Galapagos Day2 - Estación Científica Charles Darwin -

| | コメント(0) | トラックバック(0)

早朝にホテルを出発。
ツアーの一部として、タクシーが朝6時にホテルに迎えにきてくれる。

そこから空港に行き、AeroGalのカウンターでチェックイン。しかし、ここで激混みな上に不思議な優先レーンがあり、かなりの時間がかかった。その後のセキュリティチェックも大行列。

ゲート前はこのような感じ。

Quitoの空港

Guyaquil (エクアドルで一番大きな都市)経由、Baltra島行きの飛行機。

この便でガラパゴスへ。

Quitoの空港

今回初搭乗のAeroGal。Galapagosに関連する動物が描かれている機体がカッコよい。

イグアナのイラスト

翼の上にはグンカンドリ。

グンカンドリのイラスト

途中Guayaquilによると、半分ぐらいの人が入れ替えとなった。さすが大都市。スーツを着たビジネスでのフライトっぽい人も全員ここで機内からいなくなった。

そして、GuayaquilからGalapagos諸島の島の一つ、Baltra島へのフライトでは、到着直前に機内の戸棚を全部開け、一斉に消毒。これで外からの菌を防いでいるようだ。

ガラパゴスの空港はこんな感じ。

ガラパゴス、バルトラ島のセイモア空港到着

改めてみるAeroGalの機体、後ろもカッコよい。

初AeroGal

青じに黄色のイグアナとか。

こちらもイグアナのイラスト

セイモア空港のサボテン

空港を出ると、ガイドのマルコスが待っていてくれて、無事に合流。ここからバスにのり、まず今日の宿泊地、サンタ・クルス島へと向かう。

バルトラ島

バスに15分ぐらいのると、バルトラ島とサンタ・クルス島の間のイタバカ海峡に到着。船にのり海峡を渡る。

イタバカ海峡を船で渡る

イタバカ海峡

イタバカ海峡を船で渡る

少しすると、さっそくサンタ・クルズ島のマングローブの茂みが見え、鳥も見え始めた。

サンタ・クルス島とマングローブ

ガイドがここで「既にここから保護区でガラパゴスの生物を多く見ることとができるよ。ほら、そこにも。」と指をさした先に飛んでいたのは、アオアシカツオドリ!一番見たかった鳥なのだけど、いきなりここで出会えるとは!

いきなり、アオアシカツオドリ!

さて、サンタ・クルズ島に上陸してから、タクシーに乗り換え、Puerto Ayoraの町へ。島の北から南へ移動し、山を越えていくのだけど、その間にも気候や植物が目まぐるしく変化し、驚く。時間も勿体ないということで、ホテルにはチェックインせず、チャールズ・ダーウィン研究所へ。

歩いて行く途中に、毒りんごの木をガイドの人が教えてくれた。この木の林檎の果樹は、人間を15秒で死に至らしめるのだそうだ。しかも、雨の日などにこの木の下にいるだけだ、皮膚がやられてしまうのだとか。

毒りんごの木

チャールズ・ダーウィン研究所は、一時期絶滅の危機に瀕したガラパゴスゾウガメを繁殖させている施設。

チャールズ・ダーウィン研究所

チャールズ・ダーウィン研究所

着いたのが昼の暑い時間だったからか、多くのゾウガメは茂みの影にかくれていた。でも、鞍型の甲羅を持つゾウガメで、100匹以上の子を残しているディエゴも見ることができた。

ガラパゴスゾウガメ

こちらも大きなゾウガメの群れ。

ガラパゴスゾウガメ

太り気味のガラパゴスリクイグアナ。

ガラパゴスリクイグアナ


あとは、園内のいたるところにフィンチが飛んでいる。

フィンチ

そして、ピンタ島種、最後のゾウガメ、ロンサム・ジョージ。推定年齢は80-100歳と言われているが実際のところは不明。ただ、そうだとするとまだまだ繁殖ができるはずなのだけど、うまいこと相手がみつからないらしい。

ロンサムジョージ

ダーウィン研究所を出たところで雨になり、急いでタクシーをつかまえて、昼ごはんの場所へ移動。ツアーは今日はここで終了し、あとは自由行動。レストランは、La Garrapataというところ。今回のツアーではレストランが既に予約されていて、メニューも既にfixされている。いい面、悪い面あるけど、ここまで英語が通じないとこれでもよかったのだと思う。

