2009年12月アーカイブ

午前中は奥さんの情報をもとに、日本橋三井本館の中、国立科学博物館 産業技術史資料センターで開催されている「ザ・テレビゲーム展」へ。

DSC_1155

三井本館に初めて行ったが、内部の重厚な作りに圧倒された。

DSC_1150

DSC_1153

そして、「ザ・テレビゲーム展」。展示スペースは小さいながらも、歴代のゲーム機がそろっていて感動。久々にみたAtari2600、懐かしのツインファミコンやPC Engine Duo。今見ると、バカでかいものも多い。これらが、バーチャルコンソールなどで遊べるのは本当にうれしいことだ。研究課題なのか、熱心ノートを取っている学生もいた。

さて、展示を見終え、次に向かったのは、コレド。以前にも撮影したけど、日本橋の橋にいる狛犬(?)の像がとてもかっこ良い。今回は紅葉を背景に。

日本橋の狛犬と紅葉

そして、銀座へ移動し、眼鏡を購入。奥さんの分と、俺のは以前から使っている眼鏡のレンズを新調。それにしても、レンズって高いなぁ。視力もまた落ちていた・・・。

銀座の街には、なんか、常に新しいビルが立っている気がする。新しいのか、今まで気付かなかっただけかわからないけど、Chanelのビルもすごかった。

Chanel Build., Ginza

そして晩御飯は予約をしていた三軒茶屋の「寅々」。ジンギスカンがおいしいお店で何度も行っている。今回もジンギスカンにはじまり、ラムのたたき、ラム串、ラム汁、そして、炙り物、牡蠣と舞茸の炊き込みご飯で大満足。

ラムのたたき@寅々

SF出張

| | コメント(0) | トラックバック(0)

はやくも日本に戻ってきてから3回目となるSF出張。

2泊4日の強行日程、Mtg詰めまくり。

行きはラッキーなことにビジネスにアップグレード。
久々の窓側で、嫌だなぁと思っていたけど、外の景色を見ていると、窓側でよかったと実感。

photo
夕焼けに染まるジェットエンジン。

photo
着陸直前に見える山々。

久々のUSでの運転にドキドキしつつも、1日目は朝から夜中まで仕事でクタクタに。

2日目をかなり集中してMtgが入っていたけど、夜にご飯を食べるついでにちょっと街へ。
SFの街はクリスマス一色。

photo

photo

photo

最後にホテルの部屋でUSのビールを飲み、爆睡。

photo

充実した出張だったけど、体力的につらい・・・。

戻りフライトでは奥さんが飛行場まで迎えに来てくれたので、一緒にバスで帰宅。久々に食べる鍋は美味だった。

魔王 (講談社文庫)
魔王 (講談社文庫)
posted with amazlet at 09.12.06
伊坂 幸太郎
講談社

わりと好きな伊坂 幸太郎の小説。兄をテーマにした「魔王」と弟をテーマにした5年後の「呼吸」。

伊坂 幸太郎の小説にしては珍しく(?)明かされない仕掛けがいっぱい。それゆえに、個人的にはいまいち楽しめなかったのかも。この続編が読みたい。

Official Site

機内にて。
出ました、大人計画の松尾スズキ監督、宮藤官九郎出演の映画。
キャストも、主演に内田有紀、その他 蒼井優、 宮藤官九郎、大竹しのぶ、など豪華。

精神病院をテーマにしたストーリーなので、割とつらいところもあるのだけど、松尾スズキ原作・監督だけにうまく面白く書かれている。内田由紀すごいな、と改めて思った。

PE.jpg

Official Site

機内にて。
Johnny Depp主演の伝説の強盗ジョン・デリンジャーの物語。
「Pirates of Carribean」とは全く違うキャラのジョニー・デップと、その愛人役のマリオン・コティヤールが素晴らしい。
極めて爽快なギャング映画で、ラストのデリンジャーの残したセリフがかっこよかったなぁ。

ハプニング (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-01-09)

「The Sixth Sense」のM. Night Shyamalan監督のスリラー作品。なんでこの映画を見ようと思ったのかさっぱり思い出せないけど、 見始めたら面白かった!

突然の自殺劇から始まり、人類の崩壊へとつながる物語。かなりブラック。

samayou.jpg

公式サイト

機内にて。朝に、出張先の国へ到着する直前にみるのにはあまりにも重すぎた映画。

警察が守っているものは市民なのか?法なのか?復讐は許されるのか?凶器に走った未成年がおこなうべき償いとはなんなのか?

寺尾聰の素晴らしい演技と久々にみた竹之内豊がよかった。

G.I.ジョー [DVD]
G.I.ジョー [DVD]
posted with amazlet at 09.12.03
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-12-11)

このブログでも以前に書いた実写版のG.I.JOEの映画。機内で。

いやー、燃えた!すばらしいアクション映画。正直、全然期待していなかったけど、予想をはるかに超えるでき!ストーリーもちゃんとG.I.JOEしている!
DukeとBaronessのそんな関係とか、CobraCommanderの正体とかはコミックと違うと思うけど(だよね?)。RipcordとScarletはそんな感じだった気もする。
しかも、Zartan出てくるし、次回に続く終わり方だし、Destroもそこでそうなるか、と。CobraCommanderは覆面ではなく、ちょっと不思議な仮面だった。

まあ、とにかく満足なので、ぜひ続編をやってもらいたいけど、かなり多くのシーンがStarWarsのパクリに見えたので、心配。

前の10件 1  2  3

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。