2010年9月アーカイブ

今日は同僚のご家族と一緒に三郷へ。

IKEA、COSTCO、と彩もの三昧。

そして、お家にご招待頂き、充実の一日。

ここのところ富士近辺に行く機会が増えてきたけど、今日も御殿場へ。

曇り空の中、車をかっとばし、御殿場へは割とすぐに到着。渋滞も無し。ただし、駐車場が満車とのことで、少し離れた臨時駐車場に駐車。しかし、頻繁にシャトルバスも走っているので、何の問題も無し。

ここのアウトレット思っていたより大きく、様々な店舗が入っているので実に楽しい。今回はカーディガンを購入し、しかもNIKONの店でついついいろいろとレンズを試してしまった。服のみならず、Coleman、Lego、iittalaなどもあるので、飽きない。

アウトレットをみた後は、今度こそ、と葡萄を買いに道の駅富士吉田へ。しかし、18:00を過ぎていたためか、すでに果物のコーナーは終了。なので、さらに車をとばし、道の駅なるさわへ。この途中で、前回スィートコーンを買った直売所が開いていたので、ここで黄桃とピオーネをなんとか購入。大粒&甘そうなので、ひとまず満足。さらに、なるさわでは、富士桜高原ビールの3本セットも購入。これでもう大満足。

気分が満足したところでお腹も減ってきたので、晩御飯を食べに庄屋乃家へ。ここはほうとうの店。ほうとう鴨鍋を注文し、体がだいぶ暖かくなった。なにしろ、この時期、山梨ではすでに気温は9度。寒い・・・。

ほうとう鴨鍋

帰りも渋滞なく、無事に戻ることができた。

大粒ピオーネ

秋万歳。

同僚の方にご招待頂き、今日はその方のクルーザーが停めてある「浦安マリーナ」でBBQ。

伊勢海老は大量(50尾!)もあるは、クルーザーで東京湾に出るは、サザエご飯はあるはでとにかく豪華。恵比寿のALMAのシェフの方々も参加していて、最高の御馳走だった

DSC_4876

DSC_4881

いろいろな方とも交流ができ、感謝。

真剣に船とか小型でもいいから持ちたいなぁと思ってしまった。

ふと知人より、ジャパン・ビアフェスティバルの話を聞き、興味がわき行ってみることに。

ただ、入場料は当日券で4500円・・・。高くないかこれ?と当然思ったのだけど、まあ、行ってみて会場の雰囲気をみてつまらなそうだったら横浜散歩に予定変更すればいいや、ということで、出発。ところが赤レンガについてみても、全くやっている雰囲気がない・・・。あれ?と思ってもう一度よく調べると、横浜大さん橋ホールとのこと。そうか、目の前のところかと思うが、なんと港沿いなので、ぐるっと遠回りしないとたどり着けない仕組み。正直かなり萎えた・・・。

惰性でなんとか会場にたどり着くものの、やはり4500円・・・・。散々悩み、まあ、いいかと思い会場に入ってみると、、、、、、

Beer Festival Yokohama 2010

なんだこれ楽しいじゃない!テンションあがりまくり!約200種類のビールの銘柄飲み放題!日本の地ビールだけでも120種類!やっほおぉおおおおぉーーー!
銘柄一覧はこちら -> 出展ビールリスト

そりゃ、もういきなり一杯目をゲットで試飲。

Beer Festival Yokohama 2010

なお、1回の試飲は50cc。ネットで見たときには50ccかぁ、、味なんてわからないでしょ!と思っていたけど、実はこれが調度いい量で、味も楽しめるし、多くの銘柄もトライできる。さすが、ビアフェス。中の試飲ゾーンでは飲食は禁止なのだけど、テラスにでれば気持ちのいい日差しのもと、持ってきたおつまみも食べることができるので、まさに最高の環境。

Beer Festival Yokohama 2010

海外、特にUSのビールが多かったのだけど、あえて今回は日本の地ビールに集中。夫婦二人で飲んだ銘柄は下記の22種。

(以下、飲んだ順。)

石狩番屋の麦酒(新潟) : コーヒー・ラガー
   ビールの苦味と珈琲の苦味が実によくマッチ。

スワンレイクビール(新潟) : 越乃米こしひかり仕込み

ノースアイランドビール(北海道) : コリアンダーブラック
   黒ビールの濃さにコリアンダーの清涼感がよく合う。

蓑面ビール(大阪) : スタウト

ブルーマスター(福岡) : あまおうノーブルスイート
   この、ブルーマスターさんは、福岡のマイクロ・ブルワリー。装置も自分でエンジニアリングし、さらに、自分で操っているとのこと。いい規模感だなぁ。

