高幡不動尊の紅葉と萬燈会

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月22日23日で、高幡不動尊にて何か明かりのイベントがあるということで、見に行ってみることに。ついでに時期としても紅葉が見頃らしく、期待に胸ふくらむ。

高幡不動、正確には高幡不動尊金剛寺へは京王線で行くのだが、乗り換えの明大前駅にて、久しぶりの一風堂にて昼ごはん。

そして、高幡不動駅で降り、少し歩くとすぐに高幡不動尊に到着。実に立派な仁王門。

DSC_5452

境内を少し散策すると、それはまた見事なもみじが多く植えられており、紅葉も見頃。樹齢100年から300年のものも350株ほどあるらしい。

DSC_5454

こちらの狛犬も迫力があり良い。

DSC_5464

そうしていると、萬燈会のご祈祷が開始したので、急いで不動堂へ。

DSC_5466

さらに、奥殿へ。ここには、日本一といわれる重文丈六不動三尊が安置されており、関東で唯一の平安時代作の巨像とのこと。

その後、紅葉を見るために再度境内の裏山へ。ここには山内八十八ヶ所巡拝のコースがあるので、それに沿って進む。山の中はすっかり紅葉しており、緑と黄と赤が成すコントラストがなんともいえない。これぞ、ジャパン。

DSC_5463

DSC_5472

DSC_5499

DSC_5503

八十八箇所巡拝という名のとおり、八十八のお地蔵さんがあり、それを順繰りにめぐっていく。すると山内の見所を一巡できるのだと思う。

DSC_5497

それにして、紅葉は陽の光にすかして下から見るのが綺麗とはよく言ったもの。まさにその通り。

DSC_5487

DSC_5508

DSC_5514

DSC_5525

五重の塔ともみじという組み合わせも、これまたいい。

DSC_5527

やがてあたりが暗くなり、18:00から萬燈会の行事が開始。独特なリズムで独鈷所を打ち鳴らしながら僧侶の皆様が登場。

DSC_5555

DSC_5562

このまま、五重塔の下にてご祈祷。その間に五重の塔に明かりをつける準備がすすむ。

DSC_5568

DSC_5577

五重の塔の周りでは蝋製の流し灯篭も。せっかくなので、我々も家内安全を祈り、流してみた。

DSC_5584

準備完了後、少しすると、今度は五重の塔の前にてご祈祷開始。

DSC_5588

ここで、寒くなったので、戻り、門のところでお抹茶とお菓子を頂き、少しくつろいだ。まさに萬燈会。高幡不動が御明かりに覆われた。

DSC_5598

門をでると、高幡不動の商店街もこの行事にあわせて「たかはたもみじ灯路」を開催中で、道には灯篭が並べられていた。

DSC_5602

DSC_5608

これにあわせて商店街も明かりを消すなど、粋な計らい。

今日も日本を堪能した一日。日本すげー。

------
高幡山明王院金剛寺
東京都日野市高幡733
公式サイト:http://www.takahatafudoson.or.jp/


大きな地図で見る

つるとんたん << | >> 緑のあいつ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高幡不動尊の紅葉と萬燈会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1746

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2010年11月23日 23:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つるとんたん」です。

次のブログ記事は「緑のあいつ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。