2009年3月アーカイブ

nomaへ

| | コメント(2) | トラックバック(1)

#写真が多いです。

昨日、急遽Copenhagenのレストラン、nomaを予約。当初はディナーでと考えていたけど、さすがに前日では予約がとれず。結果、空いていたランチにしたのだけど、これが大正解。

さて、今回は電車でコペンまで行き、地下鉄でChristianshavnまで。そこからレストランまでは歩いて数分。行き、バスを1本逃したり、Malmöで電車が遅れたり、地下鉄がなかなかこなかったりと、公共交通機関の連絡が悪かったものの、無事に到着。

シェフのレネ氏は「エル・ブリ」で修行をし、北欧で取れる材料のみを使った料理をすすめているとのこと。

レストランは運河に面した古い建物を改装した場所。内装も、木が中心。特に、なんてことのない木のテーブルと椅子がとても座りやすかった。どこの椅子だろうか?

noma

さて、テーブルにつくと、いきなりまずSnackが運ばれて来た。イースターのような卵型の入れ物。スモークされたエッグという説明のみをして去って行くウェイター。なんだろうと思ってあけてみてびっくり。湯気とともに、藁にしかれたスモークされた鶉の卵が。この演出で正直、いきなりやられた。しかも、うまい。(写真撮らなかったのが悔やまれる・・。)

さらにそこから続いたSnack3品も、いずれも独特なアイディアに富んだもの。特に、土にみたてたモルトにうまっている人参は、見た目にもびっくりし、なおかつ素材そのままの味がおいしかった。

DSC_3471

DSC_3472

DSC_3473

Snackを食べたところでパン登場。アイスランドのヨーグルト、skyrを使ったバターとラードにパンプキンシードを混ぜたペースト。

DSC_3474

ここではじめてメニュー登場。どのコースにするかを選択。ランチなので迷ったが、1皿1皿の分量は少ないとのことで、7皿コースに。

スウェーデン産の甘エビであったり、

DSC_3475

フローズン・ホースラディッシュ(山葵!)であったり、

Razor clams and horseradish 'snow' Parsley and dill

レストラン自家製チーズとスウェーデンチーズ、そして、カリフラワーであったり、

Cauliflower and elderberry capers

ポーチドエッグと海草であったり、

Radishes from Lammefjorden

様々な野菜のピクルスであったり、

DSC_3479

と、驚かされてばかり。しかも、どれもおいしいし、初めて食べる味。

しかし、極めつけは、10時間以上ローストされた、ビーフのリブ、ローズヒップと林檎、赤ビーツあえ。このビーフは、いままで食べた中で歴代1位なのではないかなと思うぐらい。自然な味付けの上にトロける。そして程よい脂。おいしかったなぁ。

Short rib of beef and roses

残りデザート2皿になったところで、チーズを薦められたので、二人でシェアすることに。

DSC_3483

すべてデンマークのチーズ。手前のハードタイプは、ナッツ風味。真ん中の青カビは、カビが強すぎず、でもチーズの味はしっかり、そして、奥のウオッシュドはやや塩味が強かった。どれもおいしく、一緒に出てきたトラディショナルなデンマークのパンにのせて食べた。

DSC_3484

最後、デザート2皿。これも、驚き。キャロットのムースとメレンゲを混ぜて食べるスノーマン。3段を個別に食べるといまいちなのだけど、切り崩して混ぜてたべると、これがまた絶妙な味に。GotlandのTriffleもなかなか不思議な味。

Snowman from Lammefjorden

Truffles from Gotland and Kvark

最後に、隣の(おそらくアメリカから)来た夫婦は最後に、一言挨拶したいと言うお願いをしており、シェフのレネ・レツィピ氏登場。絶賛していた。

レストランのサービスもよく、大満足。またディナーでも来たいし、一緒にワインセットも頼みたいのだけど、そうするとお腹はいっぱいになるは酔っぱらうは、なので悩みどころ。だけど、正直、Vendelとかに比べると、こちらの方が満足度は高い。スウェーデンの料理はスパイシーなものがおおいのだけど、デンマークがなのかこのレストランがなのかはわからないけど、素材そのままの味で、おいしく飽きずにたべることができた。

