マイナス・ゼロ (広瀬 正 著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

前回の出張で購入した、2008年本屋大賞「この文庫を復刊せよ!」ということで、面白そうだったので。

タイムマシンをめぐる、タイムトラベルミステリー。昭和45年に書かれているのだけど、現代でも充分に通用する面白さ。「Back to the Future」の数倍の濃さと不思議さ。様々な登場人物がでてくるが、読んでいくと徐々にそれらは皆、タイム・パラドックスで繋がっていることがわかり・・・。

後味がとても不思議。
でも、結局「先生」は誰だったのだろう??

他の作品もそのうちに。

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 << | >> 黒い家 (貴志 祐介 著)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マイナス・ゼロ (広瀬 正 著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1289

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年1月10日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」です。

次のブログ記事は「黒い家 (貴志 祐介 著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。