呉ビール(広島) : バーレーワイン
   ワインの様な味でこれもおいしかった。

サンクトガーレン(神奈川) : 湘南ゴールド
                 : スイートバニラスタウト
                 : 黒糖スイートスタウト
   変わり麦酒。スイート系は、初めての味。湘南ゴールドはまさに名前のまあ、神奈川のオレンジ、湘南ゴールドを使用。

鬼伝説(北海道) : シシリアンルージュトマトの発泡酒

南信州ビール(長野) : アップルホップふじ

志賀高原ビール(長野) : 山伏壱セゾンワン
   これもおいしいシャンパンの様な麦酒。ホップも自家栽培らしい。すばらしい。

富士桜高原ビール : チョコレートウイート

TY ハーバーブリュワリー (東京 品川) : インディアン・ペールエール
   よく考えると、会社のすぐ近くの湾沿いのブリュワリー。もう少し行ってみてもいいかも。ホップが強い感じ。

ブルーマスター(福岡) : かぼす&ハニー
   こちらが、ジャパンビアフェスティバル横浜2009の1位受賞のビール。さっぱりでおいしい。

城山ブルワリー : ベルギーホワイト(桜島こみかん)

蓑面ビール(大阪) : 国産桃ヴァイツェン

丹沢のしずく(神奈川) : HACHY(ハッチー)

・TAPS(トルコ) : Red Ale

木曽路ビール(長野) : 瑠璃彩の雫

城山ブルワリー : スタウト(黒糖)

足柄ハッピーモルト(神奈川) : うめぴあ
   こちらは梅の香りがほんのりとするビール。2009年5月にスタートした会社らしいので、これからが楽しみ。

どれもおいしかった。面白かったのは、黒糖+スタウトの組み合わせが多いこと。確かにすごくよくあうので、これはあり。あとは、やはりホップまで含めて自家栽培だったりするマイクロブルワリーが気になる。アイラ島のKilchoman蒸留所を思い出すけど、あの規模感はいいな。

そして、最後には皆で乾杯!

Beer Festival Yokohama 2010

実においしいイベントだったので、次回も参加することを決意。

そして帰り際に大さん橋から見る横浜の夜景もなかなかいいものだ。

Beer Festival Yokohama 2010

そして、国際客船ターミナルへ行ってみると、ここで飛鳥IIに乗ることができることを発見。そうか、あのYEBISUのASKAII限定醸造のASKAII、さすがにお値段もすごい。

また、「工場夜景クルーズ」も発見。いくつかツアーがあるらしいのだけど、これはいつかいってみたい。

晩御飯は中華街まで歩き、謝甜記にてモツのおかゆ。おいしく頂きおなかいっぱい。

DSC_4869

ついでに、聘珍樓で黄身入りの月餅を購入。

------
今回のイベントでもらった「Japan Beer Times」という日本の地ビールマガジン。これがいい!基本英語の冊子なんだけど、日本のいろいろなブルワリーを紹介していて、飲みに行く時の参考になりそう。
「Bad Beer is the Enemy」という標語も最高!

今年もTGSの季節がやってきたので、行ってきた。

Tokyo Game Show

なんと言っても一番の話題はやはりMHP3。まさにユクモ村なブースができていて、試遊には行列が。

MHP3 @ Tokyo Game Show

こちらはマルチプレイの試遊台。

MHP3 @ Tokyo Game Show

せっかくなので、マルチプレイの整理券をゲット!

MHP3試遊整理券

中級のクエストに4人でいったけど、1頭討伐のみで、クリアにならず。残念。でも、やっぱりモンハンは面白い。

他には「龍が如く5」の特別映像をみたり、クロヒョウのデモプレイをしたりといったところ。今年はポータブルが元気な印象でなかなか楽しめた。

yuki-tour2010.jpg

YUKI concert tour 2010 "うれしくって抱きあうよ"
日時 9月13日
場所 東京国際フォーラム Aホール
Open 18:00 Start 19:00

会社の同僚と見に行くことができたYUKIのコンサート。品川の品川プリンスホテル ステラボールでのライブ以来。2時間以上にもわたるライブはすばらしく、ゆっくりと座って見ても充分に楽しめるものだった。いや、むしろ座ってみたい感じ。

