ブラっとHelsingborgへ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日はふと思い立ち、Helsingborgへ。そういえば街を何度か車で通っているのだけど、ちゃんと歩いたことがなかったので。

Helsingborgまではおおよそ60km。程なく到着し、港沿いの駐車場へ。

まずは、街中でも一番目立っている、市庁舎Rådhusetへ。こんな建物が街中にポツンと存在するのがヨーロッパ。それにしても立派だ。

市庁舎

中はTouristInfoになっているので、いつものごとく、パンフをいっぱいゲット。こういうところの情報が意外に侮れない。

そして、Stortorgetから、店が連なっているKulla gatanへ。

商店街

DSC_3561

Helsingborgの街は、少し規模の大きいLundと言う印象。中心街には古い街並みが残っており、そこにそのまま店が入っている。

インテリアの店をみたり、古いビルの倉庫と思われる部分を改装した雑貨屋をみたり。

DSC_3564

そのうちに腹が減ったので、某雑誌で発見したK & Co Café & Butikへ。すごい賑わいの中、ラテとMorrotsKaka(ニンジンケーキ)を注文。

K&Co

Morrotskaka@K&Co

これもおいしかったが、Semlaがなかったのが少し残念。ケーキではなく、サンドウイッチもおいしそうだった。そして、さらに街の中を散歩。

綺麗な色の窓

それにしても、奥さんと話をしていておもったのが、スウェーデン(ヨーロッパ?)の街は本当にフラクタルだなぁ、と。どの街に行っても、同じ店(Dressmanとか、SpiritstoreとかNaturkomapanietといか)があり、同じ名前の道と広場(DrottninggatanとかStortorget、GustavAdolfstorgなど)がある。さらに、街の中にショッピングモールができたとしても、中の店舗は基本同じ店・・・。最近Malmöにできた巨大なEntreと言うモールも同様で、目新しい店がないみたい・・。

Södra Storgatanなど、Stortorgetの逆側もみた後で、Kärrnanというスコーネ最古の城のひとつへ。

Kärnan

塔が残っているので、最上部まで階段で上る。

Kärnan

ここからの眺めがまた絶景。Malmöには、普通に上ることができる高い場所がないので、久々にいい景色をみた。

Kärnanからの眺め

Kärnanからの眺め

Kärrnanの塔から降りたときには15:00ぐらいで、すでに多くの店は閉店準備中。なので、街を少し散歩しながらも駐車場にもどり、Helsingborgからの岐路に。

途中、ローカルな道を通りながら、Glumslövあたりではめずらしい丘陵と海の景色をみたり。

DSC_3598

帰り道では、車の中ではなぜかCoCoの曲がかかっていたのだけど、歌詞がその時代を反映しているなぁと感じる瞬間が。「君は君のままで、ただ今を生きること。明日できることは、明日でもいいじゃない。」。なんか、これって、いい高校に入って、いい大学行って、いい会社に・・・というのが王道だった時代背景があって、でもそんな中で"そうじゃなくても大丈夫だから"と言うアイドルの言葉に少年達は癒しを感じていたのかなぁ、と。

晩御飯は、タイな気分だったので、初のKruaThai。グリーンカレーが、なぜか香ばしくて、五行の焦がし醤油ラーメンを思い出した。いや、もちろんすごくおいしかったのだけど。

Riskakor (Pizza味) << | >> 雪のち快晴

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブラっとHelsingborgへ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1354

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年3月21日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Riskakor (Pizza味)」です。

次のブログ記事は「雪のち快晴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。