日の名残り (カズオ・イシグロ 著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
日の名残り (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ
早川書房

日帰り出張中に読んだ小説。

執事の品格とはなにか?
名家のお屋敷ダーリントン・ホールにてダーリントン卿に長年仕えた執事の目線で描かれる、伝統的な英国、名家、女中頭、さまざまな暮らし。
個人的には以前に読んだ「充たされざる者」よりもこちらの方が面白かった。

最後の方のミス・ケントンとのストーリーもなかなか心が温まる。

スティーブンスは品格を追い求めるが、まさにこの小説は"品格のある"小説のような気がする。
次は「わたしを離さないで」かな。

英国最高文学賞であるブッカー賞の受賞作。
英語版の原作を改めて読みたくなった。

ある冬の日の食べ物・飲み物 << | >> 日帰りロンドン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日の名残り (カズオ・イシグロ 著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1341

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年3月 3日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ある冬の日の食べ物・飲み物」です。

次のブログ記事は「日帰りロンドン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。