La Garrapata

さて、昼ごはんのメニューは、サラダ、そしてメインを5つの中から選択。今回は二人とも魚のステーキを注文。まずは、昨日もレストランででた、辛いAjiソース。これが癖になる。

Ahi

トマトのサラダ。ここで栽培されたトマトらしいけど、新鮮で野菜本来の味がして、絶品。Ajiソースとの相性も最高。

トマトサラダ

そして、魚のステーキも絶妙な塩加減で最高だった。

魚のステーキ

デザートもつく。

チョコレートケーキ

これらの代金は既にツアー料金に入っているので、この場での支払いは不要。食べている間にも雨はどんどん強くなってきたので、しばし雨が上がるまでレストランでサボテンでもみながらまつことに。

サボテン

サボテンの花

少し小降りになったところで、レストランをでてホテルへ移動。小さい町だから、となんとく道を聞いただけで、思っていた道をすすんだところ一瞬迷子に。タクシーをとめてホテルの名前を言ったところ、すぐ真後ろだった。Hotel Villa Laguna。

Villa Laguna @ Puerto Ayora, Galapagos

全体的に満足。エアコンまである。さて、奥さんのリクエストで再度ダーウィン研究所に行きたいということで、タクシーをつかまえて出発。街中はどこまででも1$なのが便利。実はこの選択が大正解で、雨がふり涼しくなったためかゾウガメが活発に行動していた。いやー、やっぱり大きいなぁ。

雨の中のガラパゴスゾウガメ

雨の中のガラパゴスゾウガメ

こちらはそれでも腕に頭をのせて熟睡中。

腕に頭をのせて熟睡

ゾウガメにも満足し、再度Puerto Ayoraの町へ今度は歩いて戻ることに。メインストリート沿いには、面白い店や不思議な落書き多数。

DSC_9789

いい感じの落書き

Puerto Ayoraの町

もちろん、町の中心の交差点にはガラパゴスゾウガメの像が鎮座している。

Puerto Ayoraの町

魚市場に来ると、丁度船から魚があがったところで、お客さんとともにアシカやペリカンが群がっていた。

魚市場にて

魚市場にて

魚市場にて

親アシカと子アシカ。

魚市場にて

木の上にはペリカン。

ペリカン

そのまま町を歩き、中心へ向かう。

Puerto Ayoraの町

町の中心は、港のすぐ近く。大きな広場があり、ここで皆がバレーボールに興じてる。でも、そこまで上手いわけではない。

町の中心、バレーボールコート

ガラパゴスの水道施設は残念ながらいまいち良くないので、水道水は飲めない。なので、スーパーで水などを買いホテルにいったん戻り、また今度は晩御飯を食べに出かける。

ホテルからの景色

ステンドグラスが動物の絵柄になっている教会を過ぎ、

Puerto Ayoraの教会

晩御飯も昼と同じLa Garrapataへ。久々のビールはエクアドルのもの。

La Garrapata

そして前菜は、バナナチップとチーズ。このコンビネーションがなかなかおいしい。

La Garrapata

メインは俺は再び魚のステーキ、そして奥さんはキヌアのピラフ。これもなかなかいい味。

La Garrapata

デザートのケーキも美味しく頂いた。

La Garrapata

ちなみに、昼もこのレストランにいたこの犬、やけになついてくれて、短時間だったけど店を去るときには名残惜しそうなそぶりも。気のせいかな。

この犬に気に入られた

そして、夜のPuerto Ayoraの町も散歩。

夜のPuertoAyora

夜の桟橋

昼間は暑く、しかもシエスタの習慣があるらしく、その分夜は遅くまでいろいろな店が営業している。広場でのバレーボールや子供のスケボーも深夜までやっていた。ガイドのマルコスも言っていたけど、島全体としてとても安全な雰囲気がある。

===============

Puerto Ayoraの町。


View Galapagos/Quito, Ecuador in a larger map

Galapagos Day1 << | >> Galapagos Day3 - Isla Seymour Norte -

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Galapagos Day2 - Estación Científica Charles Darwin -

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1991

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2012年3月26日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Galapagos Day1」です。

次のブログ記事は「Galapagos Day3 - Isla Seymour Norte -」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。