2010年7月アーカイブ

夕方より、大学の後輩の結婚式に参加。
申し訳ないことに、その結婚式を途中で抜け、NODAMAPの舞台、「ザ・キャラクター」を見に池袋へ。

TheCharacter.jpg

# 以下一部ネタバレ。

それにしても、NODA・MAPは99年の「半身」「パンドラの鐘」から、かなりの回数観に行っている大好きな劇団なのだが、今回もすごくよかった。言葉遊びというか、言葉のからくりというか、それをベースに複数の世界で話が進む様は見ていて本当に面白い。

題材はサリン事件というかなり重いものを扱っているが、ギリシャの神々を引き合いにだしたりすることで宗教色を薄めている。


「俤(マドロミ)の中に弟はいなく」
「儚さの中にも夢はなく」
「幼さの中にも幻はなく」
という決定的なセリフが印象に残った。

「ザ・キャラクター」は"漢字"ということなのかなぁ。

昨日の時点でほぼ梅雨明けということで、先日漬けた梅干しを、昨晩より、土用干し開始。

そして、今日はまさに快晴!

梅雨も終わり、快晴!

ベランダに干した梅干しもいい感じです。

DSC_3607

DSC_3598

DSC_3610

三日三晩干したら完成!

以下、メモ。

6月15日:漬け始め
6月22日:紫蘇を入れた
7月16日-19日:土用干し


MGSの小説の作者による、戦争ベースのSF。
MGS的な戦争が商業化世界、「1984」的な管理された社会、そして、まさに直前に読んだ「唯脳論」的な精神と脳。
34歳という若さで他界した若き才能による、"虐殺の種"に関する話。
「ハーモニー」も読みたくなった。

ふと思い立ち、東郷神社へ。

せっかく天気がいいので、家からひたすら歩き、中目黒を抜け、渋谷を抜け、原宿へ。BIRKENSTOCK にて奥さんのサンダルを購入後、東郷神社見学。

DSC_3523

ここは、東郷平八郎を祭神とする神社で、その運にあやかろうとする人からは勝負運の神社として祭られていて、Z旗の印が付いたお守りとかも売っていた。

DSC_3533

狛犬

ここでは残念ながら目当ての催しに巡り合えず、しょうがなく、竹下通りを(十数年ぶりに)見学しながら原宿駅方面へ。ついでに、アウトドアの店で富士登山用グッズを少しチェック。

ここで、ふと思いつき、エビスビール記念館に行くことに。せっかくここまで歩いてきたので、ここから恵比寿への歩いてみることに、、、。

汗だくになりながらもエビスビール記念館に到着。

DSC_3534

DSC_3539

着くとちょうど見学ツアーが開始するところだったので、急いで申し込み、待合室へ。麦芽の敷き詰められた机とエビスさんのサインの部屋で待つ。

ツアー・パス

DSC_3541

ほどなくしてツアー開始。

エビスビール、もともとはドイツのビールの手法を目指して開始され、一本目が世に出たのは1895年だそうだ。

Yebisu Beer from 1895

そこから、パリ万博での金賞受賞したりと輝かし歴史と、様々な種類のラベルが紹介された。

Yebisu Beer, Green labeled (Unpasteurized)

ところが、戦争がはじまり、各ビール会社は全て名前を伏せて販売することになり、再度エビスビールとして復活したのが、1971年。

Yebisu Beer from 1971

そこから、またエビスビールの輝かしい歴史が再開することになる。

DSC_3557

瓶のエビスビールのレアラベル、鯛2匹のエビスさん。

鯛2匹のレアなえびすさん

そして、一通りツアーが終わった後には、ビールグラス2杯のテイスティング。

DSC_3540

DSC_3559

今回は通常のエビスと琥珀エビス。

DSC_3568

そして、さらに、別の販売スペースにて、海外でのみ販売されている、Yebisu Creamy Top Stoutをトライ。これ、濃い目でカラメル味が強く、すごくおいしかった。

エビス スタウト クリーミートップ

土産コーナーでエビスビールグラス(小)を2つ購入し、記念館を後に。実に充実した体験だった。

Tasting space

帰りももちろん、歩いて家まで。途中、中目黒あたりで雨が少しふったけど、Balsにて少し雨宿りして、後は無事戻ることができた。

今日歩いた距離は合計で15km強。なかなかいい運動になったなー。歩くとそれまで一気に過ごしていた道や店を見るチャンスが増えるので、実は結構好きだったりする。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。