45分でドイツ側のPuttgardenに着いてしまい、再度、ドライブ開始。ドイツは曇り。ひたすら畑の中を走る。

Malmöをでて4時間ぐらい走り、ようやくLübeckに到着。ホルステン門をくぐり、世界遺産になっている旧市街へ。ここでうまいこと駐車場を発見。場所を確認しつつ、中心の市庁舎の方へ。Breite Str. に入ると、すでにここからクリスマスマーケットの小屋が並んでいた。なので、体をあっためるべく、いきなりGlühwein。ビスケットもついてきて、おいしかった。

そして、マルク広場にいくと、そこにはクリスマスマーケットが。皆、いろいろと食べたり飲んだり。

Lübeckのクリスマスマーケット

Lübeckのクリスマスマーケット

一通り1周して、ソーセージも食べたところで、マーケットからいったん外れて、近くのデパート、Haerder Centerの中へ。ここで、おもちゃ屋「mytoy.de」を発見。何気なく中に入ると、そこには!

トラクターのミニカー!

トラクターのミニカー!え?なにそれ?しかも、とりつけ可能な農業機器がすさまじいバリエーション&精巧さで揃っている。これは、本当にやばい。さすがドイツ。Sikuっていうミニカーの会社らしく、Siku Farmer っていうシリーズと、Siku Farmer Classicっていうシリーズがあるみたい。これとか、もう大変。思わず、トラクターと後ろにつけるやつを1個選んで、レジに向かいかけたが、衝動買いはよくないし、トラクターの種類ももう少し勉強しないといけないし、後ろにつけるやつも他に何があるのかちゃんとしっておきたいので、今回は保留。次回のドイツ旅行のときには。

デパートを出て、Lübeckの街を少し散策。St. PetriKircheの方に歩くと、よさげな裏路地発見。さそして、突き当たりのホルステン門。さらに、Balzac Coffeeというスタバそっくりなコーヒー店も発見。

良さげな路地

Holstentor

再びクリスマスマーケットの方に戻り、今度はマーケットでドーナツを購入。このあたりになると、すごく晴れてきた。

市庁舎の壁

市庁舎

DSC_2294

改めて歴史的建造物の市庁舎をみると、とても重厚なつくりであることがわかる。片方の黒レンガの壁、そして、もう片方の風穴が2つ開いた壁。どちらもよい。

ついでに近くにある「Niederegger」というマジパン専門店に行ってみたところ、すでに閉店。先ほどは開いていたのに残念。

なので、すぐ近くのMarienkirche(マリエン教会)の中に入ってみたところ、ここがまたすごい。天井が高く、いままで見てきた教会(ほとんどスウェーデンだけど)の中でもダントツに中が広い。そして、やはり重厚。床もレンガなのが、さらにドイツらしさを感じる。ここに人があつまりだしたので、少し中で座って待つことに。

すると、次々の人が来て、あっという間に席が埋まり、子供用の劇?が開始。なかなか綺麗な歌声と子供達の活躍をとても面白い空間で見ることができた。クリスマスならではの貴重な体験?

子供用の劇?

外にもどり、もう一度マーケットに行こうとするも、先ほどと何かが違う。15:30ぐらいだけど、店がすべて閉まっている・・・・。もちろん、マーケットも・・・。そうかー24日だから、さすがに早めに閉店するなぁと納得。なんなら一泊して、と考えていたのだけど、25日は完全に、この街も、そして、他のどこの街に行っても店は間違いなく閉まっていそうなので、あきらめて日帰りに。

最後にもうちょっとLübeckを散歩するかと思い、寄った南の大聖堂DOM。これが大正解。ここではクリスマスイブの礼拝(?)が行われていて、大きなパイプオルガンの演奏、そして、聖歌隊の合唱を聞くことができた。本当にすばらしかった。声が聖堂内に綺麗に響く。

そして、Lübeckをあとにし、来た道を引き返す。さすがにあたりはとうに暗くなり、街灯もない道をひたすら突っ走る。フェリーはタイミングが若干悪く、1時間近く待つはめに。また、国境近くの免税店もクリスマスなので休み。お腹も減り、フェリーの中ではガッツリ食事。そして、11時ごろに無事に帰宅。

帰り、車の中では、Lübeckで買った、ドイツ語のパンクバンドDIE ÄRZTEのJAZZ IST ANDERSというアルバムをずーーっと聴いていた。ピザの箱のような特殊仕様のケースとbest of 2008 のコーナーに飾られていたので。なかなかさわやか路線の曲にドイツ語が絡み、よい。

なかなか疲れたけど、面白かった。クリスマスの時期(24日)でなければ、もう少しいろいろな店もみれたのだろうが、その分24日にしかみれなかったであろうイベントもいくつか見ることができたので満足。

以下は本日のルート。スウェーデン、デンマーク、ドイツ、見事に3国。

今日一日のルート

Lundへふらり旅 << | >> 静かなクリスマス

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日帰りLübeck

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1275

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年12月24日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Lundへふらり旅」です。

次のブログ記事は「静かなクリスマス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。