Kiruna Day2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

朝ご飯はホテルにて。
どうやら何か(アイスホッケー?)の合宿にきていた学生達と一緒。
ワッフルメーカーがあったので、それにもトライ。

そして、ホテルをチェックアウト、市庁舎の前からバスに乗り、JukkasjärviにあるIceHotelへ。今回は総勢6人ということで、3人3人にわかれ、Chaletという広めの部屋(キャビン)に宿泊。ここがなかなかよかった。

ICE HOTEL Nordic Hotel Chalet

さて、さっそく、完全なる防寒対策(タイツ、フェイスマスクなど)をして、Ice Hotelへ。防寒グッズをもって来ていない人はホテルにて防寒ツナギをかりた。

陽が短かった前回とは異なり、Ice Hotelの中は光であふれていて、とても綺麗。この方が氷の透明さとかがわかる。

コリドー

DSC_3110

また、前回はまだまだ作成途中で、Art Suiteも全室できていなかったし、DeluxSuiteも作成途中、そして、Ice Churchも途中だった。なので、今回は完成形をみることができて満足。19代目のIceHotelのようです。

エッグチェアがあったり。
ヤコブセのエッグチェア

子供のイメージの部屋があったり。
DSC_3151

トラウマになりそうな部屋があったり。
DSC_3161

Torne川の水がIceBarのコップとなり、最後にはまた水に戻る過程をテーマにしたり。
IceHotelのコップとなり

今回新しくできていた部屋もなかなかおもしろかった。DeluxSuiteだけは、宿泊者のみ中に入れるようになっており、残念・・・。

光あふれるIceBar。
昼間のIceBar

Ice Church 内部
Ice Church内部

昼ごはんはホテルに併設されているレストランにて、ビュッフェ。まあ、トナカイとかあった。そして、皆で凍ったTorne川の上を歩いてJukkasjärviの端にある教会へ。途中、Coopにて夜のオーロラを待つ間に食べるお菓子やビールなどを買いつつ。

晩御飯は、The Old Homestead Restaurant にて。ここもビュッフェだけど、キッシュとかチーズがおいしかった。そして、レストランから出てびっくり!それまで雲が多くオーロラは無理かと思っていたのだけど、綺麗に空が晴れわたっていた。

ホテルまで戻り、さらなる防寒準備をして、いざ外へ。それにしても寒い。すでに-30℃。Fjällrävenの一番暖かいPolarシリーズでも、中に着込んでいないと寒いぐらい。さらに、ウールのフェイスマスクをしていても、寒さで頬がすこし凍傷気味になった。鼻で息をすると鼻の中が凍るし。

ホテルの裏手、Torne川の上で待つこと数時間、なかなかオーロラはあらわれず。変なサーチライトとかが少し邪魔。

でも、オーロラとは別に、街灯のオレンジの光とIceHotelの青い光が合わさった幻想的な写真が撮れたり。
DSC_3200

あまりにも寒くなり、一度室内へ。そして、再度川の上に戻り、いままで見ていた方向と逆方向をみところ、オーロラ発見!しかもなかなかの明るさ!

オーロラ

オーロラ

しかし、広範囲に出ている状態は長続きせず、あとは薄いのが見える程度で、そのうちに雲が増えてきたので、本日の観測は終了。

星も地平線近くまで本当によくみえていて、オリオンもはっきりと。
DSC_3204

周りの木々は寒さのために完全に真っ白になっていて、それも幻想的。
DSC_3230

部屋で少し温まり、ばとさん、capperとともに、IceBarに行き一杯。ちなみに、akiさんは睫毛が凍っていた・・・。

なかなか充実の一日が終了。

Kiruna Day1 << | >> Kiruna Day3

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Kiruna Day2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1327

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年2月15日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kiruna Day1」です。

次のブログ記事は「Kiruna Day3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。