屋久島 Day3

| | コメント(0) | トラックバック(0)

本来であれば、4:40荒川登山口発のバスにのるため、3時起き。
しかし、2時半ぐらいの段階で、雷雨はやむ気配がなく、ますます激しくなる一方・・・。
3時半ぐらいに宿の1階に行ってみると、女将がお弁当を作ってくれていた・・・。

明日の白谷雲水峡はツアーも予約してしまったしなぁーと考えるも、この豪雨・雷雨の中、どう考えても往復22kmの縄文杉登山は無理なので、予定変更。急遽、白谷雲水峡に行くことに!

なので、少しゆっくり6時ごろまで寝て、登山弁当を持って宿を出発。
もちろん、雷雨の影響で寝不足・・。

宮之浦から延々と山道を登り、白谷雲水峡の入口へ。ここでまずは腹ごしらえ。

水明荘のお弁当(朝食)

うまい。

登山に出発するあたりで、小雨に。いざ、白谷雲水峡の門をくぐると、いきなり、こんな岩。

いきなり岩登り

そして清流沿いを進む。

DSC_3064

はじめのうちは階段が続き、この時点でいきなり息があがった。運動不足を痛感・・。でも、進むしかないので、前に歩く。

そのうちに、あたりが苔生しはじめ、森の中へ。雨もあがり、日が射し始めた。

DSC_3066

DSC_3067

道はどんどん登山道に。そして、森は瑞々しく、水をたたえる森へ。

DSC_3081

DSC_3084

DSC_3087

しばらく急勾配の道を登ると、苔が生い茂る、「モノノケの森」にでた。ここは以前までは看板があったらしいのだけど、登山者のマナーがあまりにもひどくコケの上を歩き荒らされ放題だったらしいので、看板をとったのだとか。

モノノケの森

DSC_3117

それにしても、不思議とほかとは透明感が違う。なんだろうこの場所は。

DSC_3122

DSC_3123

モノノケの森から、さらに登山道をのぼり、太鼓岩を目指す。この道は本当に登山。しばらくすると、広場にでて、そこから15分ぐらいとのこと。

ここもまた急な登山道を登ると、急に太鼓岩の上にでた。

太鼓岩から

やや曇りなものの、遥か遠くの山々まで見渡せる絶景!安房川が目立って見える。しばらく絶景を楽しみ、涼んでから、少し下って広場へ。ここで昼食。

そして下り。帰り道は行き以上に注意が必要だけど、不思議と足取りは軽く、距離も短く感じる。

DSC_3158

DSC_3163

太鼓岩までの往復でかかった時間は、昼ごはんも入れて4時間半。まさにガイドブックどおり。明日に備えてのいい準備運動になった。もともとの計画では、縄文杉の前は休んでおきたかったのだけど、思い切って計画変更でこちらに来て正解かも。自信もついたし。

さて、明日こそは縄文杉、なので早く寝ないと、ということで、今日も早めの夕食。宮之浦のふるさと市場にて、屋久島黒豚のとんかつ。うまーい。屋久島黒豚を出す店も少ないらしいので、いいものを食べた。

黒豚とんかつ

そして宿に戻り、三岳で少し酔っぱらい、眠りの世界へ。

屋久島 Day2 << | >> 屋久島 Day4

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 屋久島 Day3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1667

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2010年5月20日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「屋久島 Day2」です。

次のブログ記事は「屋久島 Day4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。