ひたすら歩いた一日

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ふと思い立ち、東郷神社へ。

せっかく天気がいいので、家からひたすら歩き、中目黒を抜け、渋谷を抜け、原宿へ。BIRKENSTOCK にて奥さんのサンダルを購入後、東郷神社見学。

DSC_3523

ここは、東郷平八郎を祭神とする神社で、その運にあやかろうとする人からは勝負運の神社として祭られていて、Z旗の印が付いたお守りとかも売っていた。

DSC_3533

狛犬

ここでは残念ながら目当ての催しに巡り合えず、しょうがなく、竹下通りを(十数年ぶりに)見学しながら原宿駅方面へ。ついでに、アウトドアの店で富士登山用グッズを少しチェック。

ここで、ふと思いつき、エビスビール記念館に行くことに。せっかくここまで歩いてきたので、ここから恵比寿への歩いてみることに、、、。

汗だくになりながらもエビスビール記念館に到着。

DSC_3534

DSC_3539

着くとちょうど見学ツアーが開始するところだったので、急いで申し込み、待合室へ。麦芽の敷き詰められた机とエビスさんのサインの部屋で待つ。

ツアー・パス

DSC_3541

ほどなくしてツアー開始。

エビスビール、もともとはドイツのビールの手法を目指して開始され、一本目が世に出たのは1895年だそうだ。

Yebisu Beer from 1895

そこから、パリ万博での金賞受賞したりと輝かし歴史と、様々な種類のラベルが紹介された。

Yebisu Beer, Green labeled (Unpasteurized)

ところが、戦争がはじまり、各ビール会社は全て名前を伏せて販売することになり、再度エビスビールとして復活したのが、1971年。

Yebisu Beer from 1971

そこから、またエビスビールの輝かしい歴史が再開することになる。

DSC_3557

瓶のエビスビールのレアラベル、鯛2匹のエビスさん。

鯛2匹のレアなえびすさん

そして、一通りツアーが終わった後には、ビールグラス2杯のテイスティング。

DSC_3540

DSC_3559

今回は通常のエビスと琥珀エビス。

DSC_3568

そして、さらに、別の販売スペースにて、海外でのみ販売されている、Yebisu Creamy Top Stoutをトライ。これ、濃い目でカラメル味が強く、すごくおいしかった。

エビス スタウト クリーミートップ

土産コーナーでエビスビールグラス(小)を2つ購入し、記念館を後に。実に充実した体験だった。

Tasting space

帰りももちろん、歩いて家まで。途中、中目黒あたりで雨が少しふったけど、Balsにて少し雨宿りして、後は無事戻ることができた。

今日歩いた距離は合計で15km強。なかなかいい運動になったなー。歩くとそれまで一気に過ごしていた道や店を見るチャンスが増えるので、実は結構好きだったりする。

再びUSへ(SF編) << | >> 虐殺器官 (伊藤 計劃 著)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ひたすら歩いた一日

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1682

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2010年7月 4日 20:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再びUSへ(SF編)」です。

次のブログ記事は「虐殺器官 (伊藤 計劃 著) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。