一九八四年[新訳版] (ジョージ・オーウェル著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房

1949年に出版されたジョージ・オーウェルによるSF名作。二十世紀世界文学の最高傑作とも言われる小説。

先日、職場のドイツ人に「今"1984年"を読んでいて」という話をしたところ、かなり盛り上がった。

1949年に書かれた小説ながら、内容としてはかなり現在の現実の延長線にある未来を描いていると思う。MGSでは「戦争は変わった」という言葉で語られるけど、この小説でも同様に、目的の変わった戦争、生産により労働者を養いつつも、戦争を続けることで生産された富を破壊し所有を防ぐという目的の戦争が行われている世界の話。

後半はなかなかつらく、読み終わった直後にはラストの意味が分からないけど、時間がたち何となくわかってきた。

髪を切り、渋谷まで << | >> 11月度の朝市

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一九八四年[新訳版] (ジョージ・オーウェル著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1531

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年11月12日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「髪を切り、渋谷まで」です。

次のブログ記事は「11月度の朝市」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。