地下神殿と餃子の本家

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ふと奥さんがみつけた「首都圏外郭放水路」のオープンハウス。一度は行って見たかった場所なので、急遽いくことに。

この首都圏外郭放水路、降雨時に、近くの5つの河川から一定量の水を地下に取り込み、全長6.3kmのトンネルを通し、江戸川に流すことで、洪水を防ぐというもの。今回見学できるのは、江戸川へ放水する水量を調整するための調圧水槽の部分。

さて、この施設、場所は埼玉県の春日部。途中かなりの渋滞を通りながらも昼過ぎには到着。施設そのものはこんな感じ。

DSC_5422

ピークをはずしたからか、中に入るための列も短く、快適で階段を下りて地下へ。

DSC_5361

DSC_5366

そして、ここから圧倒的な光景が広がる・・・。

DSC_5367

階段を下りてたどり着いた調圧水槽。ここには重量500トンの柱が59本ならぶ広大な空間。まさにナウシカにでてくる腐海の底さながらの光景。

DSC_5372

DSC_5370

DSC_5377

DSC_5402

DSC_5399

DSC_5409

DSC_5412

DSC_5390

全体に慣れ、さらにパーツパーツに目がいくようになると、細かい部分でもかなりのかっこよさ。

DSC_5413

DSC_5416

DSC_5417

ちなみに、なぜかオカリナの演奏会も行われていた。

DSC_5433

出口はこんな感じ。

地上にでると、施設から少し離れた場所にでるので、施設に再度戻り、制御室を見学。誰もいないのは、雨が降っていないから?

DSC_5427

屋上にでると、広場で開催中のイベントが一望できる。

DSC_5430

広場のイベントで鬼ゆず発見。

DSC_5426

さて、見学会を楽しんだあとはいつものごとく道の駅へ。「道の駅 アグリパークゆめすぎと」と「道の駅ごか」に行ったものの特に収穫はなく。

ところがここにきて奥さんが大発見。なんとホワイト餃子の本店が野田にあるとのこと。これは行かねば!ということで、急遽野田へ。

なんとか到着した野田本店は、小さい道に面した店舗だったけど、満員。

ホワイト餃子 野田本店

こちらの厨房は他に比べると半端ない大きさで、本店の威厳を感じた。

そして、でてきたホワイト餃子は・・・

ホワイト餃子 野田本店

うまい!さすが本店!サクサク感が他とぜんぜん違う。これにはびっくり!油っぽさもなく、最高の味。いつも量を頼んだところ、二人とも食べたりなくて追加注文。それぐらいおいしかった。

今日もいろいろといったけど、満足な一日だった。

----
首都圏外郭放水路
埼玉県春日部市上金崎720
048-746-7524
公式サイト:http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/info/g-cans/frame_index2.html


大きな地図で見る


----
ホワイト餃子野田本店
千葉県野田市中野台381−1
04-7124-2424 ‎
公式サイト:http://www.white-gyouza.co.jp/


大きな地図で見る

目黒の江ど間 << | >> またUSぅ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 地下神殿と餃子の本家

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1743

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2010年11月13日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目黒の江ど間」です。

次のブログ記事は「またUSぅ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。