わたしを離さないで (カズオ・イシグロ 著)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
カズオ・イシグロ
早川書房

個人的に3冊目のカズオ・イシグロ。
予想外なSF的な話で少し驚いた。

読み始めた当初はなんのことかわからなかった「提供者」と「介護者」。次第に、丁寧な口調で描かれる子供の視点での人間関係。そして、「提供者」の正体とその行方。
科学の進歩の影に生まれた子供たちの現実。読んでいて結構つらくなる。

やっぱり「日の名残り」の方が好きかなぁ。

2005年度英国ブッカー賞、最終候補作品。

野菜とビール << | >> 小田原おでんと黒糖アイス

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: わたしを離さないで (カズオ・イシグロ 著)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1539

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2009年11月27日 20:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野菜とビール」です。

次のブログ記事は「小田原おでんと黒糖アイス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。