みつばちと史跡訪問

| | コメント(0) | トラックバック(0)

本日もてんこもりな一日、、、、。

昼ごはんは上野駅で一蘭。

一蘭

そして最近の個人的なかき氷ブームで、今日は湯島で創業100年の甘味処、「みつばち」へ。

DSC_3993

ここで注文したのは、和三昧かき氷。これが食べてみてびっくり、かき氷の上にきな粉がのっている。しかも白玉にゴマアイス、と素晴らしい組み合わせ。

和三昧かき氷@みつばち

奥さんはというと、こちらのサハラを注文。きな粉のかかった白玉の上に餡子と抹茶アイスとバニラアイス。これに黒蜜をかけて頂く。こちらも美味。

サハラ@みつばち

お腹もいっぱいになったので、ここらで散歩。湯島天満宮まで。

DSC_3995

こちらは、ご存じのように、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っている。そういえば、俺も学業関連で一度ここに来たことがある。

DSC_4004

絵馬もたくさん。

絵馬

建物としても、とても魅力があり、まさに昔ながらの伝統的な社寺の建築様式となっている。

DSC_4005

DSC_4008

こちらの狛犬も少し特徴的に、他の場所のものに比べて、横に長い体勢のような気がする。

湯島天神の狛犬

よくみると、近代的な建物群の中に存在する神社であり、不思議な感覚に陥る。

DSC_4017

さて、ここに来て、どうやらここは奥さんが目指していた場所ではないことが発覚。湯島なんとかという真っ黒な神社らしき建物とのことだが、果たしてどこなのだか、、、。確かに一度一緒に前まで行き閉まっていた記憶があり、その時はお茶の水あたりに行った気がするので、とりあえずお茶の水まで行くことに。

ブラブラと歩き、神田明神の近くにきたときにふと思い出した。そうそう、湯島聖堂だよ。

神田神社

時間も16:00ぐらいになっていたので、いそいでぐるりと逆側に回り、仰高門をくぐり中へ。

すると、真っ黒な入徳門の奥に真っ黒な建物が見えた。

DSC_4022

ここが湯島聖堂。関東大震災の時にほぼ消失してしまったとはいえ、江戸幕府の第5代将軍の徳川綱吉の孔子廟だった場所で、その後、かの有名な幕府直轄学校の「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」として使用されてきた場所とのこと。おお、すごい。故に「日本の学校教育発祥の地」と言われていて、ここにも合格祈願の絵馬が沢山あった。

DSC_4044

階段を上りきると、聖堂の杏壇門の前にでる。ここまで黒で統一された建築(特に寺社などで)はあまり他に見ないので、面白い。

黒い!

中に入ると、大成殿の全容を見ることができるがこちらも黒い!奥さんはここに冬の雪が降っているときにきたことがあり、完全なモノトーンの世界だったといっていたけど、なるほど、それはすごそうだ。

黒い!

そして、大成殿および杏壇門の屋根の四隅角には、狛犬にも似た鬼龍子と鯱にも似た鬼犾頭が飾られている。鬼犾頭はまさにその鯱に似た形が示すように、水に関連する魚の神魚で、火災から建物を守るようにという意味がこめられているらしい。

鬼龍子と鬼犾頭

中を見学した後、今度のテスト用に奥さんに鉛筆を購入。
そして、門を再度見学。

DSC_4042

DSC_4045

そして、17:00-には閉門とのことなので、湯島聖堂をあとに、お茶の水の駅方面へ。

お茶の水

懐かしい・・・・。学生の時にはさんざん来たお茶の水。DsikUnionも充実しているのでついついメタル館へ。

そして、そのまま足を延ばしてニコライ堂へ。ここはロシア正教の日本における総本山らしい。立派な建物だけど、今回は中に入らず。

ニコライ堂

独特な十字架。

正教会

いやー、沢山歩いた一日だなぁと思っていたのだけど、急遽東京タワーを見に行こう案が浮上。夕方だし、景色も綺麗な気がするので、いざ千代田線の駅へ出発。

続く、、、、、、

府中競馬場と焼き鳥 << | >> 東京タワーへ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: みつばちと史跡訪問

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1700

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2010年8月 8日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「府中競馬場と焼き鳥」です。

次のブログ記事は「東京タワーへ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。