YUKI オフィシャル : http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/YUKI/index_pc.html

4周年

| | コメント(2) | トラックバック(0)

はやいもので、もう結婚4周年。

なので、定番のGuccinaにて今日はお祝のディナー。

1周年のとき同様に1階席。こちらの方がややカジュアルで落ち着くのでいい。いつもは定番のグッチーナコースなのだけど、今回は旬の素材がいろいろとあるということで、シェフのおすすめコースにて。ただし、どうしてもパングラタンは食べたいので、温菜をこれに変更してもらった。結果、これが大正解。

ひとくち前菜5種盛り
ひとくち前菜5種盛り。パテや冷製ポタージュがおいしかった。

平目マリネ、イワシ、真イカ、ムール貝のサラダ仕立て ジェノヴァ風
平目マリネ、イワシ、真イカ、ムール貝のサラダ仕立て ジェノヴァ風。

4種チーズのパングラタン・グッチーナ風
4種チーズのパングラタン・グッチーナ風。定番。ついつい皿までなめたくなってしまう。

北海道直送3種の貝のパスタ
北海道直送3種の貝のパスタ。普段、貝はそこまで好きではないのだけど、これはおいしかった。

ポルチーニ茸のパスタ
ポルチーニ茸のパスタ。ポルチーニ茸、最高。

徳島産希少和牛すだち牛のグリル
メイン、徳島産希少和牛すだち牛のグリル。これもおいしかった。

ベリーのジェラート
ベリーのジェラート。

ワインもグラスで数種類のみ、満足。それにしても、いつもグラッパまでたどりつけない・・・。

Napalm Death w/ Dying Fetus, Slight Slappers

napalm.JPG

Napalm Death & Venomous Concept の Japan Tour の特別公演で、Earthdomでのライブ。実は昨日までVenomous Conceptが来日していることを知らなかった。

さて、少し遅れ気味で、新大久保のEarthdomの入り口をくぐると、すでにSlightSlappersの最後の曲。客の盛り上がりはまあまあ。それ以上に気になったのは、ライブハウスの中の気温。まるでサウナ状態。入った瞬間に汗が噴き出る感じ。しかもとんでもない混み様でほとんど動けない。

Dying Fetusの前に友人を発見。そして、Barエリアで休憩。

Dying Fetusのライブは、後の方で見ていたけど、個人的にはちょっといまいちか。

そして、NapalmDeath。この頃にはライブハウスの中は完全に酸欠状態。そしてほとんど動いてもいないのに持ってきたタオルは絞れるほどに。ここまで暑く湿度の高いライブは初めてかも。何しろ床もずぶぬれ。

そして、開始したNapalm Deathだが、さすが大御所、前二つとはステージングが異なり、ぐいぐい惹かれる。なんだかんだで最近の曲もかっこいい。

さらに、1st/2ndの曲も連発。途中で、Dan Lilker飛び入りでやった「Scum」は正直鳥肌が立った。いやー、かっこよかった。

↓は同日のライブ。別の方が撮影したdeciever/You Suffer

昼にぶらりと銀座へ。
松屋にて「目利き百貨店」をやっているとのことで。

すると、その前の広場で、「銀座手仕事直売所」というのをやっており、これがなかなか面白い。陶芸はもちろん、こだわった茶葉とか、手作りのアクセとか、皮製品とか。ついついここで時間をつぶしてしまい、目利き百貨店は有料だったこともあり今回はパス。

銀座手仕事直売所

銀座手仕事直売所

気になったのは、800 for eats のお茶や紅茶。「日本の産地を応援するごはんプロジェクト」だそうだ。ここが今回カフェを出していたのだけど、一緒にでてきたケーキがおいしかった。

あとは、鳥取の出西窯も、かなりのスペースで展示したいたのだけど、ここのビールカップのデザインと色がすごくよくて、これはいつか購入予定。biotopeも出店していて、今回初めてARABIAのveronicaシリーズをみたのだけど、これは綺麗だった。さすがに高くて買えないけどw。

そして、夕方のライブの前に、銀座といえば、ここ、天龍で餃子とチャーハン。

前回のに続き、さらにもう一種類の石鹸が完成。乾燥期間も終わり、使えるサイズに切った。

Handmade soap

手前は、みかんの石鹸。奥のは、ミントとはちみつ。

なお、みかんの石鹸「海辺のサンシャインバー」はこちらより↓。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。