2010年12月アーカイブ

大晦日

| | コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ大晦日。

玄関の正月飾りは数日前から飾ってあるが、鏡餅はまだだったので、本日セット。昨年と同じものだが、こちらを飾ると一気に雰囲気が出る。

鏡餅

そして、そのまま最後の大掃除、床の水拭きに突入。しかし、ここで徹底的にやらないといけない性格がでてしまい、水拭きだけのつもりが、その前に荷物の整理->放置していたPCのセットアップ、部屋の模様替えにまで広がり、かなり時間がかかってしまった・・。

そんなことをしている間に陽も暮れかかってしまった。2010年最後の夕焼けは雲のない綺麗な澄んだ空。

Last Sunset 2010

そして、御節と御屠蘇の準備。今年は、馬場本店の最上白味醂を使用。さらに、これについてきた屠蘇散をつけこみ、味醂だけの御屠蘇で。日本酒ベースを好む人も多いと思うが、うちは昔から味醂ベース。

馬場本店の最上白味醂でつくるお屠蘇

年越し蕎麦は、先日黒部ダムに行ったときにかった信州蕎麦、そして、同じときに酒の博物館で買った北安醸造の「しぼりたて生原酒」。

北安大国のしぼりたて生原酒

あまりにも最高の組み合わせで、年末の最高の幸せ。
ちなみに切子のグラスは@capperと@eri_chanに頂いたギャラリー凛さんのものです!

さらに、勢いにのり、以前に漬けた自家製の梅干しの試食タイム!写真手前が1年もの、奥が4年もの。もちろんともに南高梅。

自家製梅干比べ

こうして食べてみると、今年の梅干しは紫蘇などのバランスが実によく、とても完成度が高い。単純に1年目だけを比較すると、こちらの勝ち。しかし、その後4年ものを食べると、4年という歳月がいかに梅干しを丸く旨みのある味に変化させるのかがわかる。結果、4年ものの勝ち。だてに歳をくっていないというところか。

さて、今年も残り時間が少なくなってきたところで、年越しの鐘突きは去年同様に世田谷観音に行くことに。昨年の教訓を生かし、あまり早く行き過ぎてもしょうがないということがわかり、23:20頃に家をでた。
ところが、世田谷観音に着いても、またもや誰もいない・・・。みんな紅白とか見ているからかな?

除夜の鐘撞き@世田谷観音

そのうちに開門の時間になり、中へ。ほぼ一番乗りに近い状態で、鐘突き券(お饅頭付)を買い、昨年同様に鐘突きの列に。

除夜の鐘撞き@世田谷観音

もちろん、今年もFjällrävenのエスキモー・ジャケットを装備。

そして、、、、

今年も残り2日。

何かとすることがあり、髪を切ったりする用事などとあわせ、表参道へ。すると、クリスマスのイルミネーションがまだ残っていて、かなり綺麗。ここまで明るかったか。

表参道

こんな時期に食べたくなるのは、確実な味のもの。
なので、山手ラーメンへ。
本年を締めくくるラーメンは、海鮮のねぎのせで。

海鮮ラーメンねぎのせ@山手ラーメン 

昨年もあった、近くの材木屋さんの新年のご挨拶。

"木づかい"と、シャレを効かせた、スケールの大きな一枚。

その後、二子玉川へ移動。高島屋にて、御節をいくつか購入。
黒豆、数の子、栗きんとん、酢だこ、昆布巻き、など。
それぞれ味見をして購入したので、いいものなのは確かだけど、それにしても高いなぁ。
あと、二子玉川は意外といろいろなものがあることを発見。もう少し頻繁に来てもいいかも。

今日は早めに仕事を切り上げ、家に戻り夕方から年末の大掃除pt2。
ベランダ、玄関、トイレなどの掃除と部屋の片付け。

ふらっと出かけたスーパーでは年末らしく、蒲鉾が大量に並んでいた。華やか。

蒲鉾

今日は、昼頃より友人宅に招かれて、少し遅めのクリスマスパーティー。

ゲストは、昨年も年末にお会いしたスウェーデン人のHansさん。

近くのお勧めの永福町のピザ屋のピザと例年購入されているチキン。さらに、ワイン数種でとてもすばらしいお食事。

Hansさんは、GlöggとPunchを持参し、一気にスウェーデン濃度が高まり、ついつい話こみ気づくと夜の9時。

長く遅い時間までお邪魔してしまいました。

いやー、楽しかったし、おいしかった。

次回はこちらの地元にて。

今日はクリスマスだけど大掃除。

そして、クリスマスプレゼントは、"そろそろいい加減いいものを持てよ"ということで、ブライドルレザーの名刺入れ。

クリスマス・プレゼント

クリスマス・プレゼント

丁寧に数ヶ月以上蝋や蜜をしみこませた一品で、光沢がすばらしい。

ケーキは、三軒茶屋の高級欧風洋菓子の店「アーモンド」のケーキ。

三軒茶屋の洋菓子アーモンドのケーキ

こちらのアップルパイはまさに松之輔NYとは対照的に大粒のりんごがゴロゴロと。うまい。

クリスマスということで、無事にモンハンにてHR3になりました。

昨晩はなぜか寝つきが悪く、3時間も眠れず・・。

昼間は渋谷へ出かけ、まい泉でとんかつ。

寝不足のためか一度家に戻りぐったり。

そして、夕方に再度元気を出して、久々にすし処匠へ!
2年ぶりぐらいか?

カトちゃんにもうちょっと頻繁に来い!と怒られつつ、まずはヒレ酒とおつまみの生海苔入りの玉子焼き。冬はやっぱりヒレ酒だな。

あと、生ガキ。

そしておまかせ握り。

大間の大トロ
名物、金目昆布〆
カワハギ肝のせ
ホウボウの昆布〆
富山の白海老
真ツブ貝
寒ブリ
真アジ
ウニ
巻物2種
アナゴ、タレで
煮ハマグリ

あまりにも満足すぎる。寿司って幸せになれるな。

さらに、その場にいた他社の海外営業をしている部長さん、課長さんとお友達に。アメリカ担当の方とアフリカ担当の方。興味深いお話をいっぱい聞いた。

この出会いがあるのも匠ならでは。来年はもう少し多く行かないとな。

午後は銀座・五行にて遅めの昼ごはん。

そして、フラっと東京駅の方へ。すると、皇居近辺がやけに煌びやか。行ってみると、Lightopiaというイルミネーションのイベントが開催されており、アンビエントキャンドルパークという会場に到着。

真っ暗な中多くのキャンドルがともされ、炎が揺らぐこの感じは東京には珍しく、同時に懐かしい光景。

しばし楽しみ、家にもどった。

明日は休日ということで、今年もお疲れ様ということで、奥さんの手作りシチュー。2日半かけ、7時間煮込んだもの。小麦粉からつくったルーは絶品。

世田谷通り沿いのパン屋、「Les 5 Sens」のバゲットと一緒に。

明日、明後日とさらに味が、まるく、濃くなっていくのが楽しみ。

以前からの狙い通り、今日は代官山の松之助N.Y.へ。

冬といえばりんご、りんごと言えはアップルパイ、アップルパイと言えば松之助。何を食べるか事前にした調べも完了していて、予定では午前中に行くつもりだったが、朝起きれず、着いたのは14:00頃。

お腹を空かせるべく、運動もかね、歩いて代官山。

ピーク前の時間だったためか、並ばずに入れて、目当てのビッグアップルパイを注文。

松之輔NY、ビッグアップルパイ

りんごがミルフィーユのように薄い層になっているのがうまい。

満足。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。