Beer Festival Yokohama 2010

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ふと知人より、ジャパン・ビアフェスティバルの話を聞き、興味がわき行ってみることに。

ただ、入場料は当日券で4500円・・・。高くないかこれ?と当然思ったのだけど、まあ、行ってみて会場の雰囲気をみてつまらなそうだったら横浜散歩に予定変更すればいいや、ということで、出発。ところが赤レンガについてみても、全くやっている雰囲気がない・・・。あれ?と思ってもう一度よく調べると、横浜大さん橋ホールとのこと。そうか、目の前のところかと思うが、なんと港沿いなので、ぐるっと遠回りしないとたどり着けない仕組み。正直かなり萎えた・・・。

惰性でなんとか会場にたどり着くものの、やはり4500円・・・・。散々悩み、まあ、いいかと思い会場に入ってみると、、、、、、

Beer Festival Yokohama 2010

なんだこれ楽しいじゃない!テンションあがりまくり!約200種類のビールの銘柄飲み放題!日本の地ビールだけでも120種類!やっほおぉおおおおぉーーー!
銘柄一覧はこちら -> 出展ビールリスト

そりゃ、もういきなり一杯目をゲットで試飲。

Beer Festival Yokohama 2010

なお、1回の試飲は50cc。ネットで見たときには50ccかぁ、、味なんてわからないでしょ!と思っていたけど、実はこれが調度いい量で、味も楽しめるし、多くの銘柄もトライできる。さすが、ビアフェス。中の試飲ゾーンでは飲食は禁止なのだけど、テラスにでれば気持ちのいい日差しのもと、持ってきたおつまみも食べることができるので、まさに最高の環境。

Beer Festival Yokohama 2010

海外、特にUSのビールが多かったのだけど、あえて今回は日本の地ビールに集中。夫婦二人で飲んだ銘柄は下記の22種。

(以下、飲んだ順。)

石狩番屋の麦酒(新潟) : コーヒー・ラガー
   ビールの苦味と珈琲の苦味が実によくマッチ。

スワンレイクビール(新潟) : 越乃米こしひかり仕込み

ノースアイランドビール(北海道) : コリアンダーブラック
   黒ビールの濃さにコリアンダーの清涼感がよく合う。

蓑面ビール(大阪) : スタウト

ブルーマスター(福岡) : あまおうノーブルスイート
   この、ブルーマスターさんは、福岡のマイクロ・ブルワリー。装置も自分でエンジニアリングし、さらに、自分で操っているとのこと。いい規模感だなぁ。

呉ビール(広島) : バーレーワイン
   ワインの様な味でこれもおいしかった。

サンクトガーレン(神奈川) : 湘南ゴールド
                 : スイートバニラスタウト
                 : 黒糖スイートスタウト
   変わり麦酒。スイート系は、初めての味。湘南ゴールドはまさに名前のまあ、神奈川のオレンジ、湘南ゴールドを使用。

鬼伝説(北海道) : シシリアンルージュトマトの発泡酒

南信州ビール(長野) : アップルホップふじ

志賀高原ビール(長野) : 山伏壱セゾンワン
   これもおいしいシャンパンの様な麦酒。ホップも自家栽培らしい。すばらしい。

富士桜高原ビール : チョコレートウイート

TY ハーバーブリュワリー (東京 品川) : インディアン・ペールエール
   よく考えると、会社のすぐ近くの湾沿いのブリュワリー。もう少し行ってみてもいいかも。ホップが強い感じ。

ブルーマスター(福岡) : かぼす&ハニー
   こちらが、ジャパンビアフェスティバル横浜2009の1位受賞のビール。さっぱりでおいしい。

城山ブルワリー : ベルギーホワイト(桜島こみかん)

蓑面ビール(大阪) : 国産桃ヴァイツェン

丹沢のしずく(神奈川) : HACHY(ハッチー)

・TAPS(トルコ) : Red Ale

木曽路ビール(長野) : 瑠璃彩の雫

城山ブルワリー : スタウト(黒糖)

足柄ハッピーモルト(神奈川) : うめぴあ
   こちらは梅の香りがほんのりとするビール。2009年5月にスタートした会社らしいので、これからが楽しみ。

どれもおいしかった。面白かったのは、黒糖+スタウトの組み合わせが多いこと。確かにすごくよくあうので、これはあり。あとは、やはりホップまで含めて自家栽培だったりするマイクロブルワリーが気になる。アイラ島のKilchoman蒸留所を思い出すけど、あの規模感はいいな。

そして、最後には皆で乾杯!

Beer Festival Yokohama 2010

実においしいイベントだったので、次回も参加することを決意。

そして帰り際に大さん橋から見る横浜の夜景もなかなかいいものだ。

Beer Festival Yokohama 2010

そして、国際客船ターミナルへ行ってみると、ここで飛鳥IIに乗ることができることを発見。そうか、あのYEBISUのASKAII限定醸造のASKAII、さすがにお値段もすごい。

また、「工場夜景クルーズ」も発見。いくつかツアーがあるらしいのだけど、これはいつかいってみたい。

晩御飯は中華街まで歩き、謝甜記にてモツのおかゆ。おいしく頂きおなかいっぱい。

DSC_4869

ついでに、聘珍樓で黄身入りの月餅を購入。

------
今回のイベントでもらった「Japan Beer Times」という日本の地ビールマガジン。これがいい!基本英語の冊子なんだけど、日本のいろいろなブルワリーを紹介していて、飲みに行く時の参考になりそう。
「Bad Beer is the Enemy」という標語も最高!

Tokyo Game Show 2010 << | >> 浦安マリーナでBBQ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Beer Festival Yokohama 2010

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1721

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2010年9月18日 15:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Tokyo Game Show 2010」です。

次のブログ記事は「浦安マリーナでBBQ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。