DSC_3496

レストランを出て、コペンを少し散歩。Christianshavnに来たのは初めてだったのだけど、ここの景色もよい。こんなに運河があったことをはじめて知った。

DSC_3500

やっとオペラハウスやブラックダイヤモンドも見ることができた。さらに中心街を散歩してMalmöへ。帰りはMalmöSydから33番のバスにのり、Limhamn経由でÖnに行き、そこからバスで家に戻ると言う冒険に。なかなかコレも新たな発見があり、面白かった。(けど、まだまだ寒かった・・。)

-----
ちなみに、こちらの雑誌で今回は知りました。


Gustav Adolfにあるショコラティエ、LesTroisRosesのSemla。去年食べたときはチョコ入りだったが、今回は一般的なSemlaだった。

LesTroisRosesのSemla

クリーム: ★★★☆☆
パン: ★★★★☆
総合: ★★★☆☆

クリームにMandelMassaが混ざっているところが、他のSemlaとは異なり、故にクリームにもかなり甘みがある。これは人によって意見が分かれるかも知れないけど、個人的にはMandelMassaはちゃんと別になっている方が好き。その他はショコラティエらしく上品な味。

ガンダムが初めてTVで放送されたのが、1979年4月7日。

まもなく30周年ということで、記念サイトやら、日本でイベントやらが行われる様子。

以前にやっていた「GUNDAM -来たるべき未来のために」展みたいなものは行われるのだろうか?

画集とかいくつか出るみたいだけど、そんなのはいいから、はやくサザビーをZEONOGRAPHYで出してくれよ、と言いたい。

gundam30.jpg

「Män Som Hatar Kvinnor」、今スウェーデンで一番話題の作家、Stieg Larsson のMilleniumシリーズ1作目。先日読んだ"The Girl with the Dragon Tattoo"の原作。

この映画が、2月の終わりから公開になっている。

トレイラー↓

man-som-hatar-kvinnor_poster1.jpgmansomhatar.jpg

(左)映画ポスター (右)小説カバー

トレイラーを見る感じでは全編スウェーデン語(当たり前)、字幕無しっぽい。そりゃそうか。しかし、映画館デビューを飾るにはよさそうだな、と。

ここのところ、街中のいたるところに宣伝が出ていたHem&Villa展、奥さんからの「見て見よう!」という誘いもあり、Malmömässanへ。宣伝効果もあってか、雨の中にもかかわらず、駐車場はかなりの混みよう。もちろん、メッセの中も。

今回はHem&Villaという、部屋・家関連の展示と、Skånskträdgårdという庭関連の展示の合同開催。

まずは、Skånskträdgårdの方へ。

DSC_3413

様々な植物がもちろん売っているのだけど、関連グッズも充実。芝刈り機やら、十数種類の種芋やら。でも個人的に一番驚いたのは、Mygind Design社による「Garden Cocoon」シリーズ

Garden Cocoon

庭に置くソファーの最終系と言うか、最高級の贅沢なのか、あるいは単に手間がかかる家具なだけなのかよく分からないけど、妙に魅かれた。いつか庭のある家に住んだら、考えてみるか。

Skånskträdgårdの一角には、もちろん食べ物のコーナーも。すると、なんと!某雑誌でみた一度は行ってみたい悪そうなにぃちゃんが経営しているパン屋、IL PANIFICIOを発見!

IL PANIFICIO

早速パンを味見してみると、これがまたウマい。何種類があったのだけど、ガーリックのを購入。こういう発見があるので、このようなイベントは来る価値があるのだ。

続いて、Hem&Villaへ。

まずは屋外用の家具。

DSC_3409

そして、暖炉。暖炉は、様々な種類があった。大半のは、ちゃんと煙突が必要なやつだったのでうちには無理だったのだけど、例えばignoRaの等は、オイルベースので、しかも臭いがしないので、手軽に炎の揺らぎを楽しめる。本当は、HandölやConturaのようなモダンな本格派が欲しいのだけどね。

暖炉

さらに奥に行くと、だんだんと濃くなり・・・。

巨大なプール(でも、SmallSizeらしい・・・)やら、ジャグジーやらのコーナーに。ジャグジーにソニーのカーオーディオがはまっているのをみて、新たなカーオーディオの商品価値に気づいたり。

プール・・。

バス用のワインホルダー

あとは、Kirunaのオーロラツアーで入ったような、ストーブ付きの小屋も売っていた。

さらに行くと、季節柄なのか、こんな展示も。気をつけろ、ということか。サイトにいくと、分かるのだけど、Mooseとの衝突事故は1月だけでも500件以上おこっているらしく。話にきいたところでは、Mooseとの衝突は、動物に取っても致命的だけど、車を運転してる人間にとっても死亡事故になることが多いらしい。

ぶつかると大事故に。

さて、そんな感じで大満足の展示会を終え、ふと思いつき、インド食材屋のIndoPakへより、家に。家にもどった頃には太陽もでて、家の中が久々に陽にあふれていたので、ついつい散歩に出発。

カモメがいっぱい

DSC_3434

DSC_3449

DSC_3454

夕日はすでにだいぶ移動しており、陽の長さも実感できるほどに。

夕日と橋

晩御飯は、買ったIL PANIFICIOのパンにオリーブオイルをつけて食べたところ、最高!

かねてから行こうと思っていたので、今日は、コペンハーゲンにあるField'sと言うおおきなモールへ。奥さんが、スウェーデンに住んでいるフィンランド人の人から教えてもらったデンマークの場所と言う不思議な経緯。
ここ↓


大きな地図で見る

橋を渡って、デンマークに入ってから、程なくして右側に見えたので、高速を降り、いざ駐車場へ。思っていたより楽に到着。

このモール、なかなかの規模で、1階、2階は店、3階がレストラン街となっている。Malmöには無い規模なので、まず、店の多さに興奮!(まあ、もちろんスウェーデンといくつかかぶってはいるのだけど。)

Fields

面白いのは、橋をわたっただけで、たとえば、キッチン用品店にある品揃えが変わること。スウェーデンであれほどみたOrreforsはまったく売っておらず、かわりにいくつか見たことのないメーカーのガラス製品が主流になっていたりする。(国が違うので当たり前だけど。)

あと、2階で、Arne Jacobsen Loungeを発見。

Arne Jacobsen Lounge

スーパーでもデンマークの食品をまたもやチェック。ここでは以前に行ったIrmaよりもビールの種類が豊富だったので、購入。あと、本屋にて、以前から狙っていたDansk Designの本も。これは重いので車で来たときじゃないと買えないから。

あと、レコード屋でもらったフリーペーパーをみたら、すでにRoskilde FestivalやらSkive Beach Partyの情報が早くも載っていた。今年こそは、Roskilde行くぞ!

モールを堪能し、次はドライブ。

予定としては、北上して、Helsingørにて海を渡りスウェーデンのHelsinborgという道。しかし、海岸沿いの道も綺麗ときいていたので、Søllerødあたりから下道におり、海へ。かなり住宅街が迷うも、無事に152号に到着。そして北上。この海岸沿いの道から見るスウェーデンはなかなか綺麗。さらに、それにあわせて建っている家も豪邸が多かった。

Helsingørに近づいたあたりで、Louisiana美術館を発見!そうか、この道沿いだったのか。今回行く予定はなく、しかもすでに16:00ぐらいだったので、ちょっと迷ったが、場所を確認するだけでもと思い、駐車場へ。すると、18:00までやっているとのこと。ならば!と思い入場。

現代美術館で、訪れたときにはMax Ernst 展をやっていた。Max Ernst、まったく知らない人で、しかも、初期の作品はかなりの抽象画でさっぱり理解できず・・・・。しかし、徐々に晩年になるにつれ、作風が全く変化し、面白くなった。こんな感じ↓

max-ernst1.jpg

capricorne.jpg

まあ、面白いというか、病んでいるというか。一部ベルセルク的であり、一部、ラピュタ的であり。さらに、Recently Acquiredの展示も。こちらはバラエティにとんでいて楽しめた。

Louisiana美術館は世界でもトップレベルの現代美術がそろっている場所らしく、そこに手軽にいけるのはいいのだけど、いかんせん現代美術は見るのに疲れる。理解が難しいものはなおさら。そんなこともあり、カフェで休憩。

Louisiana美術館のカフェ

そして、元気を取り戻したら、外にでて、庭を散歩。庭にも彫刻が多数。眺めもいい。

Louisiana美術館

美術館を見学後は、Helsingørへ。すぐに到着し、何も考えずにフェリー乗り場に向かってしまったが、いま考えると、もう少しHelsingørを見学してもよかったと思う。

Helsingør -> Helsinborg

すぐにフェリーは出発し、20分ぐらいでスウェーデンのHelsinborgに到着。そこからは走り慣れた道で、家に。

コペンよりも北側に初めて行ったということもあり、満足なドライブ。

今日は、石狩鍋に挑戦!

結果、大正解!鍋のバラエティーがまた一つ増えた!

鮭は脂がのっていて、ホクホク。
口の中でとろける具合がたまりませんでした。
もちろん、にんじんとジャガも。

そもそも、「龍が如く3」の発売に合わせて、3をやる前にそれまでに出たのをやっておかないと、と思い、やり始めた龍が如くシリーズ。やっと、2をクリア。いやー、長かった。真島の兄貴はいつみてもかっこいい。

サブストーリーは基本奥さん担当で、キャバクラも最大規模にまでちゃんと繁盛させそのサブストーリーを完了させていましたw。

なかなか今回も(Disc2枚組みと言うこともあってか)内容が濃かったが、衝撃度は1の方が高かったかな。プレイ時間は42時間。

昨晩に最後の戦闘までいったのだけど、強すぎて何度かやっているうちにかなり遅い時間に。しかも今日は朝8時から重要なミーティングだったので、「再挑戦しますか?」ダイアログを出したままの状態でTVの電源を切り放置。今日はその状態で開始するも、何度も敗れ、最終的にはEasyモードにしてしまった・・・。うーん、スタミナンがたりなかった。

それにしても、ラストのあのパンチはないだろう!と。

これでやっと、(現在奥さんの実家に届いている)「龍が如く3」を遊ぶ準備ができた。

けど、その前にBiohazard4かな・・・。

某雑誌にて。

なかなかいい感じにスウェディシュなデザインの家具がでているなぁと思ってみていると、なんか見覚えのある風貌のヌイグルミが。

ミッ.........キー....?

ああ、これは例のあれだね。もはやオリジナル。

前回に続き、今回も日帰りでロンドン出張。

4:30に起き、朝一の便でロンドンへ向かう。コペンの空港では、6:00だと言うのにビールを飲んで盛り上がっている人多数・・。

ロンドンでは、HeathrowExpress、タクシーと乗り継ぎ、オフィスへ。

そのまま、夕方までいて、タクシー、HeathrowExpressと乗り継ぎ空港へ・・・・。

出張なので、しょうがないけど、何もイギリスらしいことができなかったので、しょうがなく奥さんへのお土産の紅茶と、自分へのレミーを空港で買い、搭乗。

家に着くと12:00過ぎていたよ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。