家守綺譚 (梨木香歩 著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
家守綺譚 (新潮文庫)
家守綺譚 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.02.23
梨木 香歩
新潮社

日本帰国時に、特に何の期待もせずに購入した本。
「西の魔女が死んだ」の梨木香歩の作品。

でも、これが予想外に面白かった。庭付き池付き2階屋でおこる、数々の不思議なできごとが、綿貫と高堂により語られる。この二人が、京極シリーズの関口と京極堂のような関係で、話にメリハリがつきよい。

なんか忘れていた古き良き日本がここにはあるなぁ、と。

Kiruna Day3 << | >> みんなはコペンへ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 家守綺譚 (梨木香歩 著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1329

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年2月16日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kiruna Day3」です。

次のブログ記事は「みんなはコペンへ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。