充たされざる者 ( カズオ イシグロ (著), 古賀林 幸 (翻訳) )

| | コメント(0) | トラックバック(0)
充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ
早川書房

著名なピアニストがある街を"何か"の危機から救うためにやってくる。その街でピアニストは様々な過去の記憶の人物に遭遇し、奇妙な既視感とともに永久に目的にたどり着けないカフカ的悪夢の世界に迷い混んでしまう、と言う話。とにかく不思議な世界観。
正直、"あとがき"を読んではじめて理解した部分もあるし、いまだに100%理解したとは思えないけど、なかなか楽しめた。

結果的に自分の使命を果たそうと、様々な努力をするものの、自分を介することなく回りは幸せになり、結果的に使命を果たせたことになり、それを続ける運命にある男の話。

この機会にカズオ・イシグロの他の本も読んでみたいなと思うので、次の日本帰国時に買うか。

著名小説家が選ぶ過去25年のベストイギリス小説第3位(オブザーバー紙)。

イギリス日帰り << | >> Kiruna旅行 Day1

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 充たされざる者 ( カズオ イシグロ (著), 古賀林 幸 (翻訳) )

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1266

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2008年12月16日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イギリス日帰り」です。

次のブログ記事は「Kiruna旅行 Day1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。