等々力渓谷、九品仏浄真寺、そして三茶ワイン祭り

| | コメント(0) | トラックバック(0)

快晴!

快晴

ハイキング日和なので、前から行きたかった等々力渓谷へ行くことに。実に電車で20分ぐらいでいける、都内の自然。

駅に着き、渓谷への道を降りると、そこは別世界。わずか1km強だけど、川に沿って、遊歩道が広がっている。

DSC_0735

都内であるにもかかわらず、かなり澄んでいるのにびっくりした。アメンボの影が映ったりして、綺麗な水面。

あめんぼの影

快晴のため、気温もかなり高いのだけど、この渓谷では16度ぐらい。とても過ごしやすい。たまに架かっている赤い橋が印象的。

The red bridge

川に反射した光が、橋の裏に映し出されている様も、これまた綺麗。

Reflection pt.1

階段を上り、遊歩道の終点の公園に到着。ここで、昼ごはん。一緒に作ったおにぎりで。外で食べるおにぎりはおいしいなぁ。

Place for lunch

Rice balls!

あまりにもいい天気だったので、遊びの写真を二枚。

接写。
DSC_0766

絶妙なバランスのベンチと雲。
3 benches

ついでに、不動の滝を見てから、階段を上り、等々力不動尊へ。

Fudo no Taki

この等々力不動尊、予想よりも大きくてびっくり。

Stairs to the temple

Todoroki Fudoson

境内の鐘の音も、高く澄んだ音。

さて、ハイキングの気分で来て、これだけでは物足りないので、どうしようかと考えた結果、どうせなら自由が丘まで歩いてみようということで、渓谷を戻り、等々力駅まで行き、そこから道沿いに散歩。

九品仏の近くに北ところで、浄真寺を発見。ここには古木があるということで入ってみることに。

DSC_0809

ここも、すごく趣がある。

Kuhonbutsu Jyoushin-ji

ところで、この浄真寺には、3つ阿弥陀堂があり、それぞれに3体、合計9体の阿弥陀如来像が安置されている。9体はそれぞれ、上品上生、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生を表し、9体を合わせて、九品と呼び、九品仏の名称もここからきているとか。さらに、"上品""下品"もこの定義が元。

そんな由緒ある浄真寺、元旦の鐘突きに一度来てみたいと思った。(でも今年は世田谷観音の予定。)

Kuhonbutsu Jyoushin-ji

さらに歩き自由が丘につくと、祭りの真っ最中で、大変な人混み・・・。「無理。」と思い、三茶へ。

三茶に戻ると、町中はワイン祭りで賑わい、神輿を担いだ人でいっぱい。祭りのときにみることができるこの半被だけど、背中のそれぞれの柄(紋)に特徴があり面白い。

Mikoshi

Mikoshi

毎度、この迫力にはやられる。

歩きまくった充実の一日。

朝市、そして新宿 << | >> オクトーバーフェスト、横浜

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 等々力渓谷、九品仏浄真寺、そして三茶ワイン祭り

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1520

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年10月11日 18:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝市、そして新宿」です。

次のブログ記事は「オクトーバーフェスト、横